鹿児島1区 2003年 衆議院議員 小選挙区
2005年衆議院選挙当選者全員    鹿児島1区の2005年衆議院選挙結果     鹿児島1区の現在までの選挙結果
保岡 興治 やすおか、おきはる 鹿児島1区 重複立候補
保岡 興治 衆議院 小選挙区 鹿児島1区
1939年5月11日生 64歳(2003年11月20日現在)
当選時:自由民主党   前  当選回数 10回
最終学歴:中大
議員になる前:裁判官
大臣歴:法務大臣(平成12年)
個人ホームページ:http://www.yasuoka.org/
弁護士、党司法制度調査会長・国家戦略本部事務総長  法相
=公保推薦
世襲議員 父親は衆議院議員(保岡武久)
鹿児島1区(鹿児島市(本庁管内◇伊敷・所管内◇東桜島・所管内◇吉野出張所管内)◇鹿児島郡吉田町,桜島町,三島村,十島村)
      2003年選挙得票
1 保岡興治 自民党 当選 97,423
2 川内博史 民主党 比当 79,243
3 山口陽規 共産党 9,359
毎日新聞(2003年2月18日)によれば、『定期借家法』成立の為献金攻勢を行っていた「全国不動産政治連盟」などから、690万円の献金を受けていた。 保岡 は法案提案議員の一人。 「全国不動産政治連盟」と傘下の「東京不動産政治連盟」が、業界に有利とされる『定期借家法』の成立前後の98~00年に集中して関連議員に献金をしていた事を、2003年2月20日の衆院予算委員会で指摘された。 献金を受けたのは自民党「宅地建物等対策議員連盟」の所属議員を中心に78名以上に及ぶが、保岡 は法案の制定に関わった議員の一人である。
1 区 2 区 3 区 4 区 5 区
糾弾トップ 衆議院選挙マップ 糾弾の趣旨と提言 何でもデータ 前ページに戻る

糾弾掲示板にご意見をお書きください。