糾 弾 サ イ ト に つ い て
糾弾サイトに関して
 サイトの製作者であり、管理人はヨーロッパ在住で、すでに60才を超えた、暇を持て余しているおっさんです。 過去に、現職の政治家や官僚、マスコミ関係者、評論家等に会い、直接話す機会が度々ありましたが、その度に怒り心頭に達するくらい、彼らには問題意識が欠如していると感じました。 

 日本で生活をしている皆様は、あまり気付かないかと思われますが、ニュースなどを見ていますと、先進国では珍しいくらいの言論統制がなされているような気がします。 いや、同根のマスコミが自主的に報道しないのかも知れません。

 政治家や官僚、財界人が金に物を言わせ、名誉毀損、プライバシーの侵害等々で言論弾圧に近い損害賠償訴訟が多く、本来自由であるべき言論を著しく侵害してると感じます。 週刊誌でも訴えられる事が頻繁に起きています。

 一般庶民はそれに対抗する手段も、金銭的な裏付けもなく、異常に高額な弁護士費用も馬鹿にならないため、言いたい事も言えず、黙るしかないのが現状です。

 そのような事情をかんがみ、直接日本の官憲からの干渉を受けずに、自由闊達な意見交換の場を提供しようと思い、このサイトを立ちあげました。

 掲示板や投稿欄に、誹謗、中傷は困りますが、基本的に何でも言いたい事を書いていただいて結構です。 このサイトでは問題が起こった時には、その文章を削除することはあっても、投稿者の情報は決して明かしません。
糾弾サイトのデータ、文章について
 外国に住んでいますので、日本のように豊富な情報がなく、インターネット、週刊誌がほとんどの情報源となっています。 そのため、ネット上で公開されている多くのページから、当方から連絡もせず、承認も受けず、著作権を無視して、部分的にコピーして利用したページも多くあります。

 勝手な言い分ですが、当サイトの趣旨に合致している同胞の志、と言う事でおおめに見ていただき、お許しください。 実は、あまりにも多くのサイト情報をコピーして、数年温めていたために、何処のサイトの、どの部分を、何の目的で、ファイルしたのかまったく覚えていません。
糾弾では皆様からの投稿を受け付けています。
 掲示板以外に各欄での皆様からの投稿を受け付けています。 当サイトの趣旨に沿った内容でしたら、テーマは何でも構いませんが、投稿内容は具体的で、多くの皆様が共感し、興味を持つようなテーマが望ましいと思います。

 投稿方法はメールで受け付けます。 こちらのメールをご利用ください。 文章の長さに制限はありません。 投稿者自身に直接意見、賛同メールが届くようにすることも出来ます。

メールアドレスが無料のホットメール等の場合は、固有のメールアドレスが無い事情をご連絡ください。 内容によっては掲載できない場合もあります。

 内容確認後、掲載させて頂きます。 投稿文は趣旨を変えずに、行変え、ふりがな等を変更する事があります。 また、削除訂正が必要な場合は、投稿者に連絡後、変更する場合もあります。
本名や所在を公表しないわけ
 仕事の関係や友人からの紹介などで政治関係者や官僚、マスコミ等に知り合いが多く、現在でも友好な関係を続けています。 彼らと話す時は時の問題点や、その方策などは話しますが、単なる交友関係です。 礼儀上?余り突っ込んだ話はしません。

 色々な状況で知り合った知人、友人は大切にしたいと思っています。 彼らがしている仕事と友人関係は別だと考えてます。 一人一人は極まともで優秀な人々ですが、どうして時に反社会的なことをするのかが理解できません。

 このサイトには政治関係者や各官庁からのアクセスが多くあることは分っています。 本気で調べれば、居住地や内容から私を特定することは容易ですが、自分から公表する気にはなれません。 ばれたら白状はしますが、それまでは静かに書きたいことを書くつもりです。

安楽庵 拝 記 2006年元旦月
糾弾トップ メール掲示板 糾弾掲示板 落選議員アンケート 前ページに戻る