ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1163] 中華思想
日時: 2011/08/08 12:10
名前: 天橋立の愚痴人間

資本主義システムの覇者、アメリカが財政赤字の為に覇者として存亡の危機に陥る一方、中国が米ドルを大量に保有し、アメリカの覇権にNOを突きつけられるようになってきた。
アングロサクソン文明と中華文明の衝突が起きようとしている。
中国とは何であろうか、「中華思想」とは何であろうか、検証してみたい。


ウィキペディアによると「中華思想」とは下記のように説明されています。

中華思想(ちゅうかしそう、英語: Sinocentrism)とは、中国大陸を制した朝廷が世界の中心であり、その文化、思想が最も価値のあるものとし、朝廷に帰順しない異民族の独自文化の価値を認めず、「化外の民」として教化・征伐の対象とみなす、中国大陸に存在する伝統的な思考法。「華夷思想」「華夷秩序」などともいう。

元の時代モンゴル人が中国大陸を征服し、南宋の漢人を南蛮と呼んでいたり、清の皇帝がイギリスなどとの対等外交を拒否したりしていたように、中華思想は漢民族に限定したものではなく、東アジアの朝廷文化から生み出した一種の世界観である。

人間、国、物事の関係を水平ではなく上下関係で見るのが、中華文化の特徴である。その為、名前の前に敬称の「老」または蔑称の「小」を付けることが多く、反日デモにおいて度々用いられる「小日本」という呼称はその一例である[1]。

(引用終わり)

これは中華思想の衣だけであり、中国を理解することは出来ない。
中国という国は昔からその国内ですら統一して治世を行なえた時代は少ない。
秦、漢、隋、唐、宋、明、清と歴代の王朝はあっても、内情はとても統一国家のそれではなかった。
さらに周辺の国への侵略行為も時折されてきたが、全てその国を植民地化して支配することは出来なかった。

それでも彼らが示す驚くべき尊大さ、身勝手さ、狡猾さを劣等意識の裏返しと評する見方もあるようだ。
事実として、先の大戦後の蒋介石による我が国からの賠償放棄などは、その尊大さ故であろう。
中国にとって、日本はもともと対等の国ではなく、庇護下の小国に過ぎなかったのである。
これも中華思想の現われと認識しなければならない。

また「中華思想」と言っているが、それは冒頭の意味のことで、具体的な理念、精神には触れられてはいない。
アングロサクソン流は、その理念にキリスト教を伴っているが、中華思想には、浸透させるべき宗教も思想もないのである。
故に貢物さえ得られれば、また中国に服従の意思さえ示せば、それで侵略は終わったことになり実質的な支配はなかった。

これが「中華思想」の一側面である。
また、華僑、客家と言う言葉がある。

中国人は、家族、親族、同族的結束は強く、それ故に統一国家の概念に乏しい傾向がある。
中国共産党による国家建設がなければ、中国国民に公と言う概念は育たなかったであろうし、現在でもかなり希薄なものである事は、世界の特許権、著作権を重要視しない姿勢にも現れている。

こうしたことは、広大な国土と多民族を擁する中国が、結局、いづれの宗教とも縁が薄い営みを続けてきた結果、独特の国家観が生まれたのであろう。

ある意味で「中華思想」が中国国家のよりどころであるとも言える。

その「中華思想」をどのように捉えるべきか、今後、注目するところであろう。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 中華思想 ( No.4 )
日時: 2013/09/04 17:58
名前: 天橋立の愚痴人間

UP
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存