ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1257] 政治は貧乏人がやれ
日時: 2011/12/03 23:31
名前: グッキー ID:FzYg6wrI

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-aeb1.html
文明の勃興期には、社会の全員が国や民族のため利他行動をとっていたのに、ある程度繁栄してくると、自分の楽しみを追求した利己行動へとスイッチしていく。集団内では利己者の利益が高いので、徐々に利他者が減っていく。そして、文明が燗熟したときには、ほとんどすべてが利己者となり、革命か衰退により自己崩壊していくのである。

 このような繁栄から衰退への推移の仕方は、生物界における「適応放散(繁栄)と絶滅」とほぼ同じなのである。

公共事業に国民の税金を使っているので、事業の決定者(経済産業省や、首相、国会)には何の不利益もないからである。彼らの利益追求の考え方では、事業の続行がもっとも理にかなっているのである。

集団が大きくなると、世襲制を含めて統治システムがしばらくは自動的に継続するようになる。
そのため、取り巻きも含めた複数の権力者が個体(個人)の利益を優先しても、集団全体には、すぐには影響が出てこない。だから、権力者が利己的になっても、集団はながく維持されることになる。その集団が維持されている間(タイムラグの間)は、集団よりも個体の利益を優先させたほうが個体の適応度は上がる。もちろん、自分と自分の周りの者だけでも優雅に暮らしたほうがいいに決まっている。が、長期的な集団の存続ということから見れば権力者の一人勝ち」はマイナスであることは間違いない。

「自由」という錦の御旗の下に、ナッシュ解を求めていったら、絶滅しかあり得ないことは、約40億年の地球の生物たちの進化史が教えてくれているのである。今、「長期的な利益」のために、「短期的な利益」の追求を控え、協同行動をとるべき時なのだ。

 「強い者」は最後まで生き残れない。最後まで生き残ることができるのは、他人と共生・協力できる「共生する者」であることは「進化史」が私たちに教えてくれていることなのである。
ーーーーーーーー

困った命題です。
生物は繁栄すれば腐敗する。
政治家や官僚は巨大プロジェクトでも戦争でも、いったん始めてしまえば継続することが己の利益になる。
採算が合わないと分かっても、勝ち目が無いと分かっても、継続しなければ責任が問われ地位を失いかねない。
継続すれが国家の金を使うので、継続して利権が期待できる。
権力者集団は利己主義に陥る。

生物学的にそうなるのであれば、システムで改善しなければならない。
これは貧乏人しか立候補できないような選挙制度が必要ですね。
立候補に所得、資産制限を設ける。
議員報酬を出来るだけ安くする。
将来的に議員が富裕者に成らないか監視する(家族も含めて)

権力から富を得ることが出来ないシヅテムが必要です。
権力で富が得られなければ、政治家の地位に連綿とする動機がなくなります。
従って間違いたプロジェクトでも撤回しやすい。
大企業の献金に左右されることが無くなる。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 政治は貧乏人がやれ ( No.21 )
日時: 2012/01/24 19:00
名前: グッキー ID:dm1/1IvU

馬鹿者の戯言さん

>それと、公務員や、天下り官僚に渡す給与も需要を生むといわれますが、彼等は食うに困っていませんから貯蓄に回り比率が大きくなり、需要の喚起効果は薄くなります。

これは消費性向というものです。貧乏人は消費性向が高いが、富裕者は消費性向が低いのです。
13,2兆円、予算を振り替えても、全部が富裕者の所得から、貧乏人の所得に移転するわけでは有りません。
それで消費性向の上昇分が10%と仮定して計算しました。(NO19投稿)

>で、その方法論をもう少し具体的に伺いたいものです。

インフレは起こすのは簡単なのですが、デフレは起こすのが難しいのです。
デフレを起こすにはモノを余計に生産しなければ成りません。
又は消費需要を極度に抑えなければ成りません。貧困者が増加している現在、そんなことをすれば市民が反乱するでしょう。

インフレはマネーを増刷し国民に配ればいくらでも起こせます。
こんな簡単なことを分からずに、20年もデフレに苦しんできたのが日本です。
私から見れば呆れてものが言えないほどのことをしているのです。

マネーを増やすと言っても、消費ー生産−消費−生産と流れる実体経済のマネーを増やさなければインフレは起きません。

金融市場にいくらマネーを注ぎ込んでもまともなインフレは起きません。モノを買う実需が生まれないからです。
起きるインフレは投機による原油、農作物の値上がりや、土地、株の値上がりなど悪いインフレです。

この区別がつかず、マネーが足りないと金融市場にマネーを注ぎ込んできたのが、日銀の金融緩和、FRBのQE1,2(金融緩和)などです。
政府と中央銀行は知っててやっているのか知らないでやっているのか分かりませんが、こんな馬鹿げたことをやって来たのです。

ではどこにマネーを注ぎ込んだら良いか、サプライサイド(生産者)にマネーを注ぎ込んでも、需要が無いので生産も増やさず、雇用も生まれない、設備投資も増えません。金融市場に貯蓄するマネーとして流出させるだけです。

貧乏人にマネーを注入すれば確実に消費が増え、生産、雇用、設備投資が増えます(潜在供給能力が十分有る場合)
しかし所得、資産を特定、線引きするのが難しいので一律の定額給付金という方法にならざるを得ません。
政府はここでもスポンサーである企業、業界にはマネーを注ぎ込んでも、国民にマネーを注ぎ込むという発想はしません。
利権、既得権、圧力により動く政府だから、正しい政策を行えないのです。

>私は、所得格差を如何に圧縮・是正するかが焦眉の急であると常々考えておりますが、その方策の決め手が思い当たらないのです。

定額給付金を一律100万円配れば、資産1000万円の人は1100万円の資産となる。資産0の人は100万円の資産を持つことになります。
つまり1000万倍だった格差が、11倍に縮小することに成ります。
資産10億円の人とは10億100万円対100万円。10億倍から1000倍に改善します。
資産10億円の人と1000万円の人とでは、100倍だった格差が91倍に改善します。
資産10億円の人と100万円の人とでは1000倍だった格差が500倍に改善します。

それと労働者、中小零細企業が大企業に対して拮抗力をつけるという点で、適度のインフレが望ましいのです。
モノが足りなければ大企業は、中小零細事業者、労働者に対し無理なコストカットなど出来ません。
むしろ供給をお願いする立場、働いてもらうのをお願いする立場になりますから、大企業に対する拮抗力が出来、富の分配が公正に近づきます。

成熟した経済では、供給余力(失業者、設備、原材料)が許す限り、国民にマネーを注ぎ込むのが正しい経済政策なのです。
方法は定額給付金、一度2万円しているので簡単でしょう。2万円を100万円に増やすだけのことです。
財源は通貨発行益。

>なお、念の為、私ももう小澤に何の期待を希望もいだ居ておりません。彼はペテン師です。

ペテン師では有りませんが、彼は体制内改革しか頭の中に無いでしょう。
明治維新で言えば松平春獄とか山内容堂とか、過渡期の人物ではないでしょうか。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存