ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1281] 反原発の火を燃えあがらそう!
日時: 2012/01/27 15:27
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Gc3nzxC2


2月11日に予定されている、さよなら全国一斉、原発1000万人アクションに呼応して、こちら関西でも、反原発デモが計画されています。

2012年3月11日 さよなら原発関西1万人行動
場所 大阪・中之島公会堂及び周辺エリア

「ストップ・ザ・もんじゅ」主催のデモです。
http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/

昨年6月には、100を超える関係団体の参加を得て大阪御堂筋で盛大な反原発デモを挙行しました。

福島原発事故は、その後も深刻な被害の広がりを見せています。
それにも関わらず国は原発行政を改めるつもりはなく、現在は止むを得なく休止状態になっている全国の原発を再稼動するべく画策を講じています。

「許すまじ、原爆を」と言う歌があります。
福島原発事故も兵器と発電所の違いはあっても放射能による国土の破壊と言う面では同じことです。
もはや原発は、如何なる理由があっても許されない発電方法なのです。
安定したエネルギー確保と言う名分も、国家自身の安定を損なうような方法からは脱却しなければいけないことが解かりながら、今なお、利権の為に続けようとする一部の人間を糾弾し、正しい国の道を歩ませなければなりません。

一時、下火になったと思われていた反原発の炎を福島原発事故1周期を期に、再び燃え上がらせ、原発行政の根本を見直すまで徹底的にやり抜かねばなりません。
ここで追及の手を緩めると、狡猾な電力業界と霞ヶ関の官僚、それに何の役にも立たない政権政党の思うように誤魔化され、騙されてしまいます。
我々が、今、行動することによって、子や孫に美しい、安全な日本を伝えましょう。

2月11日の反原発、全国一斉行動のこぞって参加してくださることを願い、また3月11日の大阪での反原発デモに、出来るだけ多くの方、出来るだけ多くの組織が加わってくださるように御願いします。

団体、組織で御協力くださる方は、ストップ・ザ・もんじゅ へ連絡を取ってください。
http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/

〒573-0028 大阪府枚方市川原町1-5
Tel:072-843-1904  050-3552-3651
Fax:072-843-6807
stopthemonju@sannet.ne.jp

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 反原発の火を燃えあがらそう! ( No.113 )
日時: 2016/02/14 07:16
名前: 北の国から ID:KdtsVofc

 北海道の積丹半島の西の付け根に「北海道電力」が建設した泊原発。
いまは稼働していませんが、北電は「再稼働させないと電気料金は上がる」と、
実際に「休止」してから2度も大幅な電気料金の値上げをしてきました。

 建設計画当初の、この泊村は、漁業も農業も惨憺たる縮小のなかで、住民た
ちは「仕事がない。どうしようもない」というなかで、国と電気産業による札
束攻勢によって、最後まで建設反対しつづけた漁協も、ついに賛成にまわって
しまったそうです。

 原発に反対する知識人のなかには「原発を阻止し、再稼働させないために、
私たちは、地域の産業の復興、雇用の問題も真剣にとりくむ必要がある」と、
主張しています。

 確かに住民は、貧しい農業政策、漁業政策の被害者であり「原発マネー」に
翻弄されたことに「やむを得ない事情があった」などと「同情的にみる」論調
もなくはないのです。

しかし、そんなうすっぺらな同情で解釈しているほど軽い問題ではないのです。

 ボクは、原発推進に賛同した自治体は、放射性廃棄物の処理まで、その自治
体でおこなうというルールをきっぱりとつくるべきだと考えてています。
酷なようですが、これが一番筋が通っていると思います。
 つまり、自分たちで賛成して、いい想いしたのだから、原発と最後まで心中
しなさい!ということです。

 産業の衰退や、雇用の困難などは、原発の建設地域だけに発生した問題では
なく「原発受け入れによって一時的に経済的に潤って」、「生きるために背に
腹はかえられない」などと(もちろんそれは深刻な現実だったのでしょうが)
言っているだけでは、実は住民自身がまともに誇りをもって生きることすらで
きなくなるのでしょう。
 「産業をどうするのか」「雇用をどうやったら増やせるのか」「人間として
誇りをもって生きるとはどういうことなのか」など、やはり住民自身がいろん
な意見も取り入れながら考えぬいていかなければならないことだったのではな
いでしょうか。
 そうでなければ、住民の(日本全体の)暮らしや、連帯や、誇りなどは生ま
れてくるはずはありません。
苦しくても住民自身の模索と努力で新しい可能性を見出そうとしている漁村は
決して少なくないのであって、「原発建設容認甘え」など容認できません。

 「再稼働」についてもそうですが、だから「容認した自治体が廃棄物処理ま
でそこの土地でやる覚悟で容認賛成を語る」べきなのです。

 さらにもうひとつ。この泊村の村長選挙に「原発反対」の団体も政党も、村
長候補をたてたことはありません。
 これもたいへん不思議で、納得のいかないことです。

 日本の地域のガバナビリテイーとは、こういうことではないでしょうか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存