ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1281] 反原発の火を燃えあがらそう!
日時: 2012/01/27 15:27
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Gc3nzxC2


2月11日に予定されている、さよなら全国一斉、原発1000万人アクションに呼応して、こちら関西でも、反原発デモが計画されています。

2012年3月11日 さよなら原発関西1万人行動
場所 大阪・中之島公会堂及び周辺エリア

「ストップ・ザ・もんじゅ」主催のデモです。
http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/

昨年6月には、100を超える関係団体の参加を得て大阪御堂筋で盛大な反原発デモを挙行しました。

福島原発事故は、その後も深刻な被害の広がりを見せています。
それにも関わらず国は原発行政を改めるつもりはなく、現在は止むを得なく休止状態になっている全国の原発を再稼動するべく画策を講じています。

「許すまじ、原爆を」と言う歌があります。
福島原発事故も兵器と発電所の違いはあっても放射能による国土の破壊と言う面では同じことです。
もはや原発は、如何なる理由があっても許されない発電方法なのです。
安定したエネルギー確保と言う名分も、国家自身の安定を損なうような方法からは脱却しなければいけないことが解かりながら、今なお、利権の為に続けようとする一部の人間を糾弾し、正しい国の道を歩ませなければなりません。

一時、下火になったと思われていた反原発の炎を福島原発事故1周期を期に、再び燃え上がらせ、原発行政の根本を見直すまで徹底的にやり抜かねばなりません。
ここで追及の手を緩めると、狡猾な電力業界と霞ヶ関の官僚、それに何の役にも立たない政権政党の思うように誤魔化され、騙されてしまいます。
我々が、今、行動することによって、子や孫に美しい、安全な日本を伝えましょう。

2月11日の反原発、全国一斉行動のこぞって参加してくださることを願い、また3月11日の大阪での反原発デモに、出来るだけ多くの方、出来るだけ多くの組織が加わってくださるように御願いします。

団体、組織で御協力くださる方は、ストップ・ザ・もんじゅ へ連絡を取ってください。
http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/

〒573-0028 大阪府枚方市川原町1-5
Tel:072-843-1904  050-3552-3651
Fax:072-843-6807
stopthemonju@sannet.ne.jp

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

福島の現状 ( No.118 )
日時: 2017/01/29 01:06
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:QjZcJ.3.

久しぶりです

馬鹿安倍政権と、愚劣な野党共の政治の話はうんざりで、何も言いたくありません。
それとは別に福島原発事故の現場はどのようになっているのでしょうか。

予想通りと言えば、そうなのですが、これが酷い。

事故直後から始められた汚染水をためるタンクは、今や1000基を超え、汚染水の総量は78万m3とか。
あたり一面タンクが林立しているらしい。

また汚染された土壌の回収は、現在1.0m3入りの袋で2200万袋。
これをどうするかの問題があり、何か所に集めて保管するらしいが、まだ決着はついていない様子。
霞が関の馬鹿共は汚染土壌の再利用の可能性を探っているとか。
論理的にできても、それにかかる費用はどれほどのもの。
また土壌処理ができたと言っても誰がそんなものを使う。

汚染した地下水が海に出ないように地下に凍土の壁を造るという工事も進んでいるらしい。
ただし、それでも水が漏れる箇所があり、その対策に悩んでいるらしい。
これもまだ、完全には敷地を取り囲むまでには行ってない様子。
敷地を凍土の壁で囲っても、さらに深い地層から湧いてくる地下水は止まらない。
地下ではまだ放射能を出し続けるデブリという物体があるらしい、結局は、永久に地下の汚染水をくみ上げ続けなければならない。
5年で1000基、20年では20000基のタンクが必要となる。
20年も経てば初めのころのタンクは痛みのために取り替えねばならない。
要するにタンクつくりも永久に続けねばならない。

先にデブリという言葉を使いましたが、メルトダウンした核燃料は、地下水と混ざると再爆発の危険もあるらしい。
こんなデブリのような物質を取り出した経験はないらしい。チェルノブイリでは結局コンクリートで遮蔽したが、その後の事は解らない。

福島の場合は解らないでは済まされない。何せ海に近く海洋汚染が心配される。

折も折、今年になってから次のニュースが出てきた

福島第一原発の事故で放出された放射性物質は、依然として首都圏に滞留しているのだろうか。
ということで、
本誌は2016年秋、新中川の下流域で全長70pほどのコイを捕獲して調査した。
結果、新中川のコイから、50Bq/kgのセシウムが検出された。

食品のセシウムの基準値は100Bq/kgだが、乳児用食品などは50Bq/kgとなっている。また、茨城県のように50Bq/kgを超えた魚介類は出荷を自粛する自治体もあるなかで、首都圏の魚からこの数値が検出されたことに取材班は驚きを隠せなかった。
鯉は淡水魚であるから、福島沖から泳いできたとは思えない。東京周辺の空気が汚染されているということになる。

まあ、このような状態で、何にも解決していないのである。
なにせ廃炉には40年もかかるという。
2020年に東京オリンピックと騒いでいるが、あと4年も経てば東京周辺が無事でいられるか、福島の現状が改善されているか、そんなものは定かでない。

福島の原発事故の処理が、目途さえついていないのに、原発再稼働を決めた安倍自民党など、そのことのみで政党と認められない。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存