ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1281] 反原発の火を燃えあがらそう!
日時: 2012/01/27 15:27
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Gc3nzxC2


2月11日に予定されている、さよなら全国一斉、原発1000万人アクションに呼応して、こちら関西でも、反原発デモが計画されています。

2012年3月11日 さよなら原発関西1万人行動
場所 大阪・中之島公会堂及び周辺エリア

「ストップ・ザ・もんじゅ」主催のデモです。
http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/

昨年6月には、100を超える関係団体の参加を得て大阪御堂筋で盛大な反原発デモを挙行しました。

福島原発事故は、その後も深刻な被害の広がりを見せています。
それにも関わらず国は原発行政を改めるつもりはなく、現在は止むを得なく休止状態になっている全国の原発を再稼動するべく画策を講じています。

「許すまじ、原爆を」と言う歌があります。
福島原発事故も兵器と発電所の違いはあっても放射能による国土の破壊と言う面では同じことです。
もはや原発は、如何なる理由があっても許されない発電方法なのです。
安定したエネルギー確保と言う名分も、国家自身の安定を損なうような方法からは脱却しなければいけないことが解かりながら、今なお、利権の為に続けようとする一部の人間を糾弾し、正しい国の道を歩ませなければなりません。

一時、下火になったと思われていた反原発の炎を福島原発事故1周期を期に、再び燃え上がらせ、原発行政の根本を見直すまで徹底的にやり抜かねばなりません。
ここで追及の手を緩めると、狡猾な電力業界と霞ヶ関の官僚、それに何の役にも立たない政権政党の思うように誤魔化され、騙されてしまいます。
我々が、今、行動することによって、子や孫に美しい、安全な日本を伝えましょう。

2月11日の反原発、全国一斉行動のこぞって参加してくださることを願い、また3月11日の大阪での反原発デモに、出来るだけ多くの方、出来るだけ多くの組織が加わってくださるように御願いします。

団体、組織で御協力くださる方は、ストップ・ザ・もんじゅ へ連絡を取ってください。
http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/

〒573-0028 大阪府枚方市川原町1-5
Tel:072-843-1904  050-3552-3651
Fax:072-843-6807
stopthemonju@sannet.ne.jp

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

反原発のまとめ 1 ( No.124 )
日時: 2017/06/07 12:20
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:dB2xrz0g

福島原発事故を振り返ってみましょう。
最初に福島原発が事故を起こした理由に、地震によって電力の供給がとまり、それに」対応するように設置されていた自家発電装置も故障していて冷却水を送るポンプが作動せず原子炉が過熱しメルトダウンに至ったと言う報道が流されました。
その後、自家発電装置が動かなかった理由に津波によって自家発電装置(建物の中)へ燃料を供給するポンプ、燃料タンクなどが壊されたと言っていました。
確かに津波の影響でそれらは破損していました。

実際は津波が来る前に原子炉の廻りの配管類が破損し水蒸気が上がっていたと言う証言があります。
(昨日の報道ステーションで古舘が紹介した文書があります。)

福島原発事故の被害は津波が来る前に発生していたと言う、作業員の体験談を紹介したのです。

それによりますと地震が発生した直後、津波が来るまでに(30分近くあったはずです)、原発建屋内は異常な水蒸気が充満していたという事です。
何かの蒸気管の破損に違いないが、冷暖房用の配管の破損にしては量が多すぎるという事です。
結論は原子炉に接続している蒸気管が破損したと考える以外にないとの事で、それならば、とても建屋内での作業は出来ないと大騒ぎとなったそうです。
作業員は建屋の外(風除室)にいてドアのガラス越しに見ていたそうです。

これとは別に、事故直後のテレビのニュースで、現場作業員が、4基のうち3基の上1/3は崩壊した原発建屋の外壁にクラックが入っているのを確認したという話をしていたと言っています。
直接的には水蒸気爆発で壊れたと言われている建屋の損壊常態も、本当の爆発の当には破戒辺が飛び散っておらず、真下に近いところへ落ちています。
これも、爆発が起きたときには外壁の強度がすでにかなり落ちていた証拠と思います。

であるならば原発事故の直接の原因は津波ではなく地震の揺れであったことは明白です。
上記の報道は、これ一回、その後は報道されませんでした。
肝心要の事が出てはならないので報道管制が敷かれたのでしょう。

結果、原発事故の一番の原因は津波とされ現在に至っています。
再稼働の条件として津波対策が出来たなどと、誤魔化し続けております。
原発が如何に地震に弱いかと言いますと。
考えてください。
原子炉本体は分厚い鉄の塊で、転がしても潰れることはありません。
怖いのは、原子炉につながる配管類の破損です。
今まで起きた原発事故のほとんど(全部)はこの配管類の破損でした。
地震が起きた時の原子炉とその周りに無数に設置されている配管類がどのように揺れるかを考えてください。
配管類の総延長は大変長く大きさもまちまちです。
それらは、主に床面に設置された支持の金物に取り付けられています。
地震の時、原子炉本体と配管類が全く同じ様に揺れると思いますか。
当然、揺れ方は異なるのです。
もちろん、設計時にはそれを想定して、アチコチにエキスパンションと言う緩衝部材を入れます。
それが完全かと言えば、エキスパンションの部材は柔軟でなくてはならないので、耐久性
また、原発の耐震強度が450ガルに対応していると言っても、それは建屋について言っているだけで配管類を含めた耐震強度ではありません。
配管類の事故は地震が来なくてもしょっちゅう起きています。
地震で、その配管類に損壊が起きるのは明白な事ですが、なぜかこの問題に誰も触れません。
それを隠して安全対策が出来たので再稼働をしますと言うのは真っ赤なウソなのです。

また一時、原発のストレステストと言う言葉が流行りました。
政府は全国の原発施設に「ストレステスト(耐性試験)」を課すことを決めた。

ストレステストとは安全基準に上積みされた余裕分がどれだけあるかを評価するもの。基準を超えた自然災害や重大事故にどれだけ耐えられるかを判断するものである。

原発のストレステストについて説明すると

@天災
 地震、洪水、極端な低温、極端な高温、雪、氷、嵐、竜巻、豪雨、その他
A人の起こす危険(失敗、行為)
 飛行機墜落、原発近辺での爆発(ガスコンテナー、近くでのタンカー爆発)、火災
 テロ攻撃(飛行機での突っ込み、爆弾)
地震に関しては、操業前に、過去の地震を参考にし、その地域で予想される地震に耐えられるかどうかについてはチェックを受けている。しかし、福島の例で、過去にその地で起こったよりも強い地震がありうることが分かった。
このため、Richter scale 6に耐えうるとして設計された原発は、それ以上の地震にも耐えられるかどうか、即ち、すべての安全機能が稼働するか、安全に停止できるか、電力の供給は十分か、放射性物質が放出されずに閉じ込められるかどうかをチェックする。
洪水や、他の天災についても同様。
電源に関しては、どんな事態でも、電源がカットされた場合に十分なバックアップ電源を持つこととしている。数日間電源がカットされても大丈夫か、最初のバックアップのバッテリーが動かない場合にどうするかなどにも答える必要がある。
飛行機墜落(災害、テロとも)については、原発の格納容器が厳しいダメージを受けるかどうかをチェックする。
そのため、材質、壁の厚さ、接近する飛行機の重量、スピードなどを検討する。
ドイツは最近の専門家による安全検査の結果、南部にあるビブリス原発など4基が、飛行機の墜落に構造的に耐えられないと判定されている。
爆発、火災についても同様。
このほか、テロ攻撃に対する予防措置が検討されるが、これは各国のセキュリティに関するもので、公表できないという理由で(ストレステストは全て公表される)、「専門家委員会」を別途設置して調査する。

と言う事です。
飛行機の墜落とかテロ以外に、配管類の破損を防ぐ検討などないでしょう。
飛行機の墜落、テロ対策などは、もともと出来ません。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存