ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1332] 偽証に基づく北詰淳司の逆転無罪事件
日時: 2019/08/21 09:56
名前: 遂犯無罪 ID:9JWiMjbE
参照: http://suihanmuzai.com/

裁判被害者は、往々にして自分の傷しか見えない、事件は個々でも偽装裁判には共通した偽装手口が存在する、この構造腐敗を検証・追及する運動が求められるが、被告はこの連帯する裁判被害者を憎悪・敵対、誰彼構わず刑事告訴すると脅しを掛ける。
  
被告の異常な顕示欲・自己愛は他者の存在を認めない、この狂犬を打倒して裁判沙汰とは決別したい、またネット社会からも遠ざかりたい。
投獄から16年が過ぎて、やっと光明が見えてきた、最後の公益表現に鬼畜・被告を蘇生不能までに叩き潰して、幕を下ろせ、道化は終わった・・としたいもの。
http://suihanmuzai.com/120315.jpg.html


刑事一審で確定した殆どの前科者は自分の判決書を見ていない、大半の刑事事件は自白事件であり、被告人の関心は執行猶予が付くか、刑期はどの位か、面倒な訴訟手続よりも手打ちで終えて一日も早く娑婆に戻りたい。

検察は証拠カードという中身の無い証拠の標目を証拠提出する、弁護人はこの標目を有罪証拠とすることに同意する、裁判所はこの偽装証拠調べを公判調書にする、被告人を法廷のお飾りにして即日結審する。

判決書の証拠の標目と、弁護人の証拠調請求書を対照すれば、この偽装裁判の手口が判る、12年前に某反権力組織にこの偽装裁判の手口を通報した、この組織が北詰の事件支援した?
被害女性への暴行は成立しているが、捏造公判調書・判決原本の不存在などから逆転無罪となった、従ってこの被害女性の消息は不明であり、当方の事件同様に国策拉致されている。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

原田國男訴訟で北詰の刑事判決書の変造を指摘 ( No.35 )
日時: 2018/01/23 12:38
名前: 遂犯無罪 ID:naXPbTUw

原田國男訴訟の原告証拠、第4・5号証に、裁判官は何らかの奇異を示している、起訴されて最初の勾留期限が切れる前日に、
留置係から追起訴されたと書面を渡された、やはり事件番号が二つとは時効完成の事犯に気が付いた検察は、追起訴して弁論の併合をした。
民事提訴相談の際に、赤沼弁護士にこの不審を述べたところ、先生は「名誉棄損で追起訴は有り得ない」と言った。


原田國男訴訟で北詰の刑事判決書の変造を指摘
http://suihanmuzai.com/index6/180123.jpg.html
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存