ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1708] 憲法改正について(アメリカとドイツの憲法との比較)
日時: 2013/03/08 18:20:28
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:1362734428

<憲法改正>96条論議が活発化 参院選後にらみ各党思惑
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130307-00000108-mai-pol

安倍晋三首相が掲げる憲法96条改正による改憲発議要件の緩和に向け、与野党の動きが活発化している。首相が会長を務める超党派の議員連盟「創生『日本』」が96条改正を視野に活動を再開し、民主、日本維新の会、みんなの3党有志も7日、勉強会の設立を決めた。改憲発議に必要な衆参両院の3分の2以上を確保する土台作りのほか、賛否両派が混在する民主党を分断する狙いもちらつく。参院選後の枠組みもにらみ、各党の思惑が入り乱れている。

(引用終わり)

馬鹿、クソ、邪宗信者、愚劣首相、安倍が憲法96条の改正を言い出した。
9条改正が目的であろうが、此処は今一度、我が国の憲法と言うものを俯瞰していただきたい。

日本国憲法全文は、次のサイトを見てください。
ttp://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html

これに対して、次に、アメリカ合衆国憲法とドイツ共和国憲法を紹介しますので、日本国憲法との違い、善し悪しを判断してください。

憲法改正論者には、アメリカが作ったから改正が必要と言うものがいますが、何処の誰が作ろうと立派なものは立派なものです。
悪く改正する必要ないと思います。

9条の文言については、慎重に検証することも必要でしょうが、アメリカが作った、云々は関係ありません。
我が国、国民としての判断が必要でしょう。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 憲法改正について(アメリカとドイツの憲法との比較) ( No.56 )
日時: 2019/08/19 16:13
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:dB1C6d52

自分の頭では何も考えない日本人を嘆く者 さん

貴方ね、陰謀論として紹介するところまでは良いとしましょう。
それに対して別の事実を述べた文章に対して、あくまでも陰謀論を繰り返しても意味が無いでしょう。

制定過程の文章でも言っているように、当時GHQから出された憲法案は、結果としての膨大な文章ではなく、日本側が纏めた天皇制に関するものなど数項目について大方針を述べたもの。

しかも、実際は下記の通り、GHQでは、其れから4ヶ月以上前から、日本国憲法の有り様について研究がなされたいた。
日本国拳法の成立過程のイチャモンをつけたい輩が、発表された時系列のみから言っているところ。

第一、彼等は、成立過程の齟齬ばかりを探し、肝心の日本国憲法の内容には少しも言及していない。
何の為の議論か、この様な内容検討する価値もない。

>つまり、マッカーサーがGHQの民生局に対して憲法草案の起草を命じたのは1946年(昭和21年)の2月3日ですが、マッカーサーとGHQ民生局は、それより前の1946年(昭和21年)1月11日の時点で、アメリカ政府が1945年(昭和20年)当時から研究を重ねて編纂した「日本統治制度の改革(SWNCC-228)」の送付を受けることにより、日本の明治憲法(大日本帝国憲法)に具体的にどのような問題があり、また具体的にどのように改正しあるいは新憲法を制定する必要があるのか、といった点について具体的かつ網羅的に把握していたということになるわけです。

また、更に言えば、すでに1945年(昭和20年)10月8日の時点において、日本の憲法改正に関する指針と具体的内容のある程度の部分がアメリカ政府の内部で研究成果としてまとめられていたわけですから、遅くとも1945年(昭和20年)10月8日までにアメリカ政府における日本の新憲法(現行憲法)に関する研究はある程度の段階まで終えられていたということができるでしょう。

このように、GHQの民生局がマッカーサーから憲法草案の起草を命じられたのが1946年(昭和21年)2月3日で、その憲法草案が日本政府(松本委員会)に提示されたのが2月13日であり、その期間が1週間あまりしかなかったとしても、そのわずか1週間から10日の間でGHQが全くの白紙状態から憲法草案を作成したわけではなく、遅くともその4か月前の時点(昭和20年10月8日)ではすでにアメリカ政府における憲法改正の骨子は研究がある程度の段階まで終えられていたわけですから、GHQが作成した憲法草案は、短く見積もっても(アメリカ政府が「日本統治制度の改革」を1日で研究し終えていたとしても)4か月以上はその作成に期間を費やしているということになるのです。


>これを誰が作ったと考えるかはその人の考え次第だが、少なくとも日本の総理大臣や国会議員はまったく関与していない

※ 無茶苦茶を言うべきではない。


【昭和21年8月24日衆議院採決(帝国憲法改正案修正可決)の内訳】

•賛成
日本自由党(131名)
日本進歩党(99名)
日本社会党(89名)
協同民主党(40名)
新政会(36名)
無所属倶楽部(24名)
無所属(2名)

•反対
新政会(1名)
無所属倶楽部(1名)
日本共産党(6名)

※ 私が書いていることの証拠が欲しければ、国会図書館へでも行資料を調べられることだ。
私はそんな暇も金もないから御免蒙る。

陰謀論は陰謀論のままで見ていれば面白いが、議論に持ち出すとは、如何に!

糾弾掲示板では陰謀論を主体に議論はしない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存