ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1711] 経済の話し
日時: 2013/03/12 23:22:25
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:1363098145

最近、阿修羅掲示板に良く投稿される「あっしら」のサイトへ行ってみました。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/index-as.htm

HNは「あっしら」と名乗られているが経歴は解りませんが、資本主義経済のシステムが持っている色々な矛盾を説く解す能力豊かな、経済に強い確かな方と見受けしました。
その一部を転載します。



「供給=需要」の向こう側 <想像力から創造力へ> S子
         
「利潤なき経済社会」を興味深く、また、意義深く読ませていただ
いております。資本主義経済において、結局、私たちが見誤ったも
のは、マネーにおける「目的」と「手段」をはき違えたことにある
のは間違いないだろう。経済活動における潤滑油とはマネーであり
、そのマネーが滞ることなく流通し、循環してこそ経済の活性化を
見ることができ、個々人としての生きる活動も活発化してくる。

それはまるで私たちのからだを流れる血液のようなもので、血液が
さらさらの状態であれば私たちは健康で日々を無事に過ごすことが
できる。が、血液がどろどろ状態になり、この流れが悪くなり脳で
詰まれば脳梗塞が起き、その部分の脳組織が壊死してしまい、私た
ちは失語症になったり、半身不随になったりする。

資本主義も当初はマネーがモノを交換するための「手段」として流
通していたが、資本主義が成熟してゆくにつれて、いつの間にか「目
的」と化した。マネーの目的化はつまるところ全てを目的化させてし
まい、私たちにあらゆるものの「本質」を見る目を喪失させた。
これは事実である。

そして、それが「供給=需要」という経済活動を必然的に生じさせ
、モノに溢れた社会が誕生した。「供給=需要」という経済活動は
よくよく考えてみれば、「与えられた人生」を送ることになり、
そこには自主性や主体性はなくても私たちは「与えられたモノ」を
購入し、そこそこ無難な人生を送ることができる。

私たちが無難だと錯覚し、安心してしまうのは、周囲が皆「与えら
れたモノ」である「同じモノ」を持っているからである。つまり私
たちは「与えられた、同じモノ」を持つことによって人生の安定や
幸福の尺度をはかっていた可能性がある。「供給=需要」という経
済活動では、人間の欲求すらも本質から遠ざけてしまうということ
である。

本当に自分が欲しいモノだったのか、他人が持っているから欲しい
のか、テレビコマーシャルで見たから欲しくなったのか、売り込み
にきたから購入したのか、ないと困るほどではないがあって困るほ
どでもないので購入したのか等、心から欲しているものではなく、
供給されたから需要したという構図が自然と生まれる。それを自分
の欲求があったから買ったと、私たちは錯覚しているにすぎない。

こうして私たちは「与えられた人生」を無難に安定して生きること
で、「危機感」を抱くことなく日々を過ごし、人生を終える。人間の
三大欲求であり生きる基本の「食・性・寝」も既にこの「供給=需
要」という経済活動に組み込まれ、マネーの目的化とともに人間と
しての本能を私たちは喪失しかけている。現代人はこの自覚すらも
ないという悲しい状況におかれているのである。

しかし、マネーの目的化による「供給=需要」という経済活動では
経済成長が持続できないどころか、経済の空洞化を生み失業者を増
加させ、個人としての生きる活動が阻害されてしまう。そのことに
気づいたのが、今回の欧州連合憲法批准拒否の仏国民である。拡大
EUの存続に待ったをかけた格好となったが、「危機感」を抱いた彼
らの人間的本能はまだ廃れていないどころか、十分に健在である。


(中略)

ひるがえって日本を見れば、「供給=需要」人生が非常に行き届い
ており、大人も子供も主体性をなくし、自信喪失し、想像力にも欠
け生きる気力も無い状態に置かれている。だから米国の言いなりに
しか生きることができないのである。「供給=需要」という「与え
られた人生」を送ることは確かに楽ではある。が、そこには「自分
」というものがない。この人生を生きる「自分」がないのである。

だから真の喜びや真の悲しみを味わうことはまずないだろうし、
そこそこ無難で安定した人生を送ることで「危機感」を覚えること
もまずないだろう。実はそれこそが問題なのである。「危機感」を抱
くこともなければ、正直な話がまともに「自分」とは向き合えない。
「自分」という人間のこともわからずして終える自分の人生って一
体何??ということになる。

マネーが目的化されることで「供給=需要」という経済活動が必然
的に生じ、「与えられた人生」を送ることで私たちは主体性を失い
、自信を失い、生きる源泉ともいえる想像力までも失った。また、
そういう場所さえも失った。想像力を失えばこの世で実現する創造
物さえもなくなるのである。つまり来るべき未来が描けない。

「利潤なき経済社会」ではマネーを手段に転落させることで、資本主
義の論理が大きく揺らぐだけではなく、世界の構造が大きく転換し
てしまう。これまで築き上げてきたもろもろが崩壊に直面している
と言っても過言ではない。それは日本が明治維新以降追求してきた
西洋文明であるかもしれないし、合理化の名のもとに推進されてき
た科学万能主義であるかもしれないし、それを基点とした物質文明
であるかもしれない。

「供給=需要」人生で「危機感」を抱くこともなくなった私たちが
、価値観の転換をはかることは容易にできそうもないのは明白だ。
しかし、マネーの目的化による「供給=需要」経済活動では世界は
やがて行き詰まる。価値観の転換は時間も要するだろうが、案外石
油の枯渇がその契機になりはしないかと、私は密かに思っている。
その「危機感」が「自分」と真剣に向きあうことになり、それが男
女双方への理解へと向かわせる。そこから男女双方の想像力が生ま
れ、それが創造力へとつながり実現化し、新しい未来が描けるとい
うものである。

(引用終わり)
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 経済の話し ( No.2 )
日時: 2013/03/12 23:33:07
名前: 天橋立の愚痴人間

「利潤なき経済社会」は政策で好ましい経済条件を実現できるもの
であり、旧態依然とした経済価値観にしがみつくことで継続してい
る現在の「デフレ不況」は、「利潤なき経済社会」とは比べること
ができないほど酷い経済状況である。


>貴殿は新たな経済社会になった後も、官僚統制(visible hand)は
>必要ないとされる。
>即ち、invisible handだけで経済運営は可能と考えておられる。
>これはとても楽観的な見方だと感じました。
>貴殿の問題提起される、「余剰通貨」が実体経済に還流して行か
>ずそれが故にデフレ問題を起しているという指摘は大変重要です。

>この問題を全面的に官僚統制で乗り越えようとすると計画経済に
>なります。そしてそれがうまく行かない事は歴史的に証明されて
>います。私の考えでは、見える手と見えざる手の双方を相互補完
>的に機能させることが重要だと見ています。従って、政府の仕事
>としては、見えざる手が十分に機能するための環境整備(供給側の
>再構築の後押しや諸規制や法制面の見直し)、見える手の刷新(効
率性を重視した公共部門の改革と新たな公共サービス・プログラム
>の提供)を併せて打ち出すことが重要と考えます。


「マクロとして利潤が得られないという経済条件のなかで、経済主
体の経済的活動=財の生産と交換を活発に行いながら国民生活の充
実を図っていけるようにするかが、私のグランド・デザインのテー
マです。そして、そのような経済条件でも、官僚統制に依存するの
ではなく、市場=交換と競争を通じてそれらを実現する方法を構築
すべきだと考えています」という主張へのレスだが、近代経済論理
で利害対立的に動く経済主体を調整できるのは政府(=官僚)だけ
だと考えているので、「匿名希望」氏の考えと基本的に同じである。
(「官僚依存病」からの脱却を望んでいるだけである)


>別のところで貴殿と続けている減税是非論争もここにまとめてレ
>スします。2兆円の法人税減税(個人の可処分所得を増大させる目
>的に限定)が10兆円の消費増にどう結びつくのか、という根本的な
>疑問はさておき、概括的批判のみを提示します。90年代半>ばの
>所得税減税の結果明らかになったことは、それが恒久的な措置で
>ない限り(即ち、後から穴埋めの増税を行う事が予定されている時
>)、全く有効ではないということでした。そして、税率は下げても
>税収は景気が良くなれば増えるから問題ない、などと根拠のない
>無責任な財政運営などできないことは明らかです(ゆえに、恒久化
>措置などおいそれと出せません)。ラッファーの進言に基づいてこ
>れを行い失敗したのが初期のレーガン政権でした。

増加させた人件費の半分を所得から控除するという“詐欺”的な法
人税減税に優良企業が乗るのかというのが評価を巡る最大の対立点
だと思っている。
(「匿名希望」氏は、企業は“詐欺”には乗らないという観点から
、「根本的な疑問」を持たれていると推測する)

2兆円の減税は10兆円の人件費増加で行われるものであり(10
兆円/2*40%=2兆円)、それに「低中所得者減税」3兆円を
プラスした13兆円のうち77%が消費に回るという想定で10兆
円の消費増を提示したものである。
そして、給与増加や可処分所得による消費増が、所得税・消費税・
法人税の増収をもたらすが故に、恒久化も可能な減税策だと考えて
いる。(“詐欺”的法人税減税は経済論理の理解が得られたら廃止
しても構わない減税である)
所得税や消費税は理論値的な増収になるが、法人税は、損益分岐点
あたりで経営している企業が多いので、10兆円の消費増で大幅な
増収になる可能性がある。

逆に言うと、この政策で減税分2兆円を上回る税増収が得られなけ
れば、日本経済は再生力を失っていることになる。

前述した、「“国内で資本化しない”利潤を保有している個別経済
主体は、政府に吸い上げられるか、自ら給与を上げるかしなければ
、デフレスパイラルのなかで自らの経営基盤も劣化させていくこと
になる」ということを政府が税制で問いかけることが主たる目的で
、2兆円という“おまけ”まで付けようという“慈悲深い”政策で
ある。

利益を上げているフロー優良企業からしか持続的に税収は上げられ
ないのである。そうでない増税策は、「デフレ不況」をより悪化さ
せるものであり、増税にも関わらず税収を減少させる政策である。
(これも、「匿名希望」氏とのやり取りで最初から訴えかけている
論理で、98年から本格化した「デフレ不況」と税収減少の要因が
、97年に決定した税制変更(消費税率アップと低所得者負担増)
にあることをデータとしても明示している)


>戦後の復興期と成長期を経た日本経済は成熟を迎え、転換期にさ
>しかかりました。バブルの生成と崩壊はこの問題をさらに深刻化
>、先鋭化させました。あらゆる政策にも関わらず日本経済を建て
>直す事はできず、ケインズは死に、マネタリズムは有効性を失い
>、減税も持続的な刺激となりえないことが明らかになりました。

ケインズ主義やマネタリズムの“死”には同意するが、高所得者減
税が刺激となり得ないのは、レーガノミックス的サプライサイド政
策の“死”を意味するとしても、低中所得者減税の有効性が死んだ
わけではない。
89年の消費税導入と98年の消費税率アップにより、標準家庭年
収800万円以下の家計は、同一年収額でも可処分所得を減少させ
ている。


>この上は過ちを繰り返して国家財政をさらに悪化させる方向では
>なく、国家一丸となって再び活力のある仕組み作りに邁進すべき
>です。産業基盤がまだ磐石なうちに改革方向へ向かって漕ぎ出せ
>ば、万一デフレ・スパイラルが進行した場合でも徳政令的な手(政
>府紙幣など)が打てます(産業基盤さえ確保できていれば、ハイパ
>ーインフレにはなりません)。

ここ2、3年のうちに仕組み=構造を変えないと、徳政令がハイパ
ーインフレを誘発しかねない経済条件に移行しかねいと思っている。
給与増大による供給増加=需要増加策ではなく、政府主導で「構造
改革」をするとしても、給与増大に見合う優良企業からの増税
(+資産税)を原資にしなければ、デフレ不況が進むだけであり、
「構造改革」も達成できない。

政府紙幣は、ある意味で近代経済論理(とりわけ管理通貨制)を否
定する政策なので、覚悟を秘めた“国家一丸”が必要になる。(米
国が経済的に行き詰まって先行的に実施すれば問題ない。そのとき
には、対米徳政令も実施すべきである)


>その一方で既に成熟化した日本経済で持続的成長を確保するに十
>分な個人消費の成長は望みがたく、国民経済全体における支出構
>造を変換させる必要があります。そのためには政府部門支出比率
>の増大(実際の提供サービスは必ずしも官営である必要はない)と
>増税が不可欠で、国民が老後死ぬまで不安を感じないシステムを
>政府が明示しなければなりません。

低中所得者の可処分所得の増大は、今なお、個人消費の成長に寄与
するものである。それは、量的拡大ではなく質的向上というかたち
であり、住環境を重点にした公共投資と並行的に進めることで、日
本経済のそこそこの持続的成長に貢献することができる。

政府部門支出比率の増大のためには増税(税増収)が不可欠だが、
誰(何)をターゲットにするかで可否が決まる。政府税調的な増税
策は、「デフレ不況」を悪化させるものであり、税収も減少するこ
とになる。

国民が死ぬまで安心して生活できる国家構造を造るためには、まず
、「デフレ不況」から脱却しなければならないのである。(政府紙
幣は使わないとして...)


従来的経済価値観から抜け出し、経済論理をきちんと見直すという
過程がなければ、日本人の“近代化”は成し遂げられず、わけもわ
からないままうまく乗り切ったで終わってしまうことになると考え
ている。

もちろん、そんなことよりも、現実に生きている人たちの生活のほ
うがずっと重要な問題だから、合理的な解決策ならばそれを否定す
るものではない。
(政府が箸の上げ下ろしまで指図しなければならない国民がはびこ
ることになるが...)


(引用終わり)
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存