ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1908] 新しい日本のかたち
日時: 2013/12/01(Sun) 07:31
名前: 天橋立の愚痴人間

以前にも同じ名前のスレッドを立てていましたが、古いものは名前をかえて(国のかたち)、ここに新たに書き起こします。

「新しい」と言う言葉に何を想っているかにつきまして、それは現代社会が民主主義と言う面でも、資本主義と言う面でも、知らず知らずの内に、想っていたよりも矛盾が噴出し、ただ、それを信奉しているだけでは、その言葉で期待していた成果を得られないようになって来ている事を鑑み、反省し、その認識の上に、我々は何かをするべきではないかと言うことを問うものであります。

民主主義と言う面では、個人の権利、自由の希求が、共生(助け合いながら生きている)と言う認識を希薄にし、結果、場合によっては、個人の精神を蝕むことも起きるようになって来ています。

また資本主義経済のありようは、ヒューマンスケールを飛び越えて展開し、生産手段の発達は、多くの人々から就労の機会を奪い始めています。
このような事は、人類の歴史数万年の中で理想と想っていた社会のありようが、理想を超えてしまい、人類として戸惑っているようにも見えます。

また、現代社会は、情報、物資の交流において、民族、国家と言うものの枠を超え、人々は容易に世界中の情報、物資を得る事が出来るようになって来ています。
国家の概念も従来の、それでは捉えられなくなって来ています。

これらの事が何を意味するか。
それは、まさしく新しい文化、文明の始まりと想います。
飽くまでも、人間そのものの本質は変わらないとしても、こうした環境に適合する智恵を、人間は文化、文明として展開して来ました。

このような視点にたち、これからの社会つくりに、我々は何を考えて行かねばならないかを自問自答して行きたいと想います。
それが、新しい国の形であります。

具体的には、如何に生きると言うこと、どうすれば生きられるかと言うこと、即ち、経済の事が中心になりますが、その為にも、我々は我々自身の生き様まで思案しなければなりません。
また、それは決して従来のそれを否定するものでもなく、突飛な展開を想定するものでもありません。
人類の歴史に立って、次に何を成すべきかを問うことであります。

今まで掲示板にいろいろと書き込んで着ましたが、その総集編としてまとめて見たいと思います。
かつ、掲示板での、いろいろな方との交流で多くのヒントを頂き、ようやく、ここらで一度、纏めたいと思うようになったことを付け加えさせていただきます。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

社会福祉制度(年金、医療、介護、生活保護) ( No.59 )
日時: 2018/06/21 11:16
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:1ACfCnMw

>年金制度

年金は基礎年金部分と比例報酬部分に分け、基礎年金部分は公的年金として一律、毎月10万円/人とし、61歳から支給する。
比例報酬部分は全て民間に任せる。

公的年金はパート、アルバイトにおいても支払いの都度徴収(報酬の5%)する。
最低賃金は、この分を見込んで設定する。

現在の全国民の年収は下記のとおり。

国家公務員(自衛官含む) 11兆円
地方公務員        21兆円
民間の合計        200兆円

合計           231兆円
年金として徴収する金額は5%で合計約12兆円。

これに対して年金受給者の数を4000万人とする。
年間の基礎年金支給総額は4000万人×10万円(月)×12=48兆円が必用となる。
不足分の36兆円は通貨の増刷で賄う。

年金に関する徴収、支給は完全に平等とし、高額所得者の累進負担は所得税にて調整する。
この事によって、国民は老後の心配が減り日常の経済活動が活発になる。

>医療保険制度

医療保険も完全に一元化する。
国民の総医療費は40兆円に達している。
個人負担率を一律50%とすると、20兆円の保険料徴収が必要となる。

現在の個人所得税は約15兆円、これを累進性を高め20兆円と設定し所得税を納める人たちから、その半分を医療保険として徴収する(10兆円)
不足分の10兆円は消費税を15%に上げげ、5%分をこれに充てる。

>介護の問題

介護保険の財政の危機的状況です。
介護の総費用は10兆円にもなり、将来は20兆円になると言う予測です。

介護保険料を徴収してますが、それは2.2兆円くらいです。
後の財源は、国、地方自治体から7.8兆円出しています。
介護は近年日本の家庭構成を思うと是非必要なシステムで、それを利用する人もますます増えてきています。

不足分の10兆円の財源を確保しなければなりません。
所得税、医療保険については累進課税方式で集めていますが、これ以上、は個人税として徴収する事は社会の活性化を妨げます。

>生活保護

我が国では生活保護の制度が他の先進国よりも劣っていて、格差の問題が顕著になってきています。
我が国の生活保護費の総額は210万人に対して3.7兆円となっています。
生活保護が必要な家庭の補足率は19%であり、60%以上の他の国と違い、此れが問題になっています。

単純に計算して生活保護の為の財源不足は、此れも10兆円に近いと思います。
結局は介護と生活保護の両面で20兆円の財源が不足しており、此れも通貨の増刷で賄います。

今までに合わせて56兆円の通貨の増刷を見込みましたが、この用途は各分野での最低必要な事業を行うためであり、通貨が過剰に供給されインフレを招く恐れは全くありません。


最期に医療制度に関して提言をします。

近年、厚生労働省は、まずかかりつけ医の診察を経て大きな病院へ行くように指導していますが、これは全く真逆の発想です。
単なる風邪や腹痛ならばともかく、最初は誰も深刻な病気を心配します。

人が大病院へ集まるのは、それが確認したい為です。
最近の診断システムは高度になる代わりに大層高額な機器が必要で、小さな病院では出来ません。
それ故に、自分が心配するならば、まず大病院の診察が受けられるように配慮すべきなのです。

大病院で病名が決まり、治療の方法が決まったら、その後の治療は町医者でも出来るはずです。
この様な流れを作ってこそ、大病院の混雑も防ぐことができ、町医者も繁栄することができます。

行政が考えるべきは、その大きな病院の配置の事ではありませんか。
既に民間の大きな病院では通院の為の独自のマイクロバスの運行をしています。
公的病院ほど、そういう住民サービスはやっていません。

厚生労働省の考え方が全く真逆であるからです。

また、此れとは別に町医者が利用しようと思えば安易に出来る検査専門の公的病院を作る事も大切かと思います。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存