ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2210] イスラム世界研究
日時: 2015/02/04 12:41
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:h2vhi/RE

イスラム国のテロがあり、イスラムとは何かが、問われていると思います。
この時期に「大和魂<日本人の心のルーツを探る」スレッドから、この部分を抜粋してみます。


「メソポタミア文明」
シュメール人

 世界で最初に生まれた文明がメソポタミア文明です。
 紀元前3500年くらいには都市国家が成立して、文明といえるものになったといっていいでしょう。

 メソポタミアとは川のあいだという意味で、ティグリス、ユーフラテスの二つの川にはさまれた地方をさします。現在の国名でいうとイラクです。今はサダム・フセイン大統領で有名。昨年末(1998)にもアメリカとイギリスに空爆されて大きなニュースになりましたね。

 このメソポタミア地方の川下、河口付近にはじめての文明ができます。
 文明をつくりあげたのはシュメール人。民族系統不明です。残された彫刻などを見ると、目がくりくりと大きくて、波打つ立派な長いあごひげが特徴的ですね。

 今、この地域はイスラム教徒、アラブ人の世界ですが、男たちはみんなひげを蓄える風習がある。ひげがないと子どもかオカマだと思われるらしい。アラブ社会の民俗を研究している人の講演を聞いたことがありますが、その先生は帰国直後で、ヤギみたいなちょび髭を一所懸命のばしていました。「こんなヒゲでも、はやしていないと一人前として扱ってもらえないので」とぼやいてました。
 ひげ等のファッションは、時代、文化によって変化するものですが、ひょっとしたらこの地域ではシュメール人以来5000年間ずっとひげを伸ばしていたのかもしれないね。(注:シュメール人はひげを剃るのが一般的らしいが、使用していた資料集の写真にもとづいて、このような説明をしていました)

 メソポタミアに最初に文明が生まれたのは、農業生産性が非常に高かったかららしい。
 まず、麦と羊の原産地だった。そして、この麦の収穫量が非常に高かった。1粒の麦を播いて、20倍から80倍の収穫があったといわれています。
 これが、どのくらいすごいかというと、19世紀のヨーロッパで麦の収穫は播種量の5、6倍くらい、現代でもヨーロッパで15倍から16倍、アメリカで23倍という数字があります。
 だから、現代と同じかそれ以上の収穫があったというわけだ。たくさん穫れれば、余裕も生まれる。その余裕が、後世に残る文明を生み出したのでしょう。
 ちなみに、日本の米はどうかというと、江戸時代は30から40倍、今は110倍から144倍です。

 シュメール人はメソポタミア地方にたくさんの都市国家を築きました。ウル、ウルク、ラガシュなどという都市が有名です。しかし、都市国家どうしの抗争が激しく、統一国家ができることはありませんでした。政治は、神殿を中心に神権政治がおこなわれていたらしい。

続く


シュメール人の文化
------------------
 かれらの残した文化は後世に大きな影響を与えているからこれはしっかり覚えておきましょう。

 まずは、暦(こよみ)。世界初の暦。月の満ち欠けで、年月をはかる太陰暦です。

 数字は60進法でした。これは、現在もある分野で日常的に使われるね。何ですか。そう、時間です。一時間はなぜか60分。なぜかというとシュメールなの。多くの小学生が、時間の計算でつまづく。君たちも苦しんだでしょ。シュメールだね。
 なぜ、シュメール人が60進法を採用したかははっきり判っていません。

 土器は彩文土器というのがでます。土器に赤い模様が描かれていますね。

 文字は、くさび形文字を発明しました。紙はまだない時代、粘土板に葦を切ったものでくさび形に字を刻み込んでいきました。細かい文字でたくさん書いているね。シュメール人が歴史から消えたあとも、メソポタミア地方では長いあいだこの文字を使っていました。今のアルファベットの役割を果たしたわけだ。

 シュメール人の時代から二千年もあとですが、アケメネス朝ペルシアという国が大帝国をつくります。この国もくさび形文字を使っていて、ダレイオス大王という王が、自分の功績を刻んだベヒストゥーン碑文というのを残しました。これは三つの言語をくさび形文字で刻んだもので、くさび形文字解読のきっかけとなった重要な碑文です。解読したのははローリンソンというイギリス人。覚えておきましょう。
 この碑文は地上100メートル以上の絶壁に刻まれていて、ローリンソンは今でいうロッククライミングみたいなことをして、まあ命がけで碑文を模写したんです。19世紀のことです。

 それからハンコ、印章です、これもシュメール人が最初。円筒印章というのがあって、絵が刻んである。これを粘土の上をコロコロと転がすと長い絵が浮かび上がるわけです。円筒印章は中心にひもを通して首に懸けるようになっていた。これを身につけているのが高い地位の象徴だったらしいです。

----------
エデンの園
----------
 シュメール人の文化、暮らしはいろいろな伝説や物語に、大きな影響をあたえています。

 たとえば、旧約聖書にはシュメールの影響がかなりあります。

 旧約聖書の最初の話、神が世界と人間を創造する話があります。
 神が「光あれ」といって光ができる。これが一日目。二日、三日といろいろ造って、六日目に人間を造って、七日目にお休みします。これは、シュメールの七曜の影響。

 それからアダムとイヴの話。
 神が泥からつくりあげた最初の人間がアダム。一人じゃ寂しかろうと、神はアダムの肋骨を一本採って、これで女イヴを造る。二人は、裸のままの姿でそれを恥ずかしいとも思わずに、働かなくても暮らせる地上の楽園、エデンの園に住んでます。
 さて、神は二人に一つの約束をさせるんだ。エデンの園の真ん中に知恵の木がある。その実だけは、絶対に食べてはならないという約束です。ところが、なぜか蛇がでてくるのです。その蛇がイヴを誘惑する。知恵の木の実を食べても死にませんよ、ほら、こんなにおいしおっませ。食べなはれ、と言う。イヴはついつい食べてしまう。おまけにアダムにも勧めて、結局二人とも食べてしまった。すると、急に知恵がついてしまってかれらは互いに裸であることに気がつき、葉っぱで腰蓑をつくって、局部を隠します。

 約束を破ったことが神に知られ、その怒りに触れて二人はエデンの園を追放されました。追放されたのがエデンの東。そこでは、地にはいつくばって厳しい労働をしなければ生きていけないんです。ジェームズ・ディーン主演の「エデンの東」という映画があります。楽園のすぐ隣だけれどそこは楽園ではない、それがエデンの東。そう思って見るとこの映画また一段と深いよ。

 エデンの園の話がシュメールとどんな関係があるかというと、エデンの園はシュメール人が住んでいた実在の場所らしい。
 ラガシュとウンマという二つの都市国家が、前2600〜前2500年頃に「グ・エディン」(平野の首)という土地をめぐって戦争を繰り返しているんです。どうもこのグ・エディンがエデンの園のモデルらしい。

 話が後先になりましたが、旧約聖書をつくったのはヘブライ人という人たちです。かれらは前10世紀頃に自分たちの国家を建設するんですが、それ以前は部族ごとに分かれて牧畜などをしながらメソポタミア地方からエジプトにかけて放浪生活をしていた。豊かなシュメールの土地に住みたいけれど、そこに入り込むだけの勢力がなかったんだろう。なぜ、自分たちはあの豊かな土地に住めないのか、という不満・不運を自分たち自身に納得させるため楽園追放の物語がつくられたのではないかと思います。人間というのは納得さえできれば不運に耐えられる生き物なんだと思う。エデンは、豊かなシュメールの地の、その中でももっとも豊かな土地の象徴だったんだろう。

 それから、バベルの塔の話です。これは知っていますか。
 人間が天まで届きそうな高い塔を建てる。これを知った神が、この塔を打ち壊すんだね。
 「神に届こうとする不届きな振る舞いだ」と神様が怒ったと一般にいわれていますが、聖書を読むとそんなことは書いていません。理由は解らないがとにかく神は塔を壊し、人々はちりぢりになり、お互いに話す言葉が通じなくなった、という話。
 で、このバベルの塔のモデルがやはりシュメールにあるらしい。
 シュメール人たちが建設した神殿にジッグラトというものがあります。高い塔の形をした神殿で、その遺跡はたくさん残っています。これがバベルの塔のモデルといわれています。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

イスラム世界研究 5 ( No.4 )
日時: 2015/02/04 13:02
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:h2vhi/RE

イスラムの最後に、過激なテロを行う民族、宗教性の強い生活をおくる民族として一般的に認識されるイスラムとは、どのような社会であるのか、現代から覗いて行くことにしましょう。

ここでも、ネットにより収集した資料を紹介することになります。少し長くなりますが、この機会にイスラムの人たちの様子を垣間見てください。



http://www.aii-t.org/j/maqha/magazine/islamsociety/20061121.htm

【サウジ・イスラーム社会における家族の存在の必要性】

サウジアラビアの法源であるイスラームは、家庭を幼児の保護と世話、肉体的・精神的育成、そこで愛情や慈悲という感情や必要な責任感を身につける働きをもつ自然の保育所とみなしている。そして人間の仕事が偉大なもので、地上におけるその役割が最も大きな役割であるゆえに、人間の幼児期は将来のための準備と教育をよりよくするために他の生き物のそれより延長された。

また両親と共にある必要が非常に大きくなり、静かな安定した家庭が人間のシステムに必要不可欠になり、またこの人生における人間の本質とその形成、及びその役割には欠かせないものとなった。そして家庭以外のいかなる組織もその代わりにはならず、それどころか幼児の成長と教育にとってむしろ有害であることは既に科学的実験によって確証されている。

 サウジ社会において家庭は子供に対して最高の責任者であり、子供の性格と素行に最も大きい影響を与え、彼らの行動を公然と監視するものと見なされている。そして正しく建設的な世代が社会に育まれるために、夫婦という家庭の支柱に最も大きい関心が払われている。

それゆえイスラームの教えに基く諸習慣は、結婚前に払うべき様々な注意の必要性を強調している。つまり結婚前の最初の義務は、男は宗教的にしっかりした良い女性を探すことで、女性はといえばその保護者が彼女のために良い男性を選ぶことである。それは彼らが互いに良い暮らしを営み、彼らの間に愛情と慈しみが芽生えるためである。そして良い男性と良い女性が1つになれば、それは良い社会の核である良い家族の形成につながる。そこで生まれた子供たちは彼らから身体的、知的、精神的教育を受け、その模範的環境の中で彼らの将来の人生における活動や素行、方向性などが大方において決められる。

幼少時に精神的に培ったものや家庭において両親から育まれたものは、通常成長後もそれを変えるのは難しいほどに確固として根付く。このような理由から、両親は理論的指導や教育とともに、その行いにおいて子供たちの良い模範とならなければならない。悪い模範が行う教育に利益はないのである。また行いというものは言葉よりも強く心に訴えかけるものであり、それが子供が両親に日常的に認めるところのものであればそれは尚更である。

そして家庭における両親の悪い模範は、子供が家の外で目にする悪事と助長し合う。子供はそのような中で悪事を好み、良いことを嫌うように育ってしまう。実際のところ子供の父親と母親に対する諸権利は沢山あり、非常に重要なのだ。しかし両親は物質的な意味において子供の存在の直接の原因であるから、両親の子供に対する権利についてまず話そうと思った次第である。

あなたの存在の原因である者のあなたに対する権利は、他のいかなる者の権利よりも重要であることは当然であろう。それどころかその権利は、あなたが彼に対して有する権利よりも重要なのである。もしこの意見に同意されるのなら、ムスリムの啓典クルアーンはこれらの権利を確証するために偉大なる主アッラーの御許から下されたということを述べるのは今私にとって容易くなる。

読者は至高のアッラーが偉大なるかれの権利に、子供に対する両親の権利以外のものを並置しなかったことを知って驚くであろう。主アッラーはクルアーンの中でこう仰られている。「アッラーを崇拝して何ものをもかれに並置してはならない。そして両親に孝行するのだ・・・」(女人章:36)また別の箇所ではこうも仰られている。「言え、“来なさい。あなた方の主があなた方に禁じられたことを語って聞かせよう。かれに何ものをも並置してはならない。

そして両親に孝行せよ・・・”」(家畜章:151)主アッラーが人々にかれを崇拝するというかれの権利を命じ、その逆のこと―つまりシルク(訳者注:多神教。アッラー以外のものを崇拝すること)―を禁じ、そして両親の権利を命じているこのようなクルアーンの句というのは、何度も反復されている。そして両親の権利とは孝行されることであり、その逆の事―つまり親不孝―の禁止である。


またクルアーンの別の箇所では、両親の優越性や子供が彼らを気遣い奉仕すること、そして彼らに良い返事をすべきことについても言及されている。母親は子供の妊娠、授乳、その世話と配慮ゆえの不眠などに疲労し、父親はといえばその教育や躾け、生活の糧の獲得などに奔走する。これらのことにより子供は、彼らに感謝し、彼らへの善行や強い絆を保つこと、奉仕、慈しみ、彼らを喜ばせ、幸せな気分にさせることなどの諸権利を果たさなくてはならない。

両親への世話や奉仕は、特に彼らが老齢に達した時により必要なものとなる。なぜなら彼らは老齢による障害により幼少のような状態に逆戻りし、様々な配慮が必要になるからである。両親は彼が不能の時代に彼らの彼に対する権利を果たしたのであるから、彼もうんざりしたり嫌悪感や不潔感などを抱いたりせず、彼らから言われる前に子供の両親に対する権利を果たさなければならない。

むしろ率先してそうしなければならないのだ。また両親は子供の大小便やよだれ、吐しゃ物などの汚物を厭わなかったのだから、子供はそのことを念頭に置き、どのような場合にでも彼らに良い返事をし、そして彼らの権利の遂行が主の崇拝行為であることを知らなければならない。この件について最も詳細に渡って言及されたクルアーンの章が、次に示すものである:

「われら(アッラーのこと)は人間に両親への孝行を命じた。母親は子を辛い思いをして懐胎し、苦労して分娩した。そして懐胎から分娩までは30ヶ月間要するのだ。子は成長し、40歳にも達すればこう言う。“主よ、私と両親にあなたがお与え下さった恩恵に感謝させて下さい。そして私にあなたがお悦びになる行いをお許しになり、私の子孫において私を正して下さい。私は実にあなたに悔悟しました。私はムスリム(服従した者)です。”われら(アッラーのこと)は彼らの行った善行を受け入れ、天国の住民として彼らの悪行を大目に見る。彼らに約束されていたところの、真実の約束ゆえに。

一方、両親にこう言う者もいる。 “全くうんざりするなあ、(死んだ後に)蘇らされるって!?何世紀も前に死んだ奴らはどこに行ったって言うんだよ?”そして彼の両親は主に助けを求めてこう言う。“何ということか、信仰しなさい。主の約束は真実なのですよ。”すると彼は言う。“そんなのは大昔の作り話に過ぎないんだよ。”このような者たちこそ、彼ら以前の時代の人間とジンからなる諸社会を滅ぼしたところの御言葉が実現するところの者たちである。彼らこそは損失者であるのだ。」(砂丘章:15〜18)

 そして子供に彼らを扶養する能力がある限り、両親、あるいはそのどちらかを彼らの生活費捻出のために働かせることは、例え彼らにその能力があったとしても、親孝行に真っ向から衝突することである。アッラーはこの親孝行ということにおいて、いかなる人的社会システムを創り出した者の脳裏にも浮かばないような事を定めた。つまり親孝行の内でも最も孝行な行為を、両親の死後に彼らが親しくしていた友人と絆を保つこととしたのだ。またイスラームという教えが両親の権利を重要視していることにおいて、前出した全てのことよりも更に驚くべき、素晴らしいことを申し上げれば、読者の皆さんは驚かれるかもしれない。

つまりムスリムはその宗教においてとても排他的と言われているが、イスラームの教えは両親の権利を特別な重要性を持って強調し、どのような教えを信じていようと両親への孝行を命じているのである。それゆえ例え両親がムスリムでなくても、彼らを遠ざけたり手ひどく扱ったりすることは、ムスリムのすることではないのだ。一体家族の相互保障や一体化の維持という面を徹頭徹尾に渡って目的としたこのシステムを上回るものがあるだろうか!?

(以下省略)

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存