ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2265] 繁栄の中の貧困
日時: 2015/04/30 12:59
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:j2JD5PyM

「繁栄の中の貧困」と言う概念は、一見、常識的な認識と思いますが、意外にも、その言葉を使った書籍、論文はあまり多く見当たりません。

実は「繁栄」と「貧困」は反意語でもなく、その関係を認識するには微妙は方程式を考えねばならないのです。
念の為に語源的意味を確認しておきましょう。

「繁栄」

豊かにさかえること。さかえて発展すること。
使用例  「社会繁栄する」「子孫が繁栄する」
反意語としては「衰退」が考えられます。

「貧困」

主に経済的な理由によって生活が苦しくなり、必要最低限の暮らしもおぼつかない様子をいう。
面白い分析に、ノーベル経済学賞受賞者のアマルティア・センの、貧困を「潜在能力を実現する権利の剥奪」と定義があります。
貧困の概念を固定的、静的に捉えているのではなく、後で、説明しますが、この方法こそが実際に貧困問題を捉えるのに有効であると思います。
反意語としては「富裕」が考えられます。
また「貧困」と言う言葉で表現する事のうちに、絶対的貧困と相対的貧困の問題(格差)があることも考えねばなりません。


「繁栄の中の貧困」を取り扱う言葉として

「アメリカの繁栄と落ちこぼれたもう一つのアメリカ」と言うものがあります。
その意味は言わずともお解りと思います。

また、
「貧困撲滅と繁栄の共有の促進のために必要なことは何か?」と言う言葉で、次のような問題提起をしています。
世界銀行は、2030年までに極度の貧困層を世界人口の3%以下まで低減する「極度の貧困の撲滅」と、各国の下から40%の人々の収入を増大する「繁栄の共有の促進」の2つの目標を業務の指針として掲げています。貧困削減は過去数十年にわたり世界銀行のミッションの核をなすものですが、今回は目標と達成期限を定めるとともに、全ての人々による成長の共有を目標として初めて掲げました。

2015年2月27日、アナ・レヴェンガ 世界銀行 貧困グローバル・プラクティス シニア・ディレクターの来日の機会にあたり、セミナー「貧困撲滅と繁栄の共有の促進のために必要なことは何か?」を開催しました。本セミナーでは、2つの目標の達成に向けて、同グローバル・プラクティスが途上国政府に対して提供する政策助言とそのモニタリング・評価、キャパシティ構築、データ収集・分析、経験共有などの取り組みをご紹介しました。

前置きは、これくらいとしまして、私自身の考えを進めたいと思います。

初めに「繁栄」と言う言葉ですが、これが実は不確定要素に包まれ、何を、どの状態を繁栄とするか、使う場合によって異なる概念となります。

先に紹介しました、世界銀行が言っている繁栄とは、現代に置ける経済的現状を数値として分析しています。
そうして繁栄の仕方によって、貧困の比率を改善できると言う考え方です。
言葉としては成立していても、実際にその様な方程式があるか、否かは別の問題ですが。

もうひとつの認識は、歴史的、文化的な領域での繁栄です。
これは、末世思想が広まる時代でない限り人類社会は繁栄を続けていること
になります。

その考え方からすると、人間の絶対的貧困は時代と共に改善され続けているのです。
ただ、全体の繁栄が大きく、その為に、その差(相対的貧困の問題)が顕著になっていると言う問題(格差の問題)として浮かび上がっていると言うことです。

いずれにしても「繁栄」は人類にとって何時でも「善」の形で存在してきました。
その考え方も決して否定はできず、するべきではありませんが、現代社会が直面している貧困の問題に向かい合う場合、従来のような捉え方では解決出来ないと思います。
要するに「繁栄」と「貧困」の概念は決して反意語ではないことをしっかりと認識し、その上で、両者を関連付ける何かを探さねばなりません。

それを、このスレッドでやってみたく思います。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 繁栄の中の貧困 ( No.2 )
日時: 2015/10/29 21:15
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:f..mTU86

最初に戻ります。

「繁栄」と言う概念を、経済的=物質的なものとすれば、人類は有史以来、繁栄を続けてきたと思います。
しかしながら、繁栄を意識する時間軸は年代によって異なり、現代社会になるほど、繁栄の速度が早くなくては繁栄と言う実感を持てません。

言い換えれば、昔は少しの進歩も繁栄に移り、現代人は相応の進歩を感じなければ繁栄していると実感しません。
であるならば、繁栄の概念も相対的なものとなります。

幸いにして、科学技術の進歩はめざましく、現代人は繁栄の真っ只中にいることになります。
逆に言えば、もし科学技術の進歩が停滞し、目覚しい繁栄が感じなければ、人々は繁栄と言う概念を持たなくなるのではないかとも思います。

では、人類にとって、繁栄と言う概念は、常に必要不可欠なものしょうか。
そこのところが、将来は問題となってきます。

何となれば、人々は繁栄していることを、幸せな状態と重ねて感じているのです。
国の人にとって、このスレッドの表題、繁栄と貧困は、すなわち幸せと不幸を重ねて感じているのです。
それだから、繁栄と貧困について興味を持っているのです。

まずは、その関係を検証してみましょう。


>幸せとは、何でしょうか。
ここでは、まず他人の言葉を借りることにします。

https://happylifestyle.com/13782

あなたが幸せと感じる瞬間を、思い出してください。
大金を手に入れたとき。
欲しい服を買ったとき。
最新の電子機器を手に入れたとき。
大金や欲しい物を手に入れたとき「幸せだ」と考えることでしょう。
たしかに物質的豊かさは、幸せの1つです。
しかし、本当の幸せかというと、疑問が残ります。
物質的豊かさによる幸せは、一時的です。
手に入れた瞬間は喜びを感じますが、すぐ慣れます。
また、手に入れたときの幸せには、深い満足感が伴っていません。
ニュースを見てください
お金や物に不自由しないはずの資産家や有名人が、自ら命を絶つニュースがあります。
物で人が幸せになるのなら、自殺をするはずがありません。
物は、人を本当に幸せにはしないのです。
深い満足感があってこそ、本当の幸せです。
では、本当の幸せとは何でしょうか。
精神的豊かさなのです。
愛情、愛着、友情などです。
人とのつながりを通して得られる心です。
幸せは、心で感じるものです。
心があってこそ、本当の幸せを感じます。
人とのつながりを通して得られる心に触れたとき、人は深い満足感を抱きます。
人から慕われたり、愛されたり、尊重されたりするとき「幸せだな」と感動し、深い満足感が得られるのです。
自分の生活を振り返りましょう。
心が豊かな生活を送っているでしょうか。
人間関係を大切にしましょう。
家族関係、恋人関係、友人関係などです。
仕事の人間関係も大切です。
本当の幸せとは、物質的豊かさではなく、精神的豊かさです。

(引用終わり)

ここに書いてあることは、物質的、経済的繁栄のみが幸せではないと言っていますが、そうかと言って物質的、経済的な繁栄は重要な幸せの要素でもあります。

物質的な繁栄は、幸せ感の必要条件とも言えますが、
繁栄の概念の中に、個人的権利の確保の度合いも繁栄のように定義するべきかと言う問題もあります。


※ 当分の間は、幸不幸の概念と生きがいの概念と照らし合わせて「繁栄と貧困」の概念を突き詰めることにしますが、最封的には次のような論理を展開したいことを最初に言っておきます。

ここに書いています「繁栄の中の貧困」と言う概念は、多分に物質的、経済的なことを念頭に書いてあるのですが、それだけを考えていると、現代の市場主義の中では、それが固定的になってしまいます。

これを(市場主義の宿命)を打ち破るためにも「繁栄と貧困」の別の概念も取り入れる必要が無いかと言う事へ繋げたいのです。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存