ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2265] 繁栄の中の貧困
日時: 2015/04/30 12:59
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:j2JD5PyM

「繁栄の中の貧困」と言う概念は、一見、常識的な認識と思いますが、意外にも、その言葉を使った書籍、論文はあまり多く見当たりません。

実は「繁栄」と「貧困」は反意語でもなく、その関係を認識するには微妙は方程式を考えねばならないのです。
念の為に語源的意味を確認しておきましょう。

「繁栄」

豊かにさかえること。さかえて発展すること。
使用例  「社会繁栄する」「子孫が繁栄する」
反意語としては「衰退」が考えられます。

「貧困」

主に経済的な理由によって生活が苦しくなり、必要最低限の暮らしもおぼつかない様子をいう。
面白い分析に、ノーベル経済学賞受賞者のアマルティア・センの、貧困を「潜在能力を実現する権利の剥奪」と定義があります。
貧困の概念を固定的、静的に捉えているのではなく、後で、説明しますが、この方法こそが実際に貧困問題を捉えるのに有効であると思います。
反意語としては「富裕」が考えられます。
また「貧困」と言う言葉で表現する事のうちに、絶対的貧困と相対的貧困の問題(格差)があることも考えねばなりません。


「繁栄の中の貧困」を取り扱う言葉として

「アメリカの繁栄と落ちこぼれたもう一つのアメリカ」と言うものがあります。
その意味は言わずともお解りと思います。

また、
「貧困撲滅と繁栄の共有の促進のために必要なことは何か?」と言う言葉で、次のような問題提起をしています。
世界銀行は、2030年までに極度の貧困層を世界人口の3%以下まで低減する「極度の貧困の撲滅」と、各国の下から40%の人々の収入を増大する「繁栄の共有の促進」の2つの目標を業務の指針として掲げています。貧困削減は過去数十年にわたり世界銀行のミッションの核をなすものですが、今回は目標と達成期限を定めるとともに、全ての人々による成長の共有を目標として初めて掲げました。

2015年2月27日、アナ・レヴェンガ 世界銀行 貧困グローバル・プラクティス シニア・ディレクターの来日の機会にあたり、セミナー「貧困撲滅と繁栄の共有の促進のために必要なことは何か?」を開催しました。本セミナーでは、2つの目標の達成に向けて、同グローバル・プラクティスが途上国政府に対して提供する政策助言とそのモニタリング・評価、キャパシティ構築、データ収集・分析、経験共有などの取り組みをご紹介しました。

前置きは、これくらいとしまして、私自身の考えを進めたいと思います。

初めに「繁栄」と言う言葉ですが、これが実は不確定要素に包まれ、何を、どの状態を繁栄とするか、使う場合によって異なる概念となります。

先に紹介しました、世界銀行が言っている繁栄とは、現代に置ける経済的現状を数値として分析しています。
そうして繁栄の仕方によって、貧困の比率を改善できると言う考え方です。
言葉としては成立していても、実際にその様な方程式があるか、否かは別の問題ですが。

もうひとつの認識は、歴史的、文化的な領域での繁栄です。
これは、末世思想が広まる時代でない限り人類社会は繁栄を続けていること
になります。

その考え方からすると、人間の絶対的貧困は時代と共に改善され続けているのです。
ただ、全体の繁栄が大きく、その為に、その差(相対的貧困の問題)が顕著になっていると言う問題(格差の問題)として浮かび上がっていると言うことです。

いずれにしても「繁栄」は人類にとって何時でも「善」の形で存在してきました。
その考え方も決して否定はできず、するべきではありませんが、現代社会が直面している貧困の問題に向かい合う場合、従来のような捉え方では解決出来ないと思います。
要するに「繁栄」と「貧困」の概念は決して反意語ではないことをしっかりと認識し、その上で、両者を関連付ける何かを探さねばなりません。

それを、このスレッドでやってみたく思います。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 繁栄の中の貧困 ( No.4 )
日時: 2015/11/11 10:56
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:YYsAB8Ok

経営コンサルが企業を滅ぼす…法外料金、役に立たない理論 敏腕コンサルが暴露
http://biz-journal.jp/2014/06/post_5029.html

企業の業績拡大、経営改革には不可欠といわれている経営コンサルタント。なかには最先端の経営理論をひっさげ、経営陣に代わって企業の舵取りをしているコンサルタントも少なくない。

 だが、そのビジネス界のエリートである経営コンサルタントが自らの仕事を「組織をつぶす諸悪の元凶だ」と告発する本が出版されて、大きな話題になっている。

『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。コンサルタントはこうして組織をぐちゃぐちゃにする』(カレン・フェラン著/大和書房)がそれだ。著者は、大手会計事務所系コンサルティングファームのデロイト・ハスキンズ&セルズや戦略系コンサルティングファームのジェミニ・コンサルティングで活躍。その後、売上高世界一の米製薬会社・ファイザーをはじめとする大手企業でマネジャーとしての経験を積んだ。そんな敏腕コンサルタントがコンサルティング業界の内幕と過ちを暴露したのだ。

 同書は冒頭から、こんな記述で始まる。

「私はじわじわと確実に、私たちが適用してきた経営理論の多くが間違っていることに気づいていった」

「理論の正しさを示す証拠があっても、ほとんどは個々の事例に当てはまるにすぎないし、既存の研究の多くには企業の利益が絡んでいる(何百万ドルも投じた再建策にほとんどメリットがなかった、などと認めたがる企業がいったい何社あることか)」

 つまり、最先端の経営理論の多くは、個々のケースで成功しただけの事例にすぎず、他の企業でも成功するとは限らない。しかし、コンサルタントはその事例を素晴らしい理論として持ち上げ、法外なコンサルティング料で売り込み続けているのだという。

(引用終わり)


上記の例は個別の問題であるが、大体、弱肉強食の市場主義経済のシステムの中で、どの企業も容易に上手くいくはずはない。
経営コンサルトいうのは、多くの企業の中で勝者を育成することであり、ごく一部の例において成り立つもの。
それをコンサルこそが万能の妙薬のように思い込むことは大きな間違いである。

それでも、個別の企業がコンサルに頼ることは良いとしても、コンサルが万能のように思い込み、それを喧伝する風潮があることは如何なものかと思う。

というのは、近年、日本中の経営に関する公的団体が、会員を集め、コンサルを呼び講演会を開いている。
地方の行政も地域の経済の活性化の為に、コンサルに意見を求める傾向にある。

彼らは口を揃えて言う。

従業員教育を徹底し、生産の合理化を図る。
従業員の意見も取り入れて従業員にやる気を起こさせる。
付加価値を高めた商品の開発を促進する。
インターネットを使って商圏を広げる。
企業が停滞するのは経営者にイノベーションがないからだ!
・・・

と、言葉巧みに、ハイカラな言葉を使って、企業努力を奨励します。
それを聴く多くの皆さんは、なるほどな!と感心しますが、実際には、そんなものは何の役にも立ちません。

と、言うよりも、そのような努力など既に充分やってきた現在があるのです。
自分では汗をかいたこともない机上の理屈や、ないし、好調な企業に在籍し、本当の苦労、劣悪な環境で活動したことのないような人間に、本当の問題解決など出来はしないのです。

その様に学生、学者の理想論などを振りかざす、専門家と言う者の講演会が繁盛しているのを見て、今日の世情の虚ろさ、欺瞞性を感じます。

また全国の行政も一様に町おこしを叫び、数々の意味のない企画をし、問題に取り組んでいるように思い込んでいます。

これらは、全て現在の貧困の問題を個人的な努力で補えると言う考えに基づいているのです。
そうではなく、現在の貧困の問題はシステムの問題であり、個人で責任をとれる問題ではないことを、自覚し、共認するようにしなければなりません。

グラック企業の問題も
シャッター通りの問題も
ワーキングプアーの問題も

今の有り様では、何も解決はできす、ますます深刻になるばかりです。

企業コンサルタント、評論家の暗躍、行政の町おこし運動などで現実をカムフラージュされていること見抜き、正面から貧困の問題に取り組みたいものです。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存