ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2279] 未来社会を考える < ヒットラーの予言
日時: 2015/05/27 18:33
名前: 天空人 ID:TUwY8d8w

ヒトラーの予言──2039年の未来図について

●以下は、ヒトラーが語った言葉(予言)である。
『1999年以後』(祥伝社)から抜粋


「…“2つの極”はますます進む。1989年以後、人間はごく少数の新しいタイプの支配者たちと、非常に多数の、新しいタイプの被支配者とに、ますます分かれていく。一方は、全てを操り、従える者。他方は、知らずしらずのうちに、全てを操られ、従わされる者たち。

しかも進むのはそれだけじゃない。人間がそうなるにしたがって、地球にも宇宙にも大変動が起こるのだ。1989年以後、人類には宇宙から、かつてないカタストロフィ(大破局)が近づくのだ。

若いころ私は、『我が闘争』に、いずれ人間が大自然から復讐されると書いた。それが1989年以後の状態だ。人間が思い上がって宇宙の自然を犯すため、宇宙が人類に復讐の災厄を下すのだ。そしてそれが人類を、想像を絶する究極の状態にみちびいていく。私が生まれてから150年後、21世紀に来る究極に。私自身もそれを霊感ではっきりと見てさえ、信じられないような究極に。」

「…(20世紀末は)たとえ表面はデモクラシーや社会主義の世であろうとも、実質はナチズムが支配していよう。デモクラシーの国も社会主義の国も、われわれナチスの兵器を競って使い、殺し合い、社会は私の望むとおり、強く支配する者と支配される多数者に分かれていよう。それは天変地異の期間でもある。人類は大自然から手ひどく復讐される。気候も2つに分かれ、激しい熱と激しい冷気、火と氷、大洪水と大旱魃(かんばつ)が代わる代わる地球を襲うだろう。」

「だからその中から『超人(ユーベルメンシュ)』が現われる。もはや普通の人間ではそういう危機を制御できない。それに対応するため人類は超人たちを生み、超人が世界や気候を、人間や戦争を治めることになる。
つまり天変地異の下に生きる多数者。それを支配する少数者。その陰で実質的に世界を操る超人グループ。これが、私の予知する21世紀の世界である。」

「しかし諸君、さらに重大なのは、私がいま、これを話している100年後のことだ。それを告げるためにこそ、私は今日を選んで諸君を招いたのだ。今日から100年後といえば、すなわち2039年1月25日だ。

諸君にはわからないだろうが、そのとき人類には真の究極の状況が起こっている。そのとき人類は──少なくとも、いま言っているような意味での人類は、2039年1月、地球からいなくなっているのだ。」

「それは諸君、何かの異変か大戦か災害のために、2039年、人類が残らず滅びるという意味ではない。たしかに、それまでに多くの大難が続けて起こる。1989年から1999年まで、世界は続けざまの天変地異と戦乱の中にあるだろう。そのため一部の恵まれた国を除き、多くの国が飢える。いくつかの国は崩れて燃える。毒気で息絶える街もある。

2000年以後は、それが一層ひどくなる。2014年にはヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。アフリカと中東も完全に荒廃する。結局、いまの文明は砂漠しか残さない。

しかし人類はそれでも滅びない。わがドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。ただ諸君、それでも人類はいなくなるのだ。いまの意味での人類は、そのときもういない。なぜなら、人類は2039年1月、人類以外のものに“進化”するか、そうでなければ“退化”してしまっているからだ。」

「それをもっとはっきり言えば、人類の一部はそのとき、人類から、より高度なものに進化して、神に近い生物になっている。人類から神のほうへ進化するのだから、それは『神人(ゴッドメンシュ)』と呼んでかまわない。

残りの大部分は、これも進化なのか退化というべきかわからないが、一種の機械になっている。ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、完全に受動的な、機械的な反応しか示さない『ロボット人間』になっているのだ。それまでの気候異変と環境異変、政治と娯楽と食物、それから起こる突然変異が、そのようなロボットのような人間を大量に生み出す。

神人のほうも同様で、同じ原因から生まれてくる。ただ突然変異が大脳にプラスに働いて、進化の方向がロボット人間と別方向になるだけだ。その前段階の『超人(ユーベルメンシュ)』たちも、より進化して神人になる場合がある。

いずれにせよ、彼らはいまの人間の数次元上の知能と力を持つ。彼らは団結して地球を支配する。それまでのあらゆる危機や問題は、彼ら神人たちの知能と力で急速に解決されていく。」

「ロボット人間たちのほうは、それに従って生きるだけだ。これはある意味では気楽な身分だ。戦争も気候も経済も、神人たちによって制御されてしまうので、ロボット人間たちは神人たちの認める限度で、多くのものを与えられる。食物と住居も、職業も娯楽も恋愛も教育も、時には思想さえも与えられる。

ただロボット人間たちは、与えられ、操られていることを意識できないようになる。自分たちの意識では、何もかも自分で選択して勝手に生きているのだと思う。しかし、じつは神人たちがすべてを見通して、管理工場の『家畜』のように彼らを育て飼うことになるのだ。

こうして人類は、完全に2つに分かれる。天と地のように、2つに分かれた進化の方向を、それぞれ進みはじめる。一方は限りなく神に近いものへ、他方は限りなく機械的生物に近いものへ。これが2039年の人類だ。その先もずっと人類はこの状態を続ける。
そしておそらく2089年から2999年にかけて、完全な神々と完全な機械的生物だけの世界が出来上がる。地上には機械的生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになるのだ。」


(引用終わり)

ヒットラーと言うイメージでは、このような思想を思い浮かべることはできません。
どこまで、真実であるか解りませんが、ヒットラーでなくても、このような歴史観があることは興味深く、また概ねは現代及び未来社会を暗示している様です。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 未来社会を考える < ヒットラーの予言 ( No.6 )
日時: 2015/05/28 19:13
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:ZJANAf0.

長くなりますので、ページを変えます。

先述の小石 泉氏の文章に次のようなものがあります。
氏は、プロテスタントの牧師で、キリスト教を興味深く捉えています(これで良いのかと思うほど)
氏の主張の概要は、次の言葉で代表され著作にもなっています。

<人類の歴史は2026年で終る(2000年07月)|西暦の嘘を大発見 聖書に隠された嘘>

次の文章はアメリカの現状を非難するものの一節です。

「清らかなキリスト教会”の助け」

 このようなサタンの働きを陰ながら助けているのがキリスト教会である。というとものすごい反発を食らうだろうが、本当だから仕方がない。近年、キリスト教会全般に“良いイメージ”だけを求めると言う傾向が激しい。汚いものを見るな、美しいもの、心地よいものだけを求めて自分の心を汚さないようにしよう。こういう指導がなされている。

 その一つがノーマン・ビンセント・ピールの可能性思考である。フリーメーソン三三階級のこの男の影響力は非常に大である。確かに彼の論点は失望に打ちひしがれた現代人には圧倒的な真理と映った。私自身若いころ彼の本を読んでどれほど励まされたか知れない……。「神は私たちを愛している。神は私たちに最善のことを計画している。だから元気を出そう。きっと何もかも上手くいくよ。」という思考自体は決して間違ってはいない。

 そして多くの、というよりおよそ成功している牧師の十人が十人、汚いものを見ないようにしよう。美しいものだけを見つめよう。心を汚さないようにしよう。心を守れ。そのようなメッセージしかしない。

 確かにそれは真理である。しかし、忘れてならないことがある。この世の中は神だけではない。エデンにさえサタンはいた。サタンの働きを全く無視して、そんなものが居るとさえ思わないで生きる事は無謀である。まるで今のキリスト教会を見ていると、まむしの居る野原に、まむしなんて居ませんよと入って行く事を勧めているようだ。<キャサリン・クールマンの墓/フリーメーソンのマーク>
 サタン礼拝、サタニズムは実はヨーロッパ、アメリカのもう一つの底流である。それもキリスト教会そのものに深く取りついている。それを直視しないから話にならない。私はアメリカの善良で立派なクリスチャンを沢山知っている。彼らは美しい心の持ち主で、心から神を敬い、人を愛し、国を愛している。しかし、彼らの視野にサタンが居ないから、その善は実に脆弱な基盤に立っている。彼らは国を愛するという。しかし、その国がサタニストに動かされていることに全く気づいていない。だからベトナムでアフリカでコソボでイラクで爆弾を落とし、劣化ウラン弾で人々を苦しめても彼らは平気である。それによってどれほど多くの子供や女性が死んだり傷ついたか考えても見ない。だから自分たちがその加害者になっているという事への深刻な反省が生まれない。

 驚くべきことに、このことを正確に喝破したのが日本の非キリスト者太田龍氏である。氏は西洋哲学が実は悪魔主義だと言う事実に気がついたまれに見る人材である。(「悪魔学としての西洋哲学を超克する」泰流社一九九七年参照。この本は実に貴重な本だが絶版。)

 情けないことに日本の、否、世界のキリスト者でこのことに気がついたのはほんの少数であった。本来このことはクリスチャンが成すべき仕事であるのに、キリスト教を非難攻撃する太田氏がやっているというのは何とも不思議でこっけいなことである。一体、クリスチャンはどうしたのだろう。近代から現代に至る世界の本当の仕組みを正確に見ぬいた人として、太田氏は日本の歴史に残る人物だが、そのことを知っているのは私と数名の人々であろう。

 私はこれまでの本でキリスト教会の欺瞞について少しだけ書いてきた。特に世界一の伝道者や、今アメリカでアイドル的存在のテレビ伝道者の多くがフリーメーソンだと書いたために非難攻撃の的になっている。

 二〇〇三年の一月、「ハーザー」と言う雑誌の編集長がその巻頭言で私の名前を出して攻撃した。それは私の書くもの全般に対するものであったが中でもキャサリン・クールマンという女性の伝道者の墓がフリーメーソンの墓地にあったという私の写真と文章を引用し、およそトンチンカンな攻撃をした。彼はこう言っている「フリーメーソンの印のついた墓がある場所にキャサリン・クールマンの墓があったという単純な意味でしかない。その場所全体がフリーメーソンの墓であると断定されたように書いているが、何の証拠もないのにそういうことを書かれては困る。状況から察してそうだろうというくらいが適切な表現だろう」。

 少なくとも他人が現地に行って実際に見て書いたものに反論するなら、自分もそこに行ってからにすべきだろう。この男はそんなことは考えもしなかったらしく、鼻歌でも歌って、したり顔に一メートルも歩かずにこのようなくだらない文章を得意になって書いている。このように、恥知らずで、不誠実で、いいかげんな人間が横行するのがキリスト教会であるとは情けない限りだ。自らをクリスチャンと言い、少なくともペンで生きようという人間なら自分の書くことにもう少し責任を持ったら良いだろう。そこで私は次のような反論を書いた。そしてあれだけ人を攻撃するなら、私の反論を載せるべきだと言った。彼は不承不承それを「ハーザー」に載せた。

(引用終わり)

冒頭の、

「このようなサタンの働きを陰ながら助けているのがキリスト教会である」

のサタンを、フリーメイソン、イルミナティの組織に置き換えれば、現代社会の本当の支配者が浮かび上がってくるでしょう。

しかしながら、そのサタンも、特定の人物、組織として存在している訳でもなく、結局は人間自身のよからぬ思いが、それを育て上げていることになります。

要するに、それを始めから容認しているキリスト教では、世界、人類を救済する能力に限界があると言うことです。
彼の著作の目次にも次のように書かれています。


1 21世紀は20世紀より激しく変動する

●2 聖書が教える人類の歴史の終焉とは

3 ユダヤ教の狙いはキリスト教の完全支配
4 キリスト教の危機に信者が気付いていない
5 計画が変更された第三次世界大戦
6 日本を巡る悪夢のような時代が始まる
7 では人類の歴史の終りに何が起こるか
8 もしイスラエルが第四神殿を建てたら
9 マインドコントロールから目覚めるために

言い換えれば、サタンとは、民意、そのものとも言えましょう。

初めは信頼できた民意と言うものがサタンに変わってきた原因に、資本主義、民主主義の概念を人類が得たことと思えば、現代社会の分析も意を異にするものとなるでしょう。

良いか、悪いかは別として、これくらいのスタンスで考えねば現代の病根はときほぐれないでしょうね。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存