ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2279] 未来社会を考える < ヒットラーの予言
日時: 2015/05/27 18:33
名前: 天空人 ID:TUwY8d8w

ヒトラーの予言──2039年の未来図について

●以下は、ヒトラーが語った言葉(予言)である。
『1999年以後』(祥伝社)から抜粋


「…“2つの極”はますます進む。1989年以後、人間はごく少数の新しいタイプの支配者たちと、非常に多数の、新しいタイプの被支配者とに、ますます分かれていく。一方は、全てを操り、従える者。他方は、知らずしらずのうちに、全てを操られ、従わされる者たち。

しかも進むのはそれだけじゃない。人間がそうなるにしたがって、地球にも宇宙にも大変動が起こるのだ。1989年以後、人類には宇宙から、かつてないカタストロフィ(大破局)が近づくのだ。

若いころ私は、『我が闘争』に、いずれ人間が大自然から復讐されると書いた。それが1989年以後の状態だ。人間が思い上がって宇宙の自然を犯すため、宇宙が人類に復讐の災厄を下すのだ。そしてそれが人類を、想像を絶する究極の状態にみちびいていく。私が生まれてから150年後、21世紀に来る究極に。私自身もそれを霊感ではっきりと見てさえ、信じられないような究極に。」

「…(20世紀末は)たとえ表面はデモクラシーや社会主義の世であろうとも、実質はナチズムが支配していよう。デモクラシーの国も社会主義の国も、われわれナチスの兵器を競って使い、殺し合い、社会は私の望むとおり、強く支配する者と支配される多数者に分かれていよう。それは天変地異の期間でもある。人類は大自然から手ひどく復讐される。気候も2つに分かれ、激しい熱と激しい冷気、火と氷、大洪水と大旱魃(かんばつ)が代わる代わる地球を襲うだろう。」

「だからその中から『超人(ユーベルメンシュ)』が現われる。もはや普通の人間ではそういう危機を制御できない。それに対応するため人類は超人たちを生み、超人が世界や気候を、人間や戦争を治めることになる。
つまり天変地異の下に生きる多数者。それを支配する少数者。その陰で実質的に世界を操る超人グループ。これが、私の予知する21世紀の世界である。」

「しかし諸君、さらに重大なのは、私がいま、これを話している100年後のことだ。それを告げるためにこそ、私は今日を選んで諸君を招いたのだ。今日から100年後といえば、すなわち2039年1月25日だ。

諸君にはわからないだろうが、そのとき人類には真の究極の状況が起こっている。そのとき人類は──少なくとも、いま言っているような意味での人類は、2039年1月、地球からいなくなっているのだ。」

「それは諸君、何かの異変か大戦か災害のために、2039年、人類が残らず滅びるという意味ではない。たしかに、それまでに多くの大難が続けて起こる。1989年から1999年まで、世界は続けざまの天変地異と戦乱の中にあるだろう。そのため一部の恵まれた国を除き、多くの国が飢える。いくつかの国は崩れて燃える。毒気で息絶える街もある。

2000年以後は、それが一層ひどくなる。2014年にはヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。アフリカと中東も完全に荒廃する。結局、いまの文明は砂漠しか残さない。

しかし人類はそれでも滅びない。わがドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。ただ諸君、それでも人類はいなくなるのだ。いまの意味での人類は、そのときもういない。なぜなら、人類は2039年1月、人類以外のものに“進化”するか、そうでなければ“退化”してしまっているからだ。」

「それをもっとはっきり言えば、人類の一部はそのとき、人類から、より高度なものに進化して、神に近い生物になっている。人類から神のほうへ進化するのだから、それは『神人(ゴッドメンシュ)』と呼んでかまわない。

残りの大部分は、これも進化なのか退化というべきかわからないが、一種の機械になっている。ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、完全に受動的な、機械的な反応しか示さない『ロボット人間』になっているのだ。それまでの気候異変と環境異変、政治と娯楽と食物、それから起こる突然変異が、そのようなロボットのような人間を大量に生み出す。

神人のほうも同様で、同じ原因から生まれてくる。ただ突然変異が大脳にプラスに働いて、進化の方向がロボット人間と別方向になるだけだ。その前段階の『超人(ユーベルメンシュ)』たちも、より進化して神人になる場合がある。

いずれにせよ、彼らはいまの人間の数次元上の知能と力を持つ。彼らは団結して地球を支配する。それまでのあらゆる危機や問題は、彼ら神人たちの知能と力で急速に解決されていく。」

「ロボット人間たちのほうは、それに従って生きるだけだ。これはある意味では気楽な身分だ。戦争も気候も経済も、神人たちによって制御されてしまうので、ロボット人間たちは神人たちの認める限度で、多くのものを与えられる。食物と住居も、職業も娯楽も恋愛も教育も、時には思想さえも与えられる。

ただロボット人間たちは、与えられ、操られていることを意識できないようになる。自分たちの意識では、何もかも自分で選択して勝手に生きているのだと思う。しかし、じつは神人たちがすべてを見通して、管理工場の『家畜』のように彼らを育て飼うことになるのだ。

こうして人類は、完全に2つに分かれる。天と地のように、2つに分かれた進化の方向を、それぞれ進みはじめる。一方は限りなく神に近いものへ、他方は限りなく機械的生物に近いものへ。これが2039年の人類だ。その先もずっと人類はこの状態を続ける。
そしておそらく2089年から2999年にかけて、完全な神々と完全な機械的生物だけの世界が出来上がる。地上には機械的生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになるのだ。」


(引用終わり)

ヒットラーと言うイメージでは、このような思想を思い浮かべることはできません。
どこまで、真実であるか解りませんが、ヒットラーでなくても、このような歴史観があることは興味深く、また概ねは現代及び未来社会を暗示している様です。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 未来社会を考える < ヒットラーの予言 ( No.81 )
日時: 2015/07/06 22:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:8cQiQXTw

今までは、未来社会の経財のシステムで、どのような方向性が考えられるかの想定問答であったと思います。

これからは、その可能性を具体的に、ここの事例で検証して見なければなりません。
そこでまず、年間30兆円分の新たな公共事業を通貨の増刷でやることを考えましょう。

糾弾掲示板には「新しい公共事業が日本を救う<雇用の確保」と言うスレッドを立ち上げています。
「新しい公共事業が日本を救う」と言う言葉は、最初に評論家の森田 実氏のブログで知りました。

その内容は次のようなものであり、私が言っているように直接雇用問題を念頭においたものではなく、港湾建設などを通して日本の産業の興隆を図ろうとするものです。

森田実著『新公共事業必要論―港湾・空港の整備が日本を救う』を読んで

http://www.pluto.dti.ne.jp/mor97512/WA2-43.HTML

このとこについて、もう一人熱心に主張されている人に、藤井 聡(ふじい さとし)京都大学(大学院工学研究科・都市社会工学専攻)教授がいます。
氏の主張は下記のサイトに出ています。

http://transm.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/images/stories/PDF/Fujii/201006-201012/presentation/fujii20101410_presentation.pdf#search='%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E5%85%AC%E5%85%B1%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%86'

お二人について共通していますのは、財源の事までは踏み込まれていないのです。

おそらく、私の様にいきなり通貨の増刷などとは、立場からも言い出せないのでしょう。
それをタブーとするのが常識であるからです。

ですが、これほど明確に示せている未来の産業のあるべき形態を、それで諦めて良いのでしょうか。
そこで具体的な検証をすることにします。

まず、その金額を年間30兆円と限る事についてです。
30兆円と言うのは、GDPのおよそ、6%にあたります。
GDPの推移と言う面では単純に6%にはなりませんが、1〜2%の成長と言えるでしょう。

既成の経財理論では、公共事業の成果として対価があるので、通貨のバランスにおいて必ずしもヘリマネの作用が発生する事にはならないそうです。

問題は、その資金の捻出の、可、不可ですが、今までは国債発行の形で一時借入としてやってきました。
その国債の償還ですが、実際は買い替え、買い替えの連続で、結果、1000兆円の借金として残っています。

結果は通貨の増刷を同じですが実際には金利が発生しています。
同時に償還が一応は前提ですので金額的に限度が想定されています。
これは既成理論の中では通貨の価値の担保(信用)と言う意味では重要な要素です。

ですので、これくらいの規模の新しい公共事業の増加は、実体経済に限り、特に問題はないと思います。
対価もあるのでインフレに直結するものでもありません。
まあ好景気に伴う資材の高騰は考えられますが。

ところは問題は別にあります。
通貨の増刷で公共事業がやれると言うことが一般的になれば、公共事業で儲けてやろうとする業者が多くなることです。
このためには、その公共事業の発注の形態を厳しく管理しなければなりません。
数量的にも限度がある事を認めさせなければなりません。

実は、論理的、技術的な面よりも、この方が大変なのです。
これができなければ、通貨の増刷はまさしくヘリマネになり、ヘリマネでいわれている悪いところが噴出してきます。

ここは人間性の問題であり、哲学的な領域となります。
どころで人間社会の経済活動が全て自由競争に任されているかと言えば、そうでもないのです。
現在はともかく、電気、水道、電話など公共性を重要視するものは国家管理の下にありました。
麻薬、医薬品などの流通も厳しく統制されていて、人々は、それを受け入れています。

このように人々が納得すれば、経済の面でも国家により統制は受け入れられています。
公共事業も、成果物の統制は容易にできるでしょう。
ですが、その財源的容量規制は、今まではやったことはありません。
従来は税収との関連で人々は受け入れていました。

どのみち、未来社会においては、多くの領域で公共の規制、いい変えれば資本主義の行き着くところを見れは商品の生産までも、ある種の統制が必要な社会となってくると思います。
そのようなものの一旦として、受け入れられるように努力しなければならなく、国家の機能も、この面も重要になってくるでしょう。

具体的になにをやるかと言えば、通貨の増刷規模を厳しく設定することです。
現在、その解釈やら、改正でもめていますが、憲法9条も、そのようなものではないかと思います。

またインフレを防ぐためには、その公共事業の工事費の査定をしっかりと行い、それ以上の発注はしないことです。
その事業は、もともと雇用の確保が目的であるので、それで業者が受けないのであれば、個人責任として捨てておけば良いだけです。
無理に発注することはありません。

現在の公共事業の発注金額の査定は、いい加減なものなので、これも改善の必要はありますが、こんなことは事務的なことで問題にはなりません。

もう一方の懸念もあります。
それは、日本だけが、通貨の増刷を行っていることに対する対外的な問題です。
問題と言っても、それは国債を海外で処理するとか、為替の相場の問題でしょう。

通貨増刷は借入としないので国家財源が赤字になり、そのために信用が失墜することはないでしょう。
要するに為替における価値観の問題となると思います。

実態経済、実態取引は、商品、サービスの媒体としてあるのですから、国内でインフレが起きない限り問題はないと思います。
逆に考えれば、それでインフレが起きるようなら通貨の増刷をコントロールすれば良いのです。

ですが、

デリバティブとか投機マネーを運用する連中は、日本の国が安定することこそ望んでいないので、猛然と異を唱えてくるでしょう。

問題は、国内における通貨の増刷の効用が何であれ、それを望まない勢力があり、実際の貿易などで障害が生じることです。
これが厄介なのですが、日本の場合、貿易がGDPにしめる割合は10%強なのです。
資源確保の問題は、この比率の事にしてはいられませんが、これも日本に確かな生産技術、魅力的な商品があれば、致命的な問題とすることはないでしょう。

このような訳で、理屈において年間30兆円の公共事業のための通貨の増刷は十分に検討の価値がある事と思います。

次は、それで、どの程度の成果が見込まれるか見てみましょう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存