ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2308] 国家観とは
日時: 2015/10/15 10:49
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:.r223Az6

掲示板のトラブルが続いています。
今回のことで、管理人さんとメールを交換しました。
今回は随分と苦戦されていますが、糾弾サイトに対する想いは依然、衰えてはおられないようです。
気分直しに、新しい話題を立ち上げます。


「一体、日本人は自国をどの様に捉えているのだろうか」

これは糾弾トップの管理人さんの言葉です。
改めて、私たちは、どのような国家観をもっているのか検証して見たいと思います。
物理的に言えば、国家とは、国境線で区切られた領土に成立する政治組織で、地域に居住する人々に対して統治機構を備えるものである。
と言う事になり、形態として、独裁国家、民主主義国家、あるいは夜警国家、福祉国家と言う表現があります。
ところで、国家観と言った場合、その識別とは別の意味も生じてくるのではないでしょうか。
要するに、どのような国でありたいと希望する国民の総意と言うものでしょう。
もちろん、現代の日本の国の形が、国民が望んだ結果の民主主義福祉国家であることは間違いありません。
その国家観と言うものを別の方面から見てみましょう。
革命と言う言葉、事象があります。

その革命時において、国民は自ら選ぶ国家の形に強い要望をもっているものです。
ところが社会が落ち着くと、国民は国家の有り様にあまり関心を持たず、自然と希望が実現されていると思い込みます。
何時も、何時も革命時のような緊張はありえず、全体には、それで良いかと思いますが、時が過ぎると共に、各々の機構の中に退廃が生じ不正が横行するものです。

それは具体的には、官僚組織の腐敗、利権政治の横行、経済的強者の横暴などの形で現れてきます。
それも、ある程度は人間社会の宿命のようなものでしょう。
ですが、度が過ぎれば、国家は最初に国民が望んだ国家とは異なる展開をしてきます。
民主主義国家の場合、こうした場合は選挙によって国民の意思で矯正することになっています。
ところが、現代社会において、国民が望んだ国家の形を歪なものとしている原因に、官僚、政治屋、独占企業家の存在の上に、市場主義経済のシステムと言う妖怪が君臨している問題があります。
言い換えれば、国家をより意識しなければならないのですが、経済を中心とするグローバル化は、国家の概念・枠組をも、あやふやなものとしてしまっています。

国家は、国民の望み以外の要素によって展開しているのです。
民主主義の概念の大きな要素は、各人の権利の確保であり、国家の有り様は、個人の権利が保証されていれば問題はないのです。
また民主主義は多数決という要素も含んでいます。
多数決の意味は、過半数の人々が満足していれば、当面は国家の有り様に異議を持たないのです。
要するに、現実以外の要素を検証することはなく、将来を見越したり、国家自体の有り様についての検証はしないのです。
逆に言えば、官僚の腐敗、政治の堕落、市場主義の妖怪の暗躍も、民主主義的に過半数の国民が異議を唱えない限り容認されるのです。
それが民主主義国家の形であり、半分は悪を容認し、過半数の国民が異議を唱えないかぎり、現状維持で続いて行くのです。
それが民主主義で、我々が望む形でもあり、また、過去の独裁国家に比べて、遺棄すべき形態とも言えないでしょう。
ですが、何か腑に落ちないものがあります。
少なくとも現在の民主主義は、必ずしも理想の形ではないのです。

この認識の上に立って、国民は何を考えれば良いのでしょう。
民主主義国家となって半世紀以上、国民は現状に満足し、国家の有り様を深く考える事をしなくなりました。
国民の理想の追求を手控えするようになりました。
その分、国家の運営に従事する官僚、政治屋共は、己らの使命、国民のために国家は、どのようにあらねばならないかと言う事について怠惰を決め込む事になります。
特に、日本の様に善良な国民精神がある国では、言い換えれば、お上意識が強く国家を無条件で信頼する我が国では国家に対する批判意識が希薄であります。
国家観が希薄とも言えます。

国民に国家観が希薄なので、官僚、政治屋共は、それに便乗し、またTPPの交渉等に見られる様に、本当の国民の立場を省みることなく、一部の企業のために、グローバル化を目指す世界企業のために門戸を広げる結果となっています。
安全保障の問題でも、真に我が国の安全保障を論じることなくアメリカ従属の安全保障に走ります。
考えて見ますと、100億に近い人間が、異なった自然環境、宗教の下に均一の価値観でまとめられるはずはないのです。
未来社会の話は別にして、当面は、地域単位、言えば国家単位の考えかたを持たねば、その国民が望む国家の形を維持していけないのではありませんか。

このように言いますと、多くの人は民族主義、国粋主義を想定されるでしょう。
歴史には、確かに、そのようなものがあり、それは現代社会では必要ではないものとなっていると思います。
ですが、国民が国家という枠組みを重要視しないと、現実のような事が起きるのです。
繰り返し、言います。
国家と言う枠組みを重要視すると言うことは、民族主義に凝り固まれというのではありません。
安全保障の問題や、TPPの問題に具体的に意見を言えと言っている訳ではありません。
専門的な分野の決断は専門家に任せば良いのですが、そうかと言って、国家の有り様に無関心では駄目だと言うことです。

冒頭に掲げた、管理人さんの言葉、

>「一体、日本人は自国をどの様に捉えているのだろうか」

これは、この言葉通りに受け止めれば良いのではないかと思います。
民主主義の時代と言っても、国家は必要であり、国家の有り様が国民の有り様を支配しているのです。
国民が国家の必要性を認識し国家観を強く持つことが、政治を糾し、行政を糺す事につながる事になります。
現代社会は、欠落した民主主義の概念を余りにも強く持つために、国家観を希薄にしているのではないでしょうか。
そのために、国家の横暴を招き、官僚の腐敗、マスメディアの退廃を招いていると思います。

選挙があると言っても、それは形だけのこと。
選挙に対する無関心もあり、結局は制度的には整っているとしても、実際は邪悪な勢力に、過半数の原理を上手く利用される結果となっているのでしょう。
さて、国家観とは、如何なるものでしょうね。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

合同墓 ( No.29 )
日時: 2018/02/22 13:51
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:YvvMnI7o

最近、合同墓と言うものがあると解った。

墓と言えば、自然葬と言って遺骨を海とか山に撒く事もある様だ。

墓と言うものは、実際に管理する家族にとっては、そりゃ厄介なもの。

都会に住む人にとっては墓地を所有するのは経済的にも大変で、

納骨堂と言って、ローッカー式の墓もすでに多くあると聞く。

ここまでは、形は何であれ、墓は個人または家族単位で考えられてきた。

合同墓と言うのは、そうではなくて、遺骨を多くの他人と一緒に納骨すると言う。

代表的なものに、地本願寺の合同墓がある。

https://tsukijihongwanji-lounge.jp/top/goudoubo.html

ここは1万人の合同墓であるそうだ。

実際は、こうでもしなければ、東京圏のような3000万人もの人口集中地で墓など持つことは出来ない。

田舎に住んでいると気が付かない深刻な問題ではある。

止むを得ないこととは解っていても、このスレッドの課題である、国家意識、家族意識と言う所属意識がだんだんと薄れていくことに危惧をかんじる。

民主主義的な考え方では合理的である事は間違いないが、その民主主義と言う考え方が万能であるか、無いかまで考える。


ついでに世界のお墓事情を添付します。

フランス
キリスト教の教義には、死んだ者は復活して天国へ行けるという思想があります。
そのため肉体を燃やすことはタブーであり、1963年まで火葬は禁止されていました。
カトリック教徒が90%を占めるフランスでも、そのため土葬が一般的です。
地下室のような構造の大型のお墓には、棚に棺が置かれるようになっており、2〜4人ほど入ることができるそうです。

しかし近年は宗教にとらわれない人や経済的な理由、土地不足などから火葬にする人も増えてきており、1989年には5%ほどしかなかった火葬率が、現在パリでは40%にまで上昇しているそうです。

また、フランスに限らずヨーロッパには観光スポットとなっている墓地がたくさんあります。
パリにあるモンパルナス墓地やモンマルトル墓地には、サルトルやヴォードレール、セルジュ・ゲンスブール、スタンダール、フランソワ・トリュフォーといった数々の著名人が眠っており、世界中の観光客が足を運んでいます。

ドイツ
ドイツのお墓は先祖代々のものではなく、基本的に個人のものです。
20〜30年ほどの墓地使用料を払い埋葬し、期間中に遺体が土に還ると、使用期限後はまた新しい故人が埋葬されるようになっています。
お墓の周りには色とりどりの花やグリーンがガーデニングのように植えられています。

スペイン
スペインには2つのタイプのお墓があります。
ひとつは日本人にも馴染みのある、穴に埋葬して墓標を置くタイプ。
もうひとつは壁タイプのお墓です。
地上に棺の大きさの穴が開いた壁があり、それぞれの穴にひとつずつ棺を納め、蓋をします。
土地に余裕のない都市部で多く見られるようです。

ルーマニア
「世界一陽気な墓」で有名なルーマニアのサプンツァ村。
墓碑には、故人の生前の職業や趣味、死因などがカラフルに描かれています。
木彫り職人だったパトラッシュ氏によって1935年より始められ、現在は世界中から毎年3万人もの観光客が訪れるスポットとなっているそうです。

グアテマラ
明るくポップなカラーの家型や箪笥型などさまざまな形が立ち並ぶのは、グアテマラの墓地です。
グアテマラでは、あの世は幸せな場所という考えがあり、遺族は故人の好きだった色などでお墓をペイントします。

「死者の日」である11月1日には、人々はお墓に集まって故人を偲んで宴会をし、凧揚げをする風習があります。
天国にいる故人へメッセージを届けるためとも、死者の霊が凧に乗ってくるとも言われています。

ペルー
ペルーの都市部ではこのような団地タイプのお墓が多く見られます。
土葬が一般的なペルーでは、火葬する場合には完全に自然死だということを証明しなければならず、煩雑な手続きがたくさん必要になるそうです。
高温で焼くペルーの火葬では遺骨も灰になってしまい、後から事件性が出てきた場合に再調査ができないというのが理由なんだとか。
実際にお墓を開いて再調査し、解決した事件もあったそうです。

韓国
土葬が一般的な韓国では、故人を穴の中に埋葬した後に、土を丸く盛った伝統的な土饅頭型のお墓を建てます。
風水で選ばれた場所に肉親のお墓を建てると子孫が繁栄すると考えられており、一族を埋葬するために山をひとつ買うといったこともあるそうです。

儒教を重んじる韓国では火葬はタブーと考えられています。
しかし日本と同じく核家族化や高齢化、深刻な土地不足に悩む近年、国が火葬を推奨するようになり、特に都市部では火葬率も増加傾向にあるそうです。
それに伴い、お墓も伝統的な土饅頭型から納骨堂や樹木葬などへと変化が見られてきています。

台湾
台湾の伝統的なお墓はとても大きくてカラフル。
遠くからだと、山の中腹にまるで家が並んでるかのように見えます。
「お墓というのは死者の家である」という考えから、このような形になったそうです。

台湾ではお墓参りは年に1回、清明節の日に行きます。
お墓参りの際には、ゆで卵の殻を地面に撒く習慣があります。
鳥が卵から生まれるように、お墓に眠るご先祖様がいたから自分たちが生まれたのだと、祖先への思いを表しているそうです。

インド
ヒンドゥー教徒が多くを占めるインドでは、火によって死者の魂が解放され神の元へ行くとされており、火葬はとても重要な儀式です。
火葬後、遺骨はガンジス川に流されます。そのため、インド人はお墓を持ちません。
この世に執着を残さないようすべてを焼き、罪を洗い流し、聖なるガンジス川と一体化することで、悟りの境地へと達することができると考えられているのです。

ヨーロッパのお墓事情
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存