ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[25] 食料鎖国論
日時: 2013/11/24 21:58
名前: 天の橋立の愚痴人間 ID:6qIgZj7M

食料鎖国論の目的は食料の自給率を確保することではありません。
グローバル化に取り残されたり、生産技術の発達で職場をなくする人たちの受け皿として農業、漁業を確保すると言うものです。

ですから自民党の言うように、農業を大規模化することで食料自給率を上げるのではなく、出来るだけ多くの人が従事できる環境を整えることです。

でも実際には農地の問題や、農業がそんなに甘くはない仕事と言うことです。
そこで考えたのが国営農地の開発です。

鉄筋コンクリート製の農地を全国に作ります。
其処には灌漑設備も、関連の倉庫、その他の施設を作ります。
農機具類は共同で仕えるようにしておき、ところに拠ってはビニールハウスの機能も持たせます。

施設さえ整えば、水耕栽培やいろんな新しい農業が出てきます。
最近では、LED照明の色を組み合わせて作る野菜工場もあるようです。

農作業の集約化と技術開発により、アメリカでやっているような飛行機で種を撒く農業に対抗しようと言うのです。

そうして、食料自給だけでなく、品質の良い食料を輸出することも視野に入れてもよいのではありませんか。


でも実際は言うが易く、実行するのは至難の技です。

こう言う農地を格安で農業を目指す人々に賃貸するようにします。
ところで、そのための経費の試算ですが、これが成立しません。

現在、日本では1町歩(約10000u)の農地を持つことが一人前となっています。
一人で耕作するにも適当かと思います。

その農地をせめて年間50万円くらいて賃貸したいのですが、10000uの鉄筋コンクリート製の農地を作るのに最低でも5億円はかかると思います。
無利子で償還するとしても、単純計算で1000年かかってしまいます。
せめて200年で償還する計画を立てねばなりません。

そうかと言って年間の賃料が250万円では、それに見合う売り上げなど、どのように考えても不可能です。

米作を全てとすれば、8俵×20000×10(反=1000u)が相場で160万円にしかなりません。
米作は半年のことですので畑も併用しても予想される収穫はどんなに頑張っても300〜400万円くらいでしょう。

農業で楽な生活は出来ないことは解っているといっても、これでは食べては行けません。
最初の予定通り、年間の賃貸料は50万円くらいにしなければなりません。

さあ、
どうすれば、良いでしょう。

断っておきますが、私は回答を持ってはいません。
何かアイデアはないものでしょうか。
この条件がスタートなのです。

ですが、決して夢物語ではないのです。

国家が100年かけて取り組む大切なテーマではありませんか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

鎖国論の紹介 A-1 ( No.25 )
日時: 2013/11/24 21:24
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:6qIgZj7M

次に紹介しますのは、高井氏の鎖国論です。
高井氏の鎖国論は、食料と言う一分野の事ではなく、鎖国と言う言葉を、実際に鎖国すると言う意味では使っておられません。
グローバル化の名の下に世界中が均一化した競争に陥っていることに疑問を呈しておられます。
日本には、元来、日本独自の文化があり、其れに根ついた生産、商品と言うものがあった。
そういうものの中で、より優れたものを見直し、発展させて行くことでグローバル化に対峙する事が出来るのではないかと、言う意味で鎖国と言う概念を使っておられるようです。
私の言う鎖国のことと、少し異なる面もありますが、グローバル化に対峙すると言う意味で共通する考えもあります。
何はともあれ、氏の鎖国論も一見の値打ちがあります。
以下、少し長くなりますが紹介します。

https://leadershipinsight.jp/member/2010/07/post_197.html
Leadership Insights / 高井 正美

東京大学工学部計数工学科卒業後、三菱重工業入社。90年、スタンフォード大学航空宇宙工学科博士課程(Ph.D.取得)卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。日本AT&Tマルチメディア事業部長を経て、95年エシェロン・ジャパンに入社。代表取締役副社長として知的分散制御ネットワークLONWORKSの日本市場における事業を統括。
2002年株式会社インヴィニオ(http://www.invenio.jp/)取締役就任。

・・・

確か中学生の頃、「日本は天然資源が乏しい。だから輸出で一生懸命に外貨を稼いで、石油、石炭、天然ガス、鉄鉱石など生活に必要な様々な資源を外国から輸入する必要がある」と学校で習った記憶があります。ところが統計局ホームページの貿易統計データ(2008年度版)を見ると、日本の貿易依存度(=輸出入額のGDPに対する割合)は輸出、輸入がそれぞれ16.1%、15.6%で、いずれも16%程度に過ぎません。16%という数字がいかに低いかは、諸外国の貿易依存度の数字と比べてみれば一目瞭然です。

輸出依存度 輸入依存度
韓国 : 45.40% 46.80%
ドイツ : 39.90% 32.70%
カナダ : 29.90% 27.00%
イタリア : 23.70% 24.10%
フランス : 21.10% 24.60%
イギリス : 17.10% 23.60%
アメリカ : 9.10% 15.20%


中国、インド、ブラジルなどの新興国市場において、このところ飛ぶ鳥を落とす勢いで急速にシェアを伸ばしているサムソンやLGなどの韓国企業。今や先進国の一角を占めたと言える韓国は、際立って貿易依存度が高い国であることが分ります。さらにドイツ、カナダ、イタリア、フランス、イギリスのいずれも、日本より貿易依存度が高いという事実が目を引きます。先進7カ国中で日本より貿易依存度が低いのは唯一アメリカだけです。

日本の数字が低いのはあくまで見かけ上であって、実態としての貿易依存度はもっと高いはずという反論もあります。たとえば輸出依存度には、自動車会社や家電メーカなどが作った最終製品の輸出額はカウントされますが、部品や材料を供給する下請け企業の売上は含まれません。つまり「輸出関連企業全体でみれば、実態としての輸出依存度はもっと高い」というのが反論の趣旨です。しかしながら、他国の輸出依存度も同じ計算式で弾いた数字であることを考えれば、日本の輸出依存度が相対的に低いという結論は覆らないでしょう。さらに輸入依存度については、下請け企業うんぬんの議論はそもそも当てはまらないので、輸入依存度が先進国中最低水準にあることはまぎれもない事実と考えられます。

さてここで皆さんと一緒に考えてみたいのは、日本の社会がこの先豊かさと活力を保っていくために、一体何をどうしなければならないのかという点についてです。

国全体の経済力を測る尺度としては、通常GDP(国内総生産)が用いられます。日本は長年に亘りアメリカに次いで世界第2位の座を占めていましたが、2009年度の名目GDP(米ドルベース)で見ると

第1位:アメリカ 14兆2,563億ドル
第2位:日本 5兆681億ドル
第3位:中国 4兆9,090億ドル

という状況で、日本は経済規模で完全に中国に並ばれました(2010年度には、日本は中国に第2位の座を明け渡すことがほぼ確実です)。さらに国民一人当たりGDP(米ドルベース)で見ると、事態はもっと深刻です。なんと2000年度の時点では、日本は世界第3位の座に君臨していました。ところが2009年度の数字で比較すると、日本は39,731ドルで世界第17位にまで落ちこんでいます。ちなみに世界第1位はルクセンブルグの104,512ドル(日本の2倍以上)で、2位はノルウェーの79,085ドル(日本の約2倍)。アメリカ(9位)、フランス(15位)、ドイツ(16位)のいずれも日本よりは上位にランクされています。バブル経済が崩壊した年である1990年から2000年までの10年間を、一頃よく「失われた10年」と称していましたが、国民一人当たりGDPで見る限り、失われたのはむしろ2000年以降の10年だったということになります。「諸外国と比較して日本は豊かな国」とは、もはや言い難い状況です。

(続く)
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存