ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[25] 食料鎖国論
日時: 2013/11/24 21:58
名前: 天の橋立の愚痴人間 ID:6qIgZj7M

食料鎖国論の目的は食料の自給率を確保することではありません。
グローバル化に取り残されたり、生産技術の発達で職場をなくする人たちの受け皿として農業、漁業を確保すると言うものです。

ですから自民党の言うように、農業を大規模化することで食料自給率を上げるのではなく、出来るだけ多くの人が従事できる環境を整えることです。

でも実際には農地の問題や、農業がそんなに甘くはない仕事と言うことです。
そこで考えたのが国営農地の開発です。

鉄筋コンクリート製の農地を全国に作ります。
其処には灌漑設備も、関連の倉庫、その他の施設を作ります。
農機具類は共同で仕えるようにしておき、ところに拠ってはビニールハウスの機能も持たせます。

施設さえ整えば、水耕栽培やいろんな新しい農業が出てきます。
最近では、LED照明の色を組み合わせて作る野菜工場もあるようです。

農作業の集約化と技術開発により、アメリカでやっているような飛行機で種を撒く農業に対抗しようと言うのです。

そうして、食料自給だけでなく、品質の良い食料を輸出することも視野に入れてもよいのではありませんか。


でも実際は言うが易く、実行するのは至難の技です。

こう言う農地を格安で農業を目指す人々に賃貸するようにします。
ところで、そのための経費の試算ですが、これが成立しません。

現在、日本では1町歩(約10000u)の農地を持つことが一人前となっています。
一人で耕作するにも適当かと思います。

その農地をせめて年間50万円くらいて賃貸したいのですが、10000uの鉄筋コンクリート製の農地を作るのに最低でも5億円はかかると思います。
無利子で償還するとしても、単純計算で1000年かかってしまいます。
せめて200年で償還する計画を立てねばなりません。

そうかと言って年間の賃料が250万円では、それに見合う売り上げなど、どのように考えても不可能です。

米作を全てとすれば、8俵×20000×10(反=1000u)が相場で160万円にしかなりません。
米作は半年のことですので畑も併用しても予想される収穫はどんなに頑張っても300〜400万円くらいでしょう。

農業で楽な生活は出来ないことは解っているといっても、これでは食べては行けません。
最初の予定通り、年間の賃貸料は50万円くらいにしなければなりません。

さあ、
どうすれば、良いでしょう。

断っておきますが、私は回答を持ってはいません。
何かアイデアはないものでしょうか。
この条件がスタートなのです。

ですが、決して夢物語ではないのです。

国家が100年かけて取り組む大切なテーマではありませんか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

鎖国論の紹介 A-4 ( No.28 )
日時: 2013/11/24 21:30
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:6qIgZj7M

最近、自動車や家電製品の輸出競争力に翳りが見えはじめたのを何とか別物で埋め合わせようということなのか、民主党政権は日本のインフラ産業を輸出することに大変積極的になっています。原子力発電所や新幹線の技術を、国を挙げて諸外国に売り込もうということで、諸大臣が自ら先頭に立ってトップセールスを繰り広げています。日本の最大の“売り”はもちろん、世界最高水準の安全性や品質です。特に新幹線は、1964年の開業以来一度の人身事故もなく、しかも1日およそ900本という膨大なダイヤを1分と狂わず正確無比に運行し続けています。「正にこの日本品質こそ、国際競争力の源泉となるはずだ」と考えたくなるのはしごく当然です。でもそれはひょっとすると、日本に暮らす私たちゆえのバイアスのかかった見方なのかも知れません。そもそも新幹線の正確無比な運行技術とノウハウは、1分でも列車の到着が遅れると直ちに、「お客様には、お急ぎのところご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません〜」と構内アナウンスが流れる、日本ならではのスーパー生真面目な鉄道文化の産物です。ところが海外で鉄道旅行をしたことがある方ならご存知ですが、ヨーロッパやアメリカでは列車の発着時刻が遅れるなんて日常茶飯事です。それも数分どころではなく、時には数十分も遅れます。それでも遅延を詫びる構内アナウンスが流れることは滅多にありません。日本の鉄道文化という文脈の中でこそ、ストイックなまでの新幹線の正確さは顧客価値となりえますが、果たして遅延に馴れきった欧米人には、どこまでそのストイシズムは評価されるのでしょうか?

日本の鉄道文化の特異性は、携帯電話のガラパゴス化とも一脈通ずるものを感じます。前回のコラムでも触れた通り、日本のケータイはメールやWeb閲覧機能を備えたインテリジェントモバイル端末の先駆けであったにも関わらず、スマートフォンの代名詞としての座を結局アップルのiPhoneに譲り渡すはめになりました。日本の通信方式が欧州標準のGSMと異なっていたことなど、技術面でのハンディももちろんありましたが、日本のケータイ文化誕生に纏わる特殊性がその原因の一つかも知れません。20年ほど前に大流行したポケベル(ポケットベル)の時もそうでしたが、日本の場合子供のお小遣いが潤沢なためか、ハイテク商品がティーンエージャーから普及していく現象がしばしば見られます。ケータイの場合には、その狭小な文字盤上を電光石火のごとく親指を上下左右に移動させてメールを打つ女子中高生(当時は“親指族”と呼ばれていました)がマスコミの注目を集め、ケータイ普及の強力な推進役となりました。パソコンの大きなキーボードを両手で操作することに慣れていた私は、どうしても親指族の仲間入りが果たせず、女子高生たちの離れ業を唖然として眺めていた記憶があります。しかし正にこの女子高生たちの離れ業こそ、日本のケータイがスマートフォンの世界標準の座を射止める上でボトルネックになった可能性があります。私より一回りも太い親指の持ち主である欧米人の目には、日本のケータイは「大人には無縁な、単なる子供のオモチャ」と映ったのかも知れません。

新幹線やケータイの事例を通じて私が感じるのは、日本製品の価値は背景を成す日本文化と不可分であり、文化とセットにしない限りその真髄は伝わらないのではないかという事です。つまりハード(=日本製品)だけをソフト(=日本文化)と切り離して売ろうとしても無理があり、ソフトと一体で売り込む必要性があるということです。であれば、日本の文化や日本人の価値観を、海外の人々に深く理解し共感してもらうにはどうすべきか?それにはやはり、実際に日本を訪ねてもらい、五感全てで日本を感じ取ってもらうのが一番でしょう。つまり、日本文化の魅力に一層磨きを掛けながら、日本への外国人訪問者を地道に増やしていくことが、日本製品&サービスのグローバル市場における価値競争力を高める正攻法ということになるはずです。

実は最近日本政府は「Visit Japanキャンペーン」と銘打って、訪日外国人旅行者数を大幅に増やす取り組みを始めています。現在年間およそ800万人の旅行者を、2013年に1500万人、2016年には2000万人と段階的に引き上げ、将来的に3000万人にまでもっていこうという野心的なプログラムです。政府がVisit Japanに力を入れる背景には、日本を訪れる外国人旅行者数が諸外国と比べて少ないことがあります。外国人旅行者受け入れ数の国際比較データ(2008年)を見ると、世界一外国からの旅行者が多いのはフランスで、年間約7500万人にも達します。フランスに比べると日本を訪れる外国人は10分の1程度に過ぎません。世界中の人々を惹きつけて止まないフランスの魅力とは、一体どこにあるのでしょうか?

その秘密を突き止めるべく、今年のお盆休みを利用して1週間ほどフランスを訪ねてみました。そして改めて、フランスの擁する文化遺産の奥行きに驚嘆しました。中でもパリはまるで街全体が博物館のようで、ノートルダム大聖堂、マドレーヌ教会、凱旋門、オベリスク(コンコルド広場)、ルーブル/オルセー/オランジェリーの三大美術館、オペラ座ガルニエ、エッフェル塔など、中世、ルネッサンス、近代の各時代に立てられた数々の歴史的建築物が市内至るところに見事に保存され、そこを訪れる観光客に、フランス革命とナポレオン統治時代を含むドラマチックなフランスの歴史的変遷を仮想体験させてくれます。これはつまり、フランスの価値競争力の源泉がフローではなくストックにあり、さらに言えばストックをベースとして生み出されるQualia(クオリア=脳の主観的体験としての質感)にあるということです(クオリアの詳細については、拙著コラム「マーケティングにおける『Qの進化論』」などをご覧頂けると幸いです)。

国の経済力や競争力、国民の豊かさを考える時、私たちはすぐにGDP(Gross Domestic Product)に代表されるフロー指標に目が行きがちです。しかしフロー指標に注目する限り、少子化と高齢化で生産年齢人口が減少し続ける日本が、若年人口の増加著しい新興国と互角に勝負するのは基本的に無理があります。ところがストックとそれが生み出すクオリアに目を転じるならば、日本の競争力ポテンシャルは無限大と言ってもよいくらいです。2000年以上に亘る懐深い歴史と文化、京都や奈良を筆頭に全国各地に残る文化遺産、地方に広がる風光明媚な自然環境、身心を癒やしてくれる温泉やヘルシーで繊細な和食、おもてなしの心溢れる日本の接客文化など、日本には上質なクオリアが満ち満ちています。GDPではなくGDQ(Gross Domestic Qualia)という新経済指標をもし定義できるならば、日本はGDQで世界一を狙える位置に間違いなくいるはずです。

日本が世界に誇る伝統文化のかなりの部分(俳句、園芸、近世邦楽、文楽、歌舞伎、浮世絵、根付、日本料理、和菓子、陶磁器、漆芸、服飾など)は、鎖国時代に生まれ、あるいは発展、確立したものと言われます(Wikipedia「鎖国」より引用)。

新鎖国論が示唆するのは、日本の価値競争力を抜本的に高める上で、鎖国時代に見られたような、日本文化の深耕と再構築に今こそ真剣に取り組むべきではないかということです。

(終わり)
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存