ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.231 )
日時: 2010/02/04 11:17
名前: 満天下有人

「検察のやり方はこのままで良いのか」B

・・・再度申すがキャンベル国務次官補は、旧ネオコンブッシュ政権で無く、「現在の」米政府高官である・・・キャンベル国務次官補が手を焼いているのが、ネオコンブッシュ政権で東アジア上級部長を務めていたマイケルグリーンだと言われている、加えて現米国防長官は、元CIA長官でブッシュ政権で国防長官であったのに、オバマ民主党政権で同じ国防長官に横滑りしている、これがマイケルグリーンの背後に座っている・・・

この共和党系米国防省の力をバックに、グリーンは、国務省などにはお構いなく、日本米軍基地に根強い組織を持って政治謀略にまで手を出し、正式外交を混乱させ、現在の米外交関係者を困惑させている・・・

日本民主党内事情に詳しい者によると、このグリーンの配下にいるのが、自民党時代に七奉行と言われ、小沢と同じ釜のメシを食った長老・元衆院副議長の渡辺恒三の息子・恒雄である・・・小泉ジュニア・進次郎もこのマイケルグリーンの門下生である・・・

マイケルグリーンは、ブッシュ政権で国防省アジア部局特別補佐官を務めたネオコン軍事戦略のブレインであり、ロックフエラーが牛耳り米外交政策を事実上決定する米外交評議会上席の地位にありかつ、05年には別途、戦略国際問題研究所・CSISの特別顧問についている・・・安倍普三などは実懇の間柄で、このグリーンに洗脳された一人であろう・・・渡辺恒三の息子恒雄や小泉ジュニア・進次郎などはこのCSISでグリーンに教えられた者たちである・・・

(・・・教えられたと言えば、現役時代にハーヴァードなどに留学させてもらった同僚数人が居たが、彼らに感想を聞くと、何だかさっぱり分からなかったという本音を言うものが大部分であった(笑)・・・インドや中国から留学した者には、学習させてもらったことを逆手にとって国益を考える者が多いのに、留学するわが国の連中は、相手の戦略をそのままに受け入れて相手の国益に手を貸すメクラが、何故多いのか・・・学習したことをベースにわが国独自の戦略を編み出す話は、ほとんど聞かない・・・)

「七奉行」という表現は、小沢も渡辺恒三も含む旧自民竹下派時代の有力政治家のことであるが、記憶のある方は、この民主党長老・渡辺恒三が昨年12月、小沢が中国訪問留守中に赤坂で、仙石、前原、岡田、枝野、野田、玄葉(衆院財政金融委員長)、樽床(衆院環境委員長)を集め、民主党七奉行が揃ったと渡辺が悦に入っていたことを、覚えている方も居られよう・・・

この面々全員が、ずっと反小沢であることは説明するまでもない・・・小沢と渡辺恒三は自民党時代の七奉行の間柄であり、いつから反目しあう仲になったのかは良く知らないが、現実は渡辺が反小沢面々を束ねているのは事実である・・・

・・・推測するにどうも、息子の渡辺恒雄が米マイケルグリーンの教え子になり、CSIS研究所に籍を置かせてもらっている子供可愛さに、グリーンの戦略に乗ってしまったのかも知れない・・・大手紙政治部記者による会議にこの息子がグリーン及び防衛省政務官の長島昭久議員(基地のある立川、横田の選出議員で、一貫して鳩山首相は米軍事戦略に従うべしとの論者)と共に出席しているらしい、事実なら、最近TVマスコミなどに良く出る耄碌オヤジ、恒三の行動と併せ、どうも米宣撫工作戦略組織から日本マスコミにかなりの支援金が出ているのではいか、そんな邪推もあながち荒唐無稽ではないように思える・・・。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存