ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

普天間問題は大詰めを迎えている ( No.457 )
日時: 2010/05/11 07:55
名前: 阿房の長命 ID:9dvv7bm.

普天間問題はいよいよ大詰めを迎えている
すみっち通信より転載
http://sumichi7878.cocolog-nifty.com/blog/

「普天間飛行場は閉鎖、そして代替施設も作らない。ただし、条件が1つ。グアム移転費をすべて肩代わりしてほしい」。こう示された提示内容を出発点に、日米両政府が水面下で協議を進めてきた普天間問題がいよいよ大詰めを迎えている。

「え?問題はおカネではなくて代替移設地をどこにするかでしょ?」と疑問に思う人も多いだろう。しかし、実はそうではないのである。

裏付ける資料はいろいろあるが、ここで紹介したいのが米国防予算削減の一環として2回にわたってその詳細を発表したゲーツ米国防長官の演説だ。

イラクとアフガンという2つの終わらない戦争を抱える米国が、軍事費の膨張に歯止めをかけるためには、まず冷戦時代の思考から脱却し、思い切った戦略の方向転換をすべきだと主張するゲーツ長官は、まず3日の講演で、時代遅れなうえに維持費ばかり莫大な原子力空母を思い切って削減し、その代用として長距離攻撃が可能な新兵器を開発することで、世界各地の米軍基地への依存度を縮小化させていくという方針を表明したのである。

軍需産業の悲鳴が聞こえてきそうな3日の演説に続いて8日、さらにゲーツ長官は大胆な官僚リストラ政策も発表。これを受け、ワシントンは蜂の巣をつついたような騒ぎとなってしまっている。

今後、保守派と官僚を相手に米政権内でも激しい攻防戦が展開されていくであろうことは容易に想像できるが、こうした受難を覚悟のうえで、核軍縮を推し進めるオバマの構想と連動する形で、見えない敵に振り回されるのを止め、冷静さを取り戻せと促すゲーツ長官の勇気は、おおいに賞賛されるべきだろう。

こうした米軍事戦略の変化は日本にどんな影響を与えうるのか。

「世界各地の米軍基地への依存度の縮小化を図っていく」という発言を正確に捉えるうえで、まず押さえなければならないことは、「抑止力」という概念に対する大きな変化だ。


ゲーツ長官は3日の講演で、「米海軍の対艦ミサイルやステルス潜水艦が新兵器に攻撃される可能性がある。冷戦時代は終わったのだ。米海軍はこれ以上経費のかかる空母や潜水艦に依存せず、新兵器の開発で対抗すべきではないか」と疑問を呈したうえで、「長距離を狙う無人機や無人水中艇を開発すれば、少ない軍事拠点数で即応性の高い戦略展開が可能になる。結果として世界各地の米軍基地への依存度の縮小につながる」と指摘。「複数の艦隊を持っている国は米国以外にないのに、なぜ米国だけが11もの空母を維持する必要があるのか。本当に必要なものなのか。テロの脅威にふりまわされることなく冷戦時代の軍事計画を縮小させ、現実的な脅威に対応する方針へとシフトするべきだ」という論調で、削減すべきものと開発すべきものを具体的に示しながら、新戦略計画の青写真を説明した。


ここでゲーツ長官がいっている大きなポイントとは、今後は「テロの脅威」という想定に基づくのではなく、「現実的な敵」に焦点を絞りながら軍事力配備をしていくという点だろう。

では、米国にとって「現実的な敵」とは誰か。

イランというのは間違いないだろう。では、中国はどうか。

一昔前なら、答えはイエスだろう。しかし、巨大赤字を抱えた米国の国債を中国がすべて放出してしまえば、米国はたちまち破産してしまう状況となった今、米有識者のなかには、アメと鞭を外交の基本としてきた米国は、中国に対してはもはや鞭を失ってしまっており、強硬な態度を維持するかたわらで米中同盟の可能性を模索している実情などを考慮した場合、中国に対して軍事力を行使するというのはありないシナリオだ、という見方が定着している。

中国の脅威論は別の機会に譲るとして、中国が米国の敵ではないと仮定した場合、そうしたシナリオに基づいてこれまで維持されてきた米軍基地というものは、ゲーツ長官の理論でいえば、明らかな「縮小化の対象」ということになり、よって普天間は「不要な基地」ということになるのである。

前置きが長くなってしまったが、ここで普天間問題の現状を確認してみたい。

まず押さえておかなければならないのは、普天間にいる米兵の数だ。報道する媒体や引用する資料によってさまざまなようだが、イラクとアフガンという戦争が続いているなか、戦地への派兵計画によって各拠点の実数というのは絶えず変動しているわけだから、ロードマップで示された数字はあくまでも立案された時点のもので、現在とずれがある、という認識が必要だ。


米国防総省の最新データによると、現在、普天間にいるのは約1万人で、そのうち半数はイラクとアフガンに遠征している。戦地へ経由するために必要な拠点は嘉手納基地のみで、普天間は不要だ。よって、兵士の数、そして機能性ともに普天間は不要な存在となり、グアム移転が完了すれば維持も不要だということがわかる。部隊が不在なわけだから、代替施設ももちろん必要というわけだ。

なんだ、それなら何も問題はないではないか?

その通りである。日本側にしてみれば、アメリカが計画したグアム巨大軍事基地拠点という壮大な計画に基づいて普天間が持っていかれるわけだから、まったく問題はないはずだ。問題を抱えているのは、グアム移転費の捻出にアタマを抱えているアメリカ側なのである。だから、簡単にいえば。普天間の存在理由を示す兵士の数というものは、あくまでも日本側からお金を引き出す上での交渉材料に過ぎないのである。

普天間がなくなれば、沖縄県民の基地負担は確実に軽減される。しかし、米側が提示している条件を飲んでしまえば日本側の負担は倍になる。もし、有り余る予算を持っているなら、カネの切れ目を縁の切れ目とすることで幕引きを図ることはそう難しくはないだろう。

それなら問題は何なのか。
答えを得るには、カネの流れをたどってみることだろう。

アメリカがすでに過去に検討した案を再検討し、沖縄や徳之島を回っては、住民から「基地はいらない!」とノーを突きつけられている鳩山首相。もし鳩山首相が「カネ」だけで普天間の決着を目指しているならば、支持率を下げながら各地を回ったりする必要ない。ならば、なぜ結論を5月末と決めたのかという疑問が残る。

最近、各方面から交渉期限の延長を唱える声が出てきた。実際にそうなった場合、状況が不利になるのはアメリカだ。

普天間問題の最終目的は、代替施設の建設を伴わない永久閉鎖だ。もし、これを達成することができれば、今後の日米軍事同盟を大きく動かせる原動力となる。

例えば、鳩山首相が、「敵をあざむくにはまず身内から」というレトリックのもとに、自らの支持率下落も介することなく最終目標に向かって畳み込みを図っているとしたらどうだろう。

おカネの問題をクリアにするために密約を結ぶのはありえない選択だ。だから、アメリカとの交渉で最も有意に働く「民意」を切り札とするために、鳩山首相は各地を回り、「米軍基地との共存を望まない」という民意を国民に示させ、それを切り札に正当論で米側との交渉に挑もうとコマを進めているのではないか。

ゲーツ長官は演説で示した内容を実行してきたことで知られる人物だ。2つの演説で示された内容は確実に実行されるとみてよいだろう。「新兵器を開発しながら不要なものをすべて取り除き、世界の米軍基地への依存度を縮小する」という彼の言葉は、裏を返せば、普天間の不要性というものは、現在、立案が進められている新戦略計画のなかで示されているのではないだろうか。

アフガン終結と国防予算の削減にアタマを痛めている米国にとって、普天間問題は小さな問題だ。しかし、この時期に米国防長官がそうした発表をしたという事実は、普天間問題における日米間の合意が「あと一歩」という所まで来ていることを示すものではないか。


ハトヤマという男は我々の手の内を熟知している。だからこそ、やりにくい。そう、米政府は手をこまねいているのではないか。少なくとも私の目にはそう映っている。
 
 
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存