ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

官僚マフイアと金融マフイア、どちらが怖いA ( No.537 )
日時: 2010/05/23 11:29
名前: 満天下有人

・・・維新後のわが国の金融体系をどのようなものにするか・・・長州征伐で借金の塊を残した幕府、それにつながる武士階級の食い扶持を維新政府はどうするか・・・そのために編成された金融調査団が明治四年の岩倉具視視察団であった・・・

・・・金融制度にせよ、後に廃藩置県も成されたが、天下改編のコアが攘夷から始まり、後に開国に激変して行く騒乱期・・・志士たちのそれぞれは新しい国家像を持っていたにせよ、まとまったものは無かったように見える・・・つまり青写真なき新国家が生まれ、何にせよ、走りながら考えるか、スペイン人のように走ってしまった後で考えるか・・・

・・・今回の政権交代を無血革命などと言うバカ者もいるが、交代した後で、はて?何をどうすべえかというあり様は、維新のときの走りながら考えようという光景と全く同じではないか・・・いや走ってしまった後で考えようというに等しいかもだ・・・

岩倉視察団は46名、・・・金融システムにせよ、何だかよく分からない、まあ行ってみようじゃないかというような、半ば物見遊山の気分・・・維新が革命であったとするなら、一体,革命の後でどうすべえかなどと外国へお勉強に行く革命国家が、世界のどこにあろうか・・・

今日でも国会先生たちが外国へお勉強に行かれる、その光景は維新時の岩倉視察団から受け継いだ伝統かも知れない・・・維新が革命ではなかったように、今日においてさへ革命にはほど遠いあり様は、民族ゲノムからどう分析すれば、さような光景が出てくるのか、戸惑ってしまう・・・

岩倉視察団団長:岩倉具視(京都公家)、
大蔵卿:大久保利通(薩摩)
工部大輔:伊藤博文(長州)
参議:木戸孝允(長州)

留守役:西郷隆盛(薩摩)、大隈重信(肥前佐賀、下に大蔵副大臣の井上馨、渋沢栄一、陸奥宗光、松方正義国税庁正副長官がいる)、板垣退助、江藤新平、後藤象二郎などなど・・・

・・・視察団は渡航船中で、どうも英米では金融システムが違うらしい、英国は中央集権型銀行制度、アメリカは分権方式型の民間銀行が紙幣を発行しているらしい、さてどっちが良いのか議論するも、何しろ前代未聞のことに挑戦するのだから、議論してもしょうがない、まあ向こうへ着いてからにしよう(笑)・・・結局アメリカ型で行くことになるのだが、そのアメリカのFRBなるものは、ロスチャイルド銀行が主体になって支配している構造は、見抜いていない・・・英イングランド銀行にせよ、ロスチャイルドと米JPモルガンが、欧州でモルガン・グレンフエルとして合体し、ロスチャイルド系のグレンフエルがイングランド銀行を事実上支配していることなど露知らぬことであったろう・・・

・・・「岩倉使節団という冒険」書物によれば、一行はアメリカで200日にも亘る猛烈な歓迎攻めに会ってのぼせ上がってしまい、それがアメリカ型*国法銀行を日本に導入する決定になったと書かれている・・・(*国法銀行=中央銀行のことではなく、国の法律の定めによって設立された民間銀行のこと・・・わが国では、みずほ銀行の前身の第一銀行がそれに該当する)・・・

・・・一行はロンドン視察にも足を伸ばし、英国では怪しげな銀行による怪しげな金融仕組みにコロッと騙されて、持参していた政府大金を失ってしまう、そのため120日も滞在を余儀なくされてしまった・・・合計すると1年近い時間を、新政府中枢の者が革命後の国を留守にしたわけだ・・・

・・・金融システムをアメリカ型に決めてスタートしたのに、では何故途中で英国型の中央銀行型金融システムに変えたのか・・・結局は薩長土肥による権力争いが、そのような短期間での金融制度の変更をもたらしてしまった、と言うほかは無い・・・。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存