ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re:IMFによる我が国財政への助言・・・ ( No.775 )
日時: 2010/07/18 22:04
名前: 満天下有人 ID:T4Kf4.w.

・・・少しタイミングずれになるも、相変わらずバカみたいな助言をしてくれるものだ・・・

米欧発の金融危機が、世界経済をおかしくしてしまったことなど、IMFは何も触れずに結果としての諸国財政改善だけをアドバイスしている・・・金融構造に触れないのは当然である、IMF出資比率は米国が17%で、議決権も17%、属国日本の出資比率は6%強で、米日議決権は合計23%である・・・

更に麻生首相は首相でなくなる直前のG20で、日本は追加10兆円をIMFに拠出すると無責任極まる発言をしていた・・・

・・・いわば基軸通貨ドルの番人そのものであり、ドル横暴による世界経済悪化の原因でもある諸国財政悪化の癌細胞にはメスも入れずに、IMFは対処法だけに口を挟んで来る・・・

さりながらギリシャ問題で財政構造の癌であった全労働人口の25%も占める100万人公務員の3年間の昇給及び賞与支出の凍結、その上で付加価値税4%アップ、24%にする増税案を決定したのは当然のことであった・・・

・・・おかしいのは我が国への助言には官僚構造の是正については何も触れずに、ただ消費税増税、企業減税を求めていることにある・・・特別会計も含む230兆円の巨額予算に占める政府サービス支出が40%にもなっていること、そして我が国の民族気質も含む珍しい経済構造=貯蓄と消費性向など分析もせず、加えてこれまでの対米債権を返してもらえとも言わず、助言措置によって成長路線に戻れるとする単純思考である・・・

・・・第二次大戦後、ブレトンウッズ体制でドルを基軸通貨と定めて以来、何も変えようとせず、10年一日のごとくドル金融資本擁護に走るIMF体質から助言などしてもらう用はない・・・

この助言は財務省、菅首相の発言と全く同じである・・・IMFによる財務省・菅直人誘導なのか、権力維持のために財務省・菅直人によるIMF誘導なのか、それはどちらでも良い、結果は同じことであろう・・・

・・・消費税を14〜22%引き上げで5年間は成長率を0.3%押し下げるが、その後は0.5%押し上げるなどと言う試算には、構造も変えないでは何の根拠もない・・・企業減税、一般増税で一体、成長率をいくら押し上げて来たというのだ、一々数値をあげるまでもなく、0ないしマイナスであろうが・・・

・・・日本の法人税率が国際比較でも高いからというが、我が国独特の「実効税率」、つまり法人事業税の控除や、内部留保に対する税率など勘案すると実際税率はかなり低いはずである・・・何よりも法人減税によって雇用は増えたのか?成長はあったのか?・・・IMFが擁護して来たドル金融が何もかもを壊して来たのではないのか・・・それを棚に上げて消費税増税すれば景気が上向くなどと、寝言を言うのではない・・・学者先生たちも、企業減税が成長に貢献するというなら、処方箋を見せてくれ、御用ばかり伺っているなら学者を辞めろ・・・

・・・我が国民族気質からしても、経済上では将来不安の要素が最も大きく経済を左右する、貯蓄性向が高いのはそのせいなのだ・・・ケガの巧妙とでも言うべきか、日本国債が少なくともこれまでは破綻しなかったのも、そのおかげなのであろうが・・・増税によって景気回復などと、タワケたことを言うでない・・・

・・・しかし、財務省の、そして背後に居るIMFの影武者になった菅直人の思考回路にはあきれてモノも言えず、ただただ口がアングリ開いたままだ・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存