ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(1) ( No.805 )
日時: 2010/07/29 08:19
名前: 満天下有人 メールを送信する

・・・夏になると、よく怪奇伝説などが話題になるものだ、ここでたまたま現実に起こった歴史的に奇妙な、しかし論理を詰めて行くと、犯人の背後に居た者が誰であったか容易に想像できる事件がある・・・

北の国さんが、昔なつかしの(笑・不遜)下山事件について触れておられた・・・

あれは実に奇妙な事件だった・・・敗戦後発足した国鉄、初代下山総裁が昭和24年7月5日、いつもと同じように東京駅前にある国鉄本社に出社される総裁が、その日の朝に限って日本橋三越本店に寄り道してくれと運転手に言いつけ、だがまだ開店前だったので一旦東京駅前の千代田銀行(現三菱銀)に迂回させ、再び三越本店に入ったまま、消息を絶ってしまった・・・
・・・翌深夜、常磐線北千住〜綾瀬の中間点で胴体だけの死体が線路脇で発見され、それが下山総裁であることが断定された・・・

当時まだ中学生だったから、新聞を通じて連日の騒動に目を見張った記憶があり、中身がまだ理解できる年齢でもなかったが、特に生体轢断か死後轢断かの鑑定を巡って、東大法医学教室は死体の検査の結果死後轢断説を取り、一方慶応医学部は生体轢断説を主張して、世の中が二分される騒動となった・・・

前者の説は他殺説、後者は自殺説を呼び起こし、時代がGHQ占領軍下にあって米国が中ソの共産主義国家に対峙し、国内では共産党が国会議席でも大躍進、GHQが国鉄職員10万人の人員整理を要求していたことも重なって、GHQによる謀殺説、いや国労共産党による謀殺だと、続いて国鉄三鷹事件に松川事件もあって世情騒然とした雰囲気だった記憶がある・・・マスコミも二分され、朝日が他殺説、毎日が自殺説を取っていたようだ・・・

・・・三越店内に入った下山総裁を見たとの目撃証言も出、その時数人の男に囲まれていた、その後銀座線でも目撃されており、その時も数人の男に囲まれていたという・・・

轢死胴体から油の付着が発見され、それが車輪レールなどの工業用のものでなく植物性油であることも判明し、それも他殺説の有力な根拠になって行ったが、捜査当局はなぜか、自殺他殺説の明確な断定もせぬまま、原因不明として捜査本部を解散してしまった・・・この植物性油を追っていた刑事もその後他署に転出してしまい、後は朝日の記者が追いかけ、あるいは松本清張が推理小説本を出版するなど、巷間での捜査は継続されたものの、事件は迷宮入りとなってしまった・・・

・・・時代背景が大きな権力闘争の渦の中にあるとき、このような大事件がしばしば起こる・・・戦争においては特にそうである、イラク戦、それに続く9:11事件しかり・・・リンカーン暗殺の時代背景もそうであった・・・

暗殺当日のリンカーンの動きにも謎が多いと言われている・・・1865年4月14日、南北戦争に勝利したリンカーンが凱旋した北軍総司令官・グラント将軍を慰労するために招いた観劇の劇場が、グローバー劇場から突然、フオード劇場に変更され、加えて招待されたグラント将軍が突然、その日になって子供に会わねばならなくなったことを理由に、招待を断ったこと、暗殺現場にいたリンカーン夫人を始め、犯人射殺に関わった者たちが後年みな発狂しているなど、謎が多い暗殺事件なのだが、私がこの事件の本質がどこにあったのか、真の犯人は誰なのかを疑問に思う切っ掛けとなったのは、リンカーンの従者として劇場に随行し、発砲射殺の実行犯であった、チャールズ・フオーブスが発砲の瞬間に叫んだと言われる“南部の恨みだ!”という言葉・・・

・・・南部を解放しようとしていたリンカーンに対するこの言葉に矛盾を感じたものだ・・・南部を解放されて困るのは、誰であったかという疑問であり、謎解きを考える過程で疑問が解ける史実を多々知った・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存