ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

尖閣周辺が時化(しけ)て、浪高し・・・★★★ これが今でも継続中! アジア極東戦争を企てている金融マフィアが株主の軍事産業 ( No.105 )
日時: 2017/06/27 09:58
名前: イントィッション ID:wY24ofVU

日時: 2012/07/28 00:49:12名前: 満天下有人

・・・病の時は、具合悪くなる俗世から離れること肝要なりとのお見舞を頂いても、性分のせいか、クソ内閣どもの言辞が目の隅に止まると、もうだめだ(笑)・・・黙っておれるか!という気分がどうしても頭をもたげて来る・・・

・・・25機のオスプレイ強引搬入のおかげで中国が刺激され、これは日米による尖閣諸島防衛強化が狙いであると反応し始めた・・・

・・・古来、軍事的緊張が高まり、現実に戦争が始る時の経緯は、どれも鶏が先か卵が先かの論争に似て、どちらがどうだったからそれが戦争の原因であったと分析されてしまうことが殆んどだ・・・その陰でいくら戦争回避派が努力しても、時の政府が武闘に傾いて行けば、どのケースでも双方癒しがたい傷を負って終わり、そして時の経過と共に戦争を知らぬ世代が増えてまた、同じことが繰り返されて行く・・・

・・・世界に多様な民族が生まれ、それがネイション=国家枠なる形を取って来た以上、資源にせよ国家国民安全保障にせよ、その国家枠を基準に利害が生じ、紛争が絶え間ない・・・それが古代からの国家枠を持つ人間の宿命とするなら、その度ごとにドンパチを始めるしか手が無い・・・年がら年中やっておれば良いだけのことだ・・・だがそれでは人間は生存できない、長い歴史の中でさような本能的な感覚を持ち始めたのも他ならぬ人間ではなかったのか・・・

・・・皆が戦争ほどバカバカしいものは無いと思っているにも関わらず、それでも血を流す事態に追い込まれて行く契機になるのが、回避の為に総合力を発揮すべき政府が、あいつが眼(がん)をつけやがったから、こっちも仕返しをしてやろうという、街中のチンピラ同然の果たし状を突きつけた時である・・・

・・・オスプレイ強引搬入問題がキナ臭くなっていた時に、その展開注視の為に国内に居るべき外相が、目先どうにもならぬ北方領土問題でロシアとの話し合いにウツツを抜かし、帰ってきた途端に、オスプレイ配置は中国の海洋進出の抑止力になると、刺激的言辞を極力回避して外交折衝に邁進すべき外相が防衛大臣みたいな言辞を臆面もなく発しおる・・・

・・・そして閣僚が少し勇み足をしたとして抑制に回るのが首相というものだが、その首相までが、オスプレイ搬入後に中国による領海侵犯には自衛隊を出動させると追い打ちをかけてしまう有り様である・・・防衛大出身の森本防衛大臣が、騒乱も無くオスプレイが岩国に搬入されてほっとしたとの発言、これはまあ軍人さんだから、強力なケンカ道具がどんどん入ってくることを喜ぶ立場の人間だから、ある意味しょうがない、軍事オタッキー的に喜んでいる範囲内であれば、まだそれで済む・・・

・・・だが、外相が尖閣問題について中国の外洋進出阻止を言いだし、首相が自衛隊の出動も容認するとなっては、これはもう宣戦布告に等しくなる・・・この問題は日中国交回復の時にケ小平が、中国内保守派の尖閣領有突き上げを抑える政治的棚上げを狙ったことから、線引きが曖昧な話として尾を引いている・・・

その延長線上での1997年に於ける日中新漁業協定でも、黄海などの排他的経済水域では日本は締めだされてしまったが、この尖閣周辺での漁業については、「暫定水域設置海域」、中間水域として妥協案に双方が署名している・・・

・・・問題はこのような過去の協定を一つ一つ外交議題としてねばりつよく落としどころを見つける努力もせずに、政府がいきなり尖閣については日中間に領土問題は存在しないとして、過去の中間水域協定も無視し、あげくに外相が尖閣問題を一足飛びに中国による太平洋外洋進出の脅威に絡めてしまう、稚拙な外交姿勢にあるのではないか・・・

・・・この問題がオスプレイ搬入と同時に輪を広げてしまった背景については、賢兄諸姉なら既にお分かりのことだ・・・要するに世界最大の米国債保有国となった中国にキンタマ握られてしまったアメリカが、裏では中国と手を握らざるを得ない、だが軍事産業の顔も立てなければならない、両方のニーズを満たすために日本にケンカを売らせている構図だ・・・軍事は常にケンカ状態が無いと商売にならない・・・
これに玄葉や安住に野ブタがホイホイと乗っている光景で、芯からのあるべき安全保障問題など、ハナから頭に無い・・・昨日、中国古代の「渾沌(こんとん)帝王」の寓話に絡めて、掴みどころが無いのっぺらぽうの話をしましたが、五官があるのか無いのかさっぱり分からぬこの野ブタ一派も、アメリカが後ろ楯に居ると敏感に反応すると中国には角を立て始める・・・

・・・昨年秋にヒラリー国務長官が前原誠二に、尖閣も日米安保の適用範囲に入ると言ったことが、野田たちによる米国は尖閣問題でバックアップしてくれるとの根拠になり、且つ、何かにつけて外交問題に首を突っ込んで来る前原に日米関係で大きな顔をされたくないとの思惑が、野田一派による尖閣問題へののめり込みの根拠になっているとの見方が強くなっている・・・

・・・言うなれば宗主国に対する手柄を争うガキどもの光景になっている・・・だが米国はほんとに尖閣問題の後ろ盾になるのか・・・ヒラリーに耳打ちされて日中ケンカをそそのかされているだけではないのか・・・その証拠につい先日、アフガン支援東京会議に合わせて来日したヒラリーは、日本からアフガン支援金を出させる目的を達したら、尖閣問題などは歯牙にもかけず、さっさと帰国している・・・

・・・それより以前から米国の対中政策は、ブッシュ政権時代にゴールドマンサックスCEOから財務長官になったポールソンが中国の隅々まで回って、世界一のドル保有国(=米国債保有国)となった中国とぶつからないように経済政策面で神経質に気配りを行い、ブッシュ大統領など訪中の前に我が国に立ち寄ってまで、靖国参拝を強行して中国を刺激する小泉に対し、京都会議でブッシュが、も少し穏やかに対処せよと苦情を言っていたことも記憶に新しい・・・

・・・それに呼応して駐日米大使館に張り付いて対日政策の中核であったマイケル・グリーンなど、米国は東アジアにおける領土問題については中立であるとコメントしていたここも記憶に残っている・・・更にはヒラリー国務長官が尖閣は日米安保の適用範囲内にあると言いながら、国務省スポークスマンであるクローリー報道官が共同通信のインタビューに答えて、確かにヒラリー長官の発言はその通りなのだが、それは原則を言っただけで米国の対中基本政策はあくまでも領土問題については中立であり、尖閣問題についても日中どちらの側にも立つ積りはないことを明言しておきます、と、明確に述べていた・・・

・・・第二次大戦終了時のヤルタ会談もそうであった・・・北方領土問題でもアメリカは特にソ連に対し異議を唱えてもいなかった、その為に現在でも我が国の対ロシア交渉についても知らんぷりである・・・米戦略は相手が大国の場合には、そこに神経を集中し、それを取り巻く衛星国のことなど二の次の問題としか捉えないのである・・・

・・・玄葉が尖閣問題とオスプレイ搬入を繋ぎ合わせて、岩国の次に沖縄に移動させることは、中国の外洋への進出に対する抑止力になるなどと、国内のことは放ったらかしにして偉そうな事を言う青二才の言辞は、よほどヒラリーに懐柔されてしまっているのであろう・・・あのババアも油断ならないしたたか婆さんで、日本をけしかけて日中が益々離反するようにし、その間に中国市場から日本を巧妙に排除して米国独占市場にする企みが無いとは言えない・・・米国基本戦略は、かくの如く中国を軸しているのだ・・・なのに現民主党バカ政権は、石原が東京都で尖閣を買い上げると言いだしたことに負けてはならじとの対抗意識から、自衛隊まで出動させると、首相ともあろうものが単純バカ丸出しの有り様である・・・オスプレイ搬入問題でもアメリカは、かくもスムーズに事が運んだことに内心では驚いているのではないか(笑)・・・対中抑止力になるよと耳元で囁やいただけでこんなにあっさり決まってしまう(笑)・・・安全確認の為に航空自衛隊員が操縦してくれれば、尚更有難い!、何故って?、そうなれば次はオスプレイを買ってくれる(笑)・・・

・・・オスプレイ沖縄配備反対の団体が、交渉団を編成して直接アメリカに乗り込んで訴えると言う・・・沖縄は日本政府の管轄にある日本国である・・・それが政府を飛び越えて直接アメリカに乗り込むと言う・・・古代よりネイション・民族が必要としたから国家枠なるものが形成されて来た・・・では、「日本国」とは、一体、何者なのだ・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存