ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

金融の歴史から安倍政権のできる直前まで。さすがおっちゃんは詳しい。。。 ( No.11 )
日時: 2017/06/19 17:24
名前: イントィッション ID:2eEAhPJM

日時: 2011/09/06 11:15名前: 満天下有人 ID:8POUlzyo

・・・ユタ州の金銀通貨流通容認を受けて、少し眠くなるアメリカ金融史の復習を・・・(笑)・・・

・・・最初に申しました、アメリカ200年に亘るオカネの発行権を巡る歴史的矛盾とは、ロスチャイルドの私的金融資本がドル発行の権益を抑え、国民に責任を負う国家であるアメリカが大金融資本に借金を負い続け(国債を発行しないと通貨が手に入らない)、加えて40年代の大飢餓が更に追い打ちをかけて米債の信用は極めて低くそれが借金に輪をかけるような状況でした・・・

ロンドンを拠点にするネイサン・ロスチャイルド金融一派は、連邦債や州債、鉄道債を半値以下で買い叩いておりました・・・業界プロなら知っているのが当たり前ですが、一般人でも、モルガンJPとかモルガンスタンレーという名前を耳にすることがあるでしょう、1830年台末から40年代にかけてロンドンロスチャイルドによる米国債、州債などの引受条件が厳しくなり、どこも利払いが出来ずに債務不履行=デフオルトの蔓延は珍しいことでもなかったのです・・・

・・・今年に入って米債の債務不履行懸念が一挙に広がりました、別にアメリカ市場初めてのことでは無いのです・・・1800年半ばでは、ドルは基軸通貨でもなかったから、欧州からすれば、逃げて行ったピューリタンから絞れるところまで絞ってやれ、苦痛をなめるのはピューリタンどもだけだ・・・しかし今日ではドルは基軸通貨として世界経済の生命線を握っているから、問題が大きくなっている、しかもユーロ問題も追い打ちをかけている・・・

モルガン財閥の創始者ジョージ・ピーボデイが、勿論商魂もあって、地元マサチュセッツ州の州債の引受け手が無いことを見てロンドンに渡ります・・・当時のアメリカは大飢饉もかさなって、欧州金融資本は債権の保全を図るためにアメリカへやって来た、ピーボデイは逆にロンドン現地に亘って、そこで米債や手形の引受売り込み商売を始めた・・・

・・・昨今の日米を見ていると、福島復興商売もアメリカにやらせろと、官邸にへばりついており、しかしこちらはアメリカに乗り込んで米公債を売る交渉もしない・・・ピーボデイさんのやり方とは全然違いますね(笑)・・・

ロンドンに住みついたピーボデイは、手形引受人相手も探すとなると、手不足・・・業者仲間の一人がジューニアススペンサー・モルガンなる業者を紹介し(このモルガンもピューリタン)、ピーボデイは自分の死後、株式全部を譲渡する約束で共同事業に踏み切り、名称もピーボデイ商会からモルガン商会に変更し、以降モルガンという名称が米欧に浸透して行く・・・

・・・モルガンが大金融財閥の地歩を固めるのは、1910年、ロスチャイルドのグレンフレルと合併し、モルガングレンフエルとなってから、このグレンフエルはドイツ銀行をユダヤ金融で支配下においた強者・・・だがモルガンは元々ユダヤ金融を嫌い、その金融戦争はすさまじいものでありました・・・


これから本番を迎えるユーロへの対処として、国際大金融資本の寡頭勢力がどうも通貨の枠組みを変えよとしている気配がある時、安住だけでなく安住を傀儡に据えて良しとするような財務省が、果たして太刀打ちできるのかという懸念が大いにあるからです・・・

・・・この掲示板での投稿者でもあった手塚ドンの、11月にホノルルで開催されるAPEC会議についての情報では、アメリカはもう日本を見放なしている、氏はアメリカ生活の出発がハワイからで、ハワイ日系人の上層部に知己が多く、かつオバマもハワイ出身ですから、情報の角度は高い・・・会議での各国要人や実務者の宿泊ホテルで、ビーチ周辺の一流ホテルは米・中・韓で埋められ、日本ご一行様はビーチから奥まった二流ホテル・・・

・・・幼稚園会となったお子様相応の扱いとなった・・・笑っている場合ではないが、記者会見が始まり、それぞれの新閣僚どもの発言を聞いても、どうすることもできない・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存