ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日米同盟強化に向かう政情・・・ ( No.114 )
日時: 2017/06/27 11:17
名前: イントィッション ID:wY24ofVU

日時: 2012/09/07 08:36:17名前: 満天下有人

・・・今回の日米同盟指針の特徴として、日本のエネルギー源確保の為には軍事力の強化と、その海外展開を求める要求が全体を覆っている・・・イランを封じ込めてホルムズ海峡の自由航行を確保しても、今度はマラッカ海峡には中国の力が徐々に及んで来ているから、インド、フイリピン、台湾、オーストラリアと組んで中国を封じ込めておく必要がある・・・

・・・そう言いながら尖閣問題については米国は中立だと言う・・・それは春暁油田海底資源に対する思惑があるからだろう・・・10年前の04年に開発権を持っていた米ユノカル社(キッシンジャーやチエイニー副大統領がCEOになっていた時期がある)が、掘削コストの為かそれを放棄し、米中による争奪戦が繰り広げられた経緯については以前紹介した・・・中国海洋石油がユノカル買収に米シェブロンを上回る破格の166億ドルを提示し、米議会が危機感を覚えて結局シェブロンが開発権を持つユノカルを買収してしまった・・・一説にはあの地域では中東全体に匹敵する埋蔵量があると言われているが、極秘事項の為に真相を知るのは米中だけであろう・・・

・・・いずれにしても尖閣から春暁に至る地域での領土問題について米国は中立の立場を取ると言い、一方ではインド、フイリピ、台湾、豪州と共同して日本が軍事力を増強し表に立てと言う政策は、日米同盟の勝手な運用であり、後述する米シエールガスの供給も「米国の公共の利益」に合致しない限り売らないとする勝手な政策とも一致する・・・

・・・被害甚大の福島事故被災者、あるいは全国サイズで広がりを見せる原発0の国民意向を逆なでするかのように、福島事故でたいじろいではいけない、もっと核エネルギーの重要性を認識して日本は世界にリーダーシップを取れと言う・・・福島事故収拾策で上へ下への大騒動の最中に、会議中の野田の時間があくのを待って官邸内をウロウロしていたキッシンジャーにアーミテージ・・・復興ゼネコンに世界最大の米ゼネコン・ベクテルを使えと・・・

・・・そして今回指針では、米国で次々に採掘量が増えているシーエルガス、パナマ運河を通過できるガス輸送船も出来た、来年から輸出も出来る・・・米国採掘業者はどこにでも売れるようにしてくれとの要望もあるが、米エネルギー局は一定の条件を満たさないと売らない・・・それは自由貿易FTAに加盟していることが条件で、「米国の公共の利害関係」に反しない国だと言う・・・この米国の公共の利害関係とは何を意味しているのか不明だが、この程度の英語なら掲示板管理ソフトも跳ねないと信じて引用すると・・・more especially a gas treatment clause in its FTA must get approval from the 米エネルギー局、とあって(略号使用すると跳ねられるかもで失礼)、続いてFor non FTA like Japan 、the permit is granted unless 米エネルギー局 concludes it would not be in the 「public intrests of the United States」とあるから、要するに米国の公共の利益とは自由貿易協定に反映されているものとなり、言い換えるとTPPなども全ての自由貿易協定は米国の公共利益に沿ったものだと言う論旨になって来る・・・それは既に米韓FTA協定で実証されており、そのことが韓国民の暴動に近いデモまで誘発している・・・要するに米韓FTAのようなものを日本も締結しないと、あるいは日米同盟指針を実行しないなら、シーエル天然ガスは売ってあげないということだ・・・

・・・我が国が巨額投資したイラン・アザデガン油田は中止させておいて今度は条件を付けるとは実に勝手なことである・・・

・・・TPPに参加してモンサントの一代限りGMO種子を使わされ、食糧の根っこを抑えられ、次は天然ガスもFTA締結しないと売らないとは、正に70年代以降、食糧と天然エネルギー源は、戦略の二大物資であるとして米戦略の軸になったものが、今日においても変わっていないということである・・・それはアジアの安定、あるいは世界の安定とは無関係に、米国の公共の利益に基づいて発動されるのである。
  
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存