ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日米同盟強化に向かう政情・・・ ( No.116 )
日時: 2017/06/27 11:28
名前: イントィッション ID:wY24ofVU

日時: 2012/09/09 08:18:05名前: 満天下有人

・・・日米同盟指針の起案者に農業関係の専門家が入っていなかったせいか、日本の農業問題については10行くらいで簡単にしか触れていない・・・新指針の大部分がエネルギー確保面から日米同盟の向かうべき方向を示し、そのことが東アジアにおける軍事力をバックにした中国包囲網形成と裏表の関係になっている・・・

・・・農業面では、『日本の農業は、平均年齢66歳以上になった農村の高齢化により農業人口が急速に減少している。この状況下にあって日本は、農業取引の調整を延期する余裕は無いはずである。残る唯一の方法は、農業各団体が真剣に経済や食糧の確保を考え、外国取引を防衛する戦略を取るのではなく、米国と共に食糧の豊富なカナダやメキシコとの自由貿易協定を推進すれば、日本の農業危機は乗り越えることが出来る。』

・・・こんな単純な論法でもって、全ての障壁を取り払えと言われては、たまったものではない・・・農業・食糧は単に生命維持物資の位置付けだけでなく、それぞれの国の歴史文化の土壌でもある・・・経済効率も無視することは出来ないまでも、農業は国土自然循環の重要な側面も持っている・・・今回の新指針の執筆者であるジョセフナイ・ハーヴァード教授は、数年前にグローバリセイションが行き詰まった時に、米戦略に欠落していたのは、ソフトパワーであると自ら反省の論文を朝日に寄稿していたのではなかったのか・・・ソフトパワーとはその国の歴史文化を尊重して国際化を進めるというものであろう・・・

・・・ガット協定からWTOに至る農業交渉において、諸国がどれほど反対してきたか、それは食糧が当該国における重要な安全保障の側面を持っているからである・・・採掘が急速に進んでいるシエール天然ガスも、パナマ運河を通過できるから供給できると言われても、一旦緩急あって運河を封鎖されればお手上げである・・・

・・・農産物も完全自由化して、さて食糧多国籍企業の勝手な振舞を規制してくれるのか、資本移動の自由化で金融資本がどれほど好き勝手な行動を取って、今日の有り様をえてしまったことに対し、何の有効な規制もやれない・・・農業面では絶対大丈夫とでも言うのか・・・コメミニマムアクセスで過剰な輸入米を抱えて、コメ不足に陥ったフイリピンに転売しようとした時、ノーと言ったのはどこの誰なのか・・・自由を謳い、ならば自由にやろうとすると規制をかけて来る・・・

・・・タイミング良く天橋立さんが生活党の政策を紹介された、農業分野では食糧自給率を50%に戻すとある・・・現実を考慮して控えめの数値を出したのか知らないが、目標が低すぎる・・・数量自給率、カロリーベース自給率どちらにせよ、率が低いのは動物タンパク源であるコーンの輸入が大きく自給率を下げている・・・

4年前に穀物市場が暴騰した時、休耕田で飼料穀物栽培の実験が行われていたが、広がりが無かったのは農業政策に確たるものが無かったからであろう・・・重要な国家安全保障であるからには国家が支援せねばならない・・・日米同盟指針がエネルギー確保面で、NAFTAに20兆円投資せよと言うなら、エネルギー源確保に我が国周辺の資源開発に投資すべきである・・・勿論、農業面においても然りである・・・100兆円くらいの規模で大胆にやるべきである・・・

・・・人間性善説に立てば、隣人を愛おしむ性質は有効である・・・だが人間はそんな生き物でもなかろう・・・覇権に明け暮れて来た歴史が何よりもその事実を語っている・・・寿司が世界中で愛好されるようになった、日本文化の一つの拡販ではあろうが、しかしそれと基礎物資の自己確保は、次元が別のものであろう・・・うかれていてはダメである・・・

・・・ましてや国家行く先に影響する次期首相選びの下劣さなど、連中がうかれているだけのことだが、米国にとっては好ましいことであろう・・・要するに米国にとって無害な者がトップに立ってくれれば良いだけのことなのだから・・・でもこればかりは手の打ちようがない(笑)

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存