ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ユダ金は、そういう状況よりも、格差も激しく不安定な社会(闘争・紛争・戦争)での金融状況の方が荒稼ぎできると思ってるのでしょうか ( No.119 )
日時: 2017/06/27 11:47
名前: イントィッション ID:wY24ofVU

今日はここまでにしておきます。。。
日時: 2012/09/15 13:18:31名前: 満天下有人

・・・<誰が考えても、困窮している人を救済する(雇用を回復させる)事によって経済のパイを大きくすることが、斯のユダ金にとっても経済の動きが活発になり利益になるのではと思いますが、ユダ金は、そういう状況よりも、格差も激しく不安定な社会(闘争・紛争・戦争)での金融状況の方が荒稼ぎできると思ってるのでしょうか。その延長で我が国の金融政策もやられているのでしょうか。>・・・

・・・議論は毎度、ここに収斂されて来ます・・・金融制度なるものが歴史的にユダ金によって構築されて来て、その本質は「経済のパイを広げる」と言うよりは、「カネがカネを増やす」ことに目的があり、そのほんとの意図を隠して国家財政を支配する金融制度が作られ(最初の18世紀・英イングランド銀行による国債財政制度をベースにした金融制度)、それが今日まで続いているという宿痾(しゅくあ・長期間治らない病気)症状となっています・・・

ユダ金は私的金融資本で、それによって創られた私的中央銀行であるFRBですからね・・・そしてユダ金は、GM、USスチールなどの巨大産業資本を金融によって支配して来たので、国民経済などは鼻から脳裏には無いと思いますね・・・

・・・よって毎度のことですが、ユダ金が本来の意図を隠して政治をも(国家を)支配する本音が消えない以上、本来の政府政策が国民生活の安定と向上にある筈の所、いつも金融資本救済が優先される政策が取られてしまいます・・・制度そのものが末端の救済=真の経済成長に届かず、金融資本の恣意によってオカネがどこに向かうかが決められて行きますね・・・OWS運動はやっとそのことに気がついた顕れでしょう・・・

・・・金融政策は一重に、政府政治の責任によるとの持論を展開して来ましたが、世の中では常に金融当局が緩和をしないからとの批判が最初に出て来ますが、これって事の本質を逆さまにした議論で、今回の米QE3にせよ、雇用回復に果たして繋がるのかは大いに疑問が残ることです・・・まあ、需要喚起に全く効果が無いとは言えませんが、結局は過去に大きな損失を出したところの資金力の回復に回り、そこは国家ではありませんから、手っ取り早くカネでカネの穴を埋めようとする、初期の金融資本本質によって行動が起こされるとの形になりましょう・・・

・・・<アメリカと言うのは、実質のヘリマネをチョクチョクやっているのでしょうか。>・・・

ヘリマネかどうかとの話になりますと、いつも定義に悩むのですが、金融の為の金融となると一種のヘリマネとも言えるでしょう、サブローン破綻で↓

第1次超金融緩和QE1:〜2010年3月まで、1.7兆ドル
第2次QE2:2011年6月まで、8カ月間毎月6千億ドル、計4兆8千億ドル
今回第3次QE3:2015年まで毎月400億ドル、27カ月間 約1兆6千億ドル(約125兆円)

・・・これまでの超金融緩和でどれくらい実質米国民経済が回復したかによってヘリマネでなかったかどうかの基準も見えて来る側面もありますが、成長率は1.7%くらいで、失業率は8.1%と高止まりしたままですね・・・一方、NYダウは09年に最低$6547から一昨日13日に$13,575まで約倍に回復しておりますね・・・我が国でも似たような傾向でしょう・・・

・・・我が国の場合の日銀は、米FRBとユダ金との関係程あからさまではないにせよ、隷属国家として、向こうさんの意向に沿って御用を承っているのが、ほんとの姿でしょうね・・・向こうが財政悪化による国債増発しても経済が回復せず、超低金利政策を取ばドル安傾向は変わらない訳で、こちらも財政悪化、0金利政策を継続しても為替は二国間の相対関係ですから、円高傾向は続き、海外生産による国内空洞化も続くという構造に変わりはないことになるでしょう・・・

・・・野ブタなどは何も分かっちゃいないし、自民総裁選バカ候補どもとて、消費増税は国家安定の為の必須事項であると、皆同じことを言う程度ですから・・・正に「日米同盟強化に走る政情」ではあります・・・別に向こうとケンカせい等と言ってるのではありません・・・も少し上手に商売をやれないものかと・・・。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存