ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

金融の歴史を学び、現在の問題点を探る。。。さすが。。。1 ( No.12 )
日時: 2017/06/19 17:30
名前: イントィッション ID:2eEAhPJM

日時: 2011/09/06 21:47名前: 満天下有人 ID:8POUlzyo

・・・ロスチャイルド金融資本に操作され続けていたアメリカ、借金返済には金が一番だと分かっていても、政府の保有高は不足・・・それが1848年にカリフオルニアで、当時のオカネで5億ドル相当の巨額金鉱脈が発見されて、借金を返し一息ついたものの、ゴールドラッシュ金バブルが発生してまたメロメロ・・・大金融資本はここぞとばかりに連邦債や州債、鉄道債を半値以下で買い叩き、ここでもボロ儲け・・・

・・・先月のユタ州の大金融資本への反発にも見える金銀通貨の流通容認、西洋人たちの最後の価値概念はどうしても金銀に行き着いてしまう・・・そんなものどうってことはない、と言った所でそうなのだからしょうがない(笑)・・・

・・・米国債の発行上限を巡っての米議会でのバトル、その根は結局第二次大戦後の世界秩序の構築に向けて戦勝国間によるブレトンウッヅ体制にある・・・その累積された限界が、サブローン問題を契機に一気に噴き出してしまった・・・ベン・バーナンキFRB議長お得意の通貨論理である「減税と金融緩和の政策効果は、ヘリコプターからオカネをばら撒いた時の効果と同じである」などと、とんでもない通貨理論を持っており、後始末の為とは言え、政府国債をバンバン引受けて(ロスチャイルド家訓にある世界を債務漬けにして支配せよ)、民間企業の社債までをも引き受けてドルをばら撒きました・・・もう金の保有高などと言う、ブレトンウッヅ体制などは、事実上崩壊、もっとも1971年にニクソンが金などの裏付けは必要ないとして金ドル兌換停止に踏み切り、世界を混乱させましたね・・・

・・・しかしニクソンがドルと金の連動を取り外したと言っても、国際中央銀行間の経常収支差額決済は金によるという了解がブレトンウッヅで取り交わされており、ニクソンが金ドル兌換停止を決定しても、最後の決済手段は金であるという暗黙の了解は残っており、何となく通貨中枢部では裏での安心感はあった・・・、後述しますが現に主要国ではちゃんと最低限必要な金を密かに保有しているのです・・・

先にイワンフレミングの007で、ジエムーズボンドが第三国による米国保有金に放射能を浴びせて使えなくする謀略を阻止するという「007・ゴールドフィンガー」映画の話にちょっと触れておきましたが、あのモデルになった舞台は、ケンタッキー州のノートフオックという所にある金保管場所です・・・これがブレトンウッヅ体制における金保有、つまりドル覇権の裏付けになっていたのです・・・(余談ですがこのイワンフレミングもロスチヤイルド血族です)・・・

・・・ブレトンウッヅ体制とは何じゃいと言う事に触れておかねばなりません・・・何故かと言うと、ガイトナー財務長官が中国財務、通貨当局と三日にあげず緊密な連絡を取っているらしいと言う情報があるからで、当然のことながらそのモデルはブレトンウッヅ体制をベースに何か新たな体制を築く動きが感じられるからです・・・

金本位制とは、誰でもがドルを金に換え得るということではなく、経常収支決済残高や国債については、最後は金で決済するからという暗黙の了解があったのです・・・

・・・第二次大戦の趨勢が見え始めた1944年、ニューハンプシャー州の美
しいリゾート地ブレトンウッヅに連合国が集まり、戦後の通貨体制の枠組み決定の会議が開かれた・・・会議の中心は英米・・・英国代表は経済分野で大御所になっていたケインズ卿・・・勿論、英国の権益は確保しておかねばならない・・・諸国通貨差額決済もドルだけに決められたのでは面子丸潰れ・・・そこで「バンコール」なる世界統一決済手段の創設を提案・・・

・・・このバンコールなるものは、別に紙幣でも何でもありません、現在IMFが破綻国支援に発行するSDRも似たようなものですが、要するに各国中央銀行間の貸借口座を創り、これを国際清算同盟の監視下において、各国の国際収支のバランスを見ながら赤字国には借方にバンコールを記帳するというもの・・・差額決済のいわば各国中央銀行を束ねる世界中央銀行のようなものを創るという発想でした・・・

アメリカはハリー・ホワイト財務長官筆頭補佐官・・・誰?というと、日本が真珠湾攻撃に至る一連の土台となった「ハルノート」を事実上書いた人物・・・いずれにしてもこれからはアメリカが世界の覇権者として振舞うには、どうしてもドルを基軸通貨にしておかねばならない・・・かくしてドルが第二次世界後の覇者となる訳ですが、ケインズ案のバンコールのその担保は金が中心で、他に食糧などの資源も認めるというものでした・・・

・・・当時では世界各国中央銀行は、経常収支黒字の場合は、金請求権で取引するよりアメリカに金請求権を預けておいて、その間はドル紙幣で米国債を買っておいた方が金利も付くし便利だと思っていたところ、米議会がドル発行そのもにまったを掛けて来て世界の不安を起こしてしまった、それが今日の混乱の原因になっている・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存