ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ユダヤキリスト教の経済・・・ ( No.126 )
日時: 2017/06/28 12:56
名前: イントィッション ID:/nBQkcJA

日時: 2012/11/20 19:24:05名前: 満天下有人

・・・<具体的に言えば、ユダヤ金融マフィアの存在を、キリスト教社会には排除する観念がないのです。>

天橋立さん、ご意見の趣意に流れているものに、宗教と経済の関係が読みとれます。政治は経済の上部構造であり、政治の下部構造は経済であるとは、マルクスが唯物史観で分析して見せたことではありますが、その下部構造の経済の更に下部構造として、実は宗教が横たわっているのではという着眼は、面白いですね。そもそもアダムスミスから「神」との関係において経済を分析はしていたのですから。

・・・元々キリスト教徒によって推進されて来た資本主義に、何かが欠けているとして、近代に入ってキリスト教的倫理観に戻れと警告したのは、マックスウエーバーですが、アイリストテレスも貨幣から貨幣を生じさせるのは如何なものかと言ってたようです。でもキリスト教義に欠陥があるとまでは、指摘していなかったと思います。指摘出来なかったのかも知れません、ユダヤ教でも不浄な利子は取ってはいけないとされていたものが、迫害を受けたユダヤ人たちが、生き延びるためには金融しかないと思い始め、そしてその不浄なものは、ユダヤ人にやらせておけと言うのがキリスト教徒でしたから。

ただ言えることは、キリスト教社会がユダヤ金融マフイアの存在を排除する観念が無いかどうかについては、そもそもがキリストもユダヤ人であり、キリスト教がユダヤ教を母体にしておりますから、根本理念のどこかで一致するのもがあるのではないかと思う次第です。それがどこにあるか、宗教専門家でも無いのでいい加減なことは言えませんが、アメリカにおけるユダヤ資本とWASPの関係=癒着と大胆に言っても構わないとは思いますが、米欧政治経済では当たり前の関係として存在していますから、何故、キリスト教(教義)が「ユダヤ」資本を排除できないのか、という二項対立の関係では無いような気もします。不浄な行為はユダヤ人にやらせておけと言う古代の構造が、現代にあってはWASPがユダヤ金融のやり方をを黙認し、それに依存しているという構図は、昔から存在して来たものの現代版かと思います。

・・・金融の側面から見ると、さように見えるのですが、資本主義を産業資本の側面から見ると、産業資本は金融資本の下僕に成り下がっており、とは言え、剰余価値の収奪を目論む点では五十歩百歩かも知れません、その点でキリスト教教義も同じ穴の貉でしょう。どちらも神を越えてしまっている。

・・・教義ではいけないと教えていたにも関わらず、ユダヤ教もキリスト教も、お金を追いかけ始めた、金融工学などが先導し始めた経済構造、数学が神など不要にしてしまった、懺悔すれば済むことだと(笑)・・・不正に巨額の利益を得た者が懺悔に来ても告解室に居る牧師は、いくら儲けたかね、一部を教会に寄付してくれるかね(笑)・・・悪魔を排除するではなくキリスト教世界に神と共に存在する悪魔も取り込んでしまうのでしょう。そもそもユダヤ教もキリスト教も、現代にあってはそんなものでしょう・・・

・・・翻ってこちら多神教の我が国、多神教と言うよりも無宗教ですから、特に信仰と経済が絡む教義などは見当たりませんね、ユダヤ教のように直接の経済行為であるオカネについて教義しているものはありません。一般論としての悪人正機説はあても。そして多神教の場合の神々、仏様は人間臭いし一神教のように少し上に鎮座する絶対的パワーもない。言い換えると人間臭いということは、人間のレベルとそう違わない存在ではなかろうか、そこに親しみも生まれるのでしょう。

一神教のように神のパワーは全地球に及ぶとの信仰が、グローバリゼイションの経済思想を産んだとも言えるのではないでしょうか。有難迷惑も甚だしい。それぞれの地域にはそれぞれの信仰、文化があるのに、それを一つの宗教で束ねようとする・・・イエス様はそこまで考えが及ばなかったのでしょうか(笑)、それが後世になって勝手な植民地支配、グローバリゼイションとなって、逆に地球を破壊してしまうことを・・・そうか、そのことは予言しておりましたか・・・必ず「終末」を迎えると。

それにしても、TPP推進論者どもは、西欧宗教の発達過程と経済の絡みに、思いも及ばないのでしょうか・・・いくら多神教の国だからと言って、何もかもを「多様性」に摺り替えていると、一神教キリスト教にも居る善悪二元の悪魔に滅ぼされてしまうことに、考えが至らない。


8416
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存