ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

すべての金はスイスに通じる。金ジョウウンもスイスに留学していた。。。 多国籍企業の悪巧み! ( No.13 )
日時: 2017/06/20 15:27
名前: イントィッション ID:zjAQXmU6

日時: 2011/09/08 23:04名前: 満天下有人 ID:IdNoaKcI

・・・別スレッドも立ったように、スイス中央銀行によるスイスフラン(SFr)の防衛策、為替市場無制限の介入宣言が世界で反響を呼び起こしている・・・ドル安ユーロ安の影響が強く、そのヘッジがSFr、日本円に向けられている、否、中南米資源輸出国の通貨も高くなっているのだが、やはりSFr、日本円へのヘッジが目立つ・・・

為替取引FXなどはやったこともないが、細かく見て見ると、同じ通貨高でもSFrVS円では、暴騰暴落が顕著だ・・・5月初旬では1SFr/85円が8月上旬では108円、昨日が89円・・・先月スイス中銀が異例のマイナス金利を実施、一時SFr安を見たが、また上昇、今度は為替市場無制限介入声明で目標を実勢レート1SFr=0.82ユーロを1.20ユーロまで引下げるとした・・・

・・・これは強烈なヘリマネとなるが、精密機器や機械類などの輸出で貿易黒字国が、通貨高による経常収支赤字転落やデフレに転じることで雇用などへの影響を懸念する表向きの経済政策、ヘリマネによる将来のインフレ懸念よりも目先のデフレ懸念が上回ったという、通貨政策当局の判断があったからだろう・・・

も一つ面白い現象がある・・・SFrのレート変動が金価格と連動している傾向があることだ・・・SFr通貨変動で金価格が連動して、しかも変動幅が大きいほど世界の富裕層の資産安全運用で安定と信用を培って来た、永世中立国としての基盤が崩れてしまう・・・それはスイスが永世中立国を宣言した時に、世界から集まる資産については守秘義務を守ることも宣言しており、経済、通貨が不安定であれば、世界の隠し資産の逃避先(笑)である信用も崩すことになる・・・

・・・弱体化した通貨のヘッジ先(広義における最終担保の確保)に選ばれているのは、我が国もそうだが国民資産の貯蓄が高い(世界第一位は中国、二位がスイス、日本)ことも有力な根拠であろうが、SFrが対円では強くなった根拠としては、通貨の最終的決済担保となる金の保有高も無関係では無いのではないか・・・金の保有高はいくらあるのか知らないが、前稿で紹介した米ユタ州の金銀通貨流通の容認も、その一つの表れであろう・・・再度申すなら金銀が何じゃいと云った所で、西欧から発達して来た通貨制度の最終信用には、金が厳然として座っているのだから、これは理屈で云々出来るものではない・・・

・・・「全ての道はローマに通じる」をスイスに当てはめると「全ての金はスイスに通じる」とも言える・・・スイスは金の生産では世界第7位、保有高でも第7位・・・だがこの数字を信用する者は実際には居ない、保有高はトップの米国並みかも知れない・・・それが通貨不安が起こった現在、SFrにヘッジしてくる第二の理由かも知れない・・・

・・・全ての金はスイスに通じる・・・これはマネーロンダリングの有力な場所であると言う意味でもある・・・そして更に厳密に言うなれば、隣国リヒテンシュタインに通じる「地下道」があるということでもある・・・誰がそんな迷路を創ったのか・・・スイス国立銀行=中央銀行の総裁が釈迦力になってSFr防衛に走る、その中央銀行は誰が作ったのか・・・ロスイチャイルドが登場する・・・米大金融資本ロックフエラーとは関係ないのか?・・・ある・・・あっても今や対峙している・・・テロ対策としての米国による隠し資産の摘発問題も、口座守秘義務を頑固に守るスイス中央銀行との葛藤も産み出している・・・スイスフランの今回の騒動からも、歴史的に構築されて来た多国籍金融資本も、現代に至ってバトルを始めているという歴史的皮肉さえも感じられる今日この頃だ・・・巨大で根が深い・・・財務大臣から首相になった野田や、それを支える木っ端財務省のような連中が、何となくその場しのぎで為替介入することで、自由競争の名の下にここまで来てしまった通貨危機をしのげるほど柔ではない・・・世界は多国籍企業の草刈り場なのだから・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存