ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

「メディア全般に機密費が渡っている」 ( No.141 )
日時: 2017/06/29 12:48
名前: イントィッション ID:QCbOGOpw

日時: 2010/06/05 16:15名前: 阿房の長命 ID:kl4fy9gQ

●「メディア全般に機密費が渡っている」(EJ第2827号)より転載
http://electronic-journal.seesaa.net/article/152097232.html

 「記者懇」というものがあります。これは表向きの会見とは別に、大臣をはじめとする内閣関係者が夜回り記者たちに対し、オフレコを前提に話す懇談会のことです。なお、記者懇は与党の幹部も開いています。

 以下にご紹介するのは、自民党時代に官邸がやっていた話であり、民主党がやっているかどうかはわかりません。あらかじめお断わりしておきます。情報源は、『週刊ポスト』6/4号(上杉隆/本誌取材班)です。

 オフレコといってもそれに参加するすべての記者は、ICレコーダーを回し、後でそれを文章に書き起こしてメモ化します。これを「記者懇メモ」というのです。

 記者は文章化した記者懇メモを上司のキャップにメールで送ります。そのとき「これはオフなので、絶対に表に出さないでください」と断り書きを付けて送るのです。

 それを受け取ったキャップは、同じように断り書きを付けてデスクに送ります。そして、デスクは政治部長に、政治部長は編集局長に順次送られます。記者懇メモは、大勢の政治部記者から上がってくるので、相当な量になります。

 いわゆる政局記事は、こうしたメモを基にして書かれているのですが、このメモはもうひとつ重要な働きをするのです。それは編集局長がそれらのメモを官邸に上納するからです。

 このメモを読むと、与党の各派閥や他党の動向が手に取るようにわかるのです。官邸にとってはとくに反主流派の政権批判や官邸内でしか知りえない情報を野党の幹部が話しているような場合どこから情報が漏れたかを調べることができるのです。

 官邸としては、一か月に1回程度の割合で編集局長などの新聞社の幹部を食事に招待し、情報の対価として機密費から100万円程度を支払うのです。このシステムはそれを作り上げた官房長官の名前をとって、「Nシステム」──おそらくNは野中──と呼ばれていたのです。なお、Nシステムといわれる前は「Gシステム」──おそらくGは後藤田──と呼ばれていたのです。

 それだけではないのです。これとは別に各記者クラブから一名ずつ総勢10名ほどが参加する官房長官招待の食事会があるのです。この帰りには官房長官の地元の銘菓などが参加者ひとり一人にお土産として渡されるのですが、ただの銘菓ではなく、その中に100万円程度の現金が入っていたとされています。もちろんお金は機密費から出されています。

 このように新聞・テレビは機密費の毒に冒されているのです。野中元幹事長はこれを「毒まんじゅう」と呼んでいますが、国民に大きな影響力を持つ言論界が毒まんじゅうに汚染されていることは、メディアの伝えることに信頼が置けなくなり、ジャーナリズムの崩壊の原因になります。このようなカネを受け取っているメディアに小沢氏の政治とカネの問題を正義ぶって批判する資格などないと思います。

 しかも、毒まんじゅうをもらったのは、メディアの上層部だけではないのです。彼らはメディア全体に「共犯関係」を形成するため、次のようなことをやっているのです。これについて、『週刊ポスト』6/4号は次のように書いています。
―――――――――――――――――――――――――――――

 機密費を受け取った人間が、ある日、社内の後輩記者と食事し ながら囁く。「大変だろうから、お小遣いとっといて」。上司 のポケットマネーかと思って受け取ると、後輩記者もその日か ら「毒まんじゅう」を食らった仲間入りだ。あるいは、上司が 新任の部下や見込みのある若手記者を官房長官らに引き合わせ る。それぞれのお土産には、またもや菓子とともに現金が入っ ている。
―『週刊ポスト』6/4号

―――――――――――――――――――――――――――――
 これに加えて、自民党──とくに経世会周辺では「就職陳情」と呼ばれるものがあるのです。政治家自身の子息や後援者などからの就職依頼に関して、新聞・テレビへの就職の口利きをしているのです。新聞・テレビに政治家の子息が異常に多いのはそのためです。中には、そのように就職した子息たちの中には、最初から「色の消えたスパイ」として活躍している者もいるのです。

 こうした機密費を介したメディアとの「共犯関係」は自民党政権を通じて強固に構築されてきたのです。それは習慣化しておりそれが悪いことだとは誰も考えていないのです。

 だからこそ、元自民党官房長官の野中広務氏の機密費発言に対して、新聞・テレビが一切報道しないのは、自らにやましいことがあるからです。しかし、自分たちの都合の悪いことは報道しないという姿勢は、メディアの自殺行為といえます。

 しかし、なっとくできないのは、政権交代した民主党の平野官房長官が公約であるはずの機密費の公開に背を向け、記者クラブの存続にも力を貸していることです。とくに官邸については再三の申し入れにもかかわらず、会見のオープン化に抵抗しているのです。これは完全に公約違反です。

 マニフェストに書かれていることの多くは、財源の問題もありすぐには着手できないものも少なくないでしょうが、機密費の公開や記者クラブの廃止などはその気になればできるはずです。つまり、やればできることをやらないのです。こんなことを続けていると、真の民主党支持者まで民主党から離れてしまいます。まさか自民党時代と同じことをやっているわけではないでしょうが何をもたもたしているのでしょうか。

 上記の『週刊ポスト』の記事は、既出のフリージャーナリスト上杉隆氏によるものですが、現在上杉氏は、地上波民放テレビ各局からの出演依頼はゼロになっているそうです。どうやら「上杉を使うな」という談合が行われているからです。テレビ局は、メディアを批判する者をテレビに出さないのです。上杉氏はメディアの敵なのです。上杉氏だけではないのです。今までにもメディアに批判的な多くの評論家たちが外されているのです。
             ―──[ジャーナリズム論/31]
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存