ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

好き放題にやってきた多国籍企業の裏街道!!! ( No.16 )
日時: 2017/06/20 16:24
名前: イントィッション ID:zjAQXmU6

日時: 2011/09/11 07:34名前: 満天下有人 ID:Q2Iv3FqQ

・・・一般論で言えば、スイスは永世中立国である、戦争に巻き込まれる心配が少ない、よって経済的には安定し資産を預けておく格好の場所である、そんな印象だ・・・しかし今回は為替投機で仕掛けられてしまった、勿論背景に金の存在があるのだが、軍事戦争に代わる通貨戦争、硝煙無き戦争とも言える
・・・

・・・個々の戦闘は、世界の各地で起こっているが、主要戦場はドル圏、ユーロ圏、円圏、スイス圏・・・ドルペッグ制を敷いている元圏は、兵糧(輸出商品)を多く抱え、ドルがぶっ放してくるミサイル(元高ドル安)も、アメリカから買っておいたミサイル防衛網(米国債)をちゃんと持っているから、いざとなれば米国債をぶっ放してやれば良い・・・円圏は情けないことに、アメリカから購入してやった武器(米国債)は持っているのに、それを使わない・・・憲法9条による縛り、さすが世界平和を基本政策にしているだけのことはある(笑)・・・そして使わない兵器でも良いから、今後共買ってあげるとまで言い出す・・・

・・・何でまたこんな戦争が起こるようになったのだろう?・・・抑止力として機能していた金を取りはずしてしまい、紙鉄砲に変えてしまった、紙鉄砲玉ならいくらでも製造できるワィとしたアメリカ製造業者の気の緩みが、そうさせてしまった硝煙無き戦争風景である・・・

紙鉄砲玉造りの原型は、イングランド銀行モデルにある・・・国債を発行しそれを担保に銀行が紙鉄砲玉をいくらでも製造できるようにした・・・この鉄砲玉を扱う流通業者としての銀行は、国債発行に応じ儲けが出る(シニョレッジ)、兵器の過剰生産は回り回って自分の頭に降りかかって来ることも計算に入れてなかったのか・・・

・・・な〜に、そうなりゃ、その時はまた鉄砲玉を一気に発射できる巨砲(国債の過剰発行)を造らせれば良いだけのことだ・・・(笑)・・・

日本は既に買って持っていた大砲、それを売ることも出来ずに、しかし持っているだけではクソ役にも立たない、密かに売ってやるかと一計を案じたのが、あの二年前09年6月に、イタリア/スイス国境で起こった日本人2名による13兆円相当の米国債持ち出し事件ではなかったろうか・・・

イタリア当局がこの日本人2名を拘束、当時の駐イタリリア日本大使館は、この事件を否定も肯定もしないうちに、全ての記事が削除されてしまった・・・しかし常識で考えても、巨額米国債をスイスに運ぶとは、いくらマフイアであろうと、国家権力に近い筋の指令でもない限り、出来るはずも無い・・・

・・・余り堅苦しい話ばかり続けると肩が凝るので、ありそうで無さそうで、しかし合理的に考えるとあり得るな話から、全ての裏取引はスイスに通じるを邪推して見たい(笑)・・・苫米地英人なる脳学者さんが「現代版・魔女の鉄槌」なる著書で、このあたりの真相を推理されているようだが、また例の陰謀論の類かと思って氏の経歴を見てみたが、イエール大博士課程まで修了され、通産省審議会の委員までされているお方のようで、あながち陰謀論だと片付けるには惜しい・・・

・・・氏の推理では、旧皇室の資産が一部スイスに持ち出された、それがかの事件と関係しているとの見立てのようだが、しかし歴代受け継がれて来た皇室資産は、宮内庁依頼により日銀が保管管理しているらしい、となると相当の権力筋が絡まないと出来る話ではない・・・邪推だが、09年頃はオバマ大統領が税不足に悩みタックスヘブンにおける調査を求めた頃である・・・財政悪化に悩む米財務当局が我が国に、二重取りで悪いが、買ってもらっている米国債を市場でなく秘密裏に売ってくれ、その代金をまた折半でも良いから回してくれ・・・公式計上の米債を市場に出すと世界の雀どもがうるさくなりませんか?どこで売りますか?・・・

当たり前だ、だから日銀に預けている○○家のものを使え・・・な〜に、昭和○○家は、第二次大戦終結講和を、ヴァチカンローマ法王を通じてこちらに頼んで来たくらいだから、文句は言わない筈だ、おまけに敗戦責任も問わずに家系断続もしなかったからな・・・FRBから日銀には手を回しておく・・・場所はスイス・リヒテンシュタインしかないだろう・・・何?、イタリアから入るから、イタリア当局にも手を回しておいてくれだと?・・・これは極秘裏にやらねばならない、あのフイリッピーノ・マルコス夫妻バカがドジッた前歴もあるからな、極秘作戦だ、ミッッションインポッシブルでやれ・・・米当局は一切関知しないということだ・・・(笑)・・・。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存