ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

安保50年を観て・・・(完 ( No.163 )
日時: 2017/06/30 17:06
名前: イントィッション ID:ae3a9DBU

日時: 2010/12/07 07:14名前: 満天下有人 ID:0mSD4Pak

・・・池田首相が日米同盟を巡ってケネデイ大統領と会談する光景も、中身はともかくへりくだることもなく、実に堂々としたものだった・・・昨今の我が国首相の、特に菅直人に至っては、何かびくついた感じでアメリカに相対する、、これも対米関係の中身は同じにせよ、昔と何かが違う光景の一つに数えることが出来る・・・

・・・NHKスペシャルではまた、あのいかつい体つきのジャパンハンドラーズであるアーミテージが、同盟とはお互いの為に血を流すことであると、イラク戦の時の発言と同じように、Contribution on boots、軍靴を履いての貢献、つまりは実践部隊で戦闘に参加せよと今も尚言い続けている・・・

これは昔と大きく違うアメリカの姿勢だ・・・ライシャワー駐日大使の時代では、日米同盟の扱いについての基本として、日本人には反戦という気質が横たわっていると分析し、隠してやる手法は褒められる筋合いのものではないにせよ、むしろ刺激しないように扱った・・・

受けて立つ国民の対応はどうであったか・・・イラク参戦賛成が多数を占め、撤退時期についても英、西、ドイツなどでテロが頻発し始めてからこの諸国は、イラク戦に疑問を抱き始めて早期撤退を開始・・・我が国はそれを見てからの決定という有り様であった・・・

・・・反戦運動に態々イラクへ行った民間人が人質になる事件もあったが、世論は日米同盟の本質に目を向けることなく、生じた個々の現象に対する是非の議論で埋まっていたように思う・・・これはアメリカの戦争であると言い続け、インド洋給油を拒否し続けたのは、小沢一郎だけであった・・・中身はともかくケネデイと会談した池田隼人の姿勢がフト思い出されたものである・・・

昨今の朝鮮半島問題、背後に居る中国の覇権を巡る東アジアの安全保障については、軍事プレゼンスをやりたいアメリカにとっては願っても無い事件であろう、いつぞや見たグアムを母港とする最新ハイテク原潜・ミシガンの性能、あの巨体がわずかな時間で急速浮上する様は、空のステルスと連携すればもう安保だ何だと諸国を巻き込む必要も無い、あれが数隻もおれば軍事目的なら十分であろうと思える・・・

・・・今回の朝鮮半島事件も、話題になっているウイキリークス風に言えば、政治面での仕組みツイットもあったろう・・・一握りの指導者たちによる裏の仕組みが暴露されたという点では画期的なものである、一種の抑止力になった・・・

表の現象だけが連続すると大衆なるものは、それに「慣れ」てしまい、裏での政治安保のことから目がそれてしまう・・・全ては政治的工作によって諸国間の関係が成り立っているとき、その過去からの変遷と、変貌した現在との比較、何故そうなってしまったのかを忘れていたのでは、正に賽の河原である・・・

・・・未来の為に過去は忘れようと言う姿勢もあろうが、忘れてはいけない一点もある、それは沖縄問題、安保問題に絡む現在の政権に対しても言えるだろう・・・信じた約束事を手のひらを返したようなやり方、過去のものとして絶対に忘れてはならない・・・

そもそも理想などと言うものは政治とは水と油の関係であることは分かる、偽善とずる賢さが政治というものであるにせよ、どこが偽善でどこがずる賢いか、大衆は過去からの流れを見失ってはならないものだ・・・

・・・過去を眺めた目を失うことなく現在を見れる目を保てるなら、未来をも見ることが出来ると言った哲人は、ローマ五賢帝の最後の一人となった哲人皇帝マルクス・アウレリュウスだったか・・・

そう思いつつも空しく今年も終わるのであろう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存