ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

現在の安倍政権が外国や赤坂や銀座の高級飲食店に国民資産をばら撒きちらし、年金基金を大博打は預金封鎖の引き金に??? ( No.2 )
日時: 2017/06/17 17:03
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

時: 2011/07/30 08:04名前: 満天下有人 ID:ANfULUHA


・・・サブローンを基点とする証券バブル崩壊の責任を問われて、前FRBグリーンスパン議長は議会公聴会で『何年もの経験を通じて強く感じることだが、バブルは人間の本性によって起きる・・・人間は熱狂し陶酔感に酔ってしまう・・・これを中央の金融センターが制御することは、不可能である・・・』

・・・この無責任な言葉から得られる実態は、米FRB議長は結局雇われマダムにしか過ぎないということと、国家と中央銀行の責任範囲が明確に分離されていると思われる他のどの国においても、通貨当局は結局政治権力の前には無力であると言う、二重の含蓄を含む言葉であったと思います・・・

その意味で国債とは、国家権力が発動する極めて政治的な証券であると言え、プラザ合意の後、中曽根内閣が内需喚起と称して積極的に国債を発行しました・・・

・・・国債によるバブル惹起の歴史的始点は、ガリバー旅行記を書いたスイフトに「南海は一つの巨大な泡に過ぎなかった」と嘆かせた18世紀の英国政府によるバブル発生のメカ・南海泡沫事件が有名ですね・・・

英国議会が考えた国債の民間引受案、サウスシー(南海)会社に植民地奴隷貿易権を与える代わりに国債の特権的引受権を認め、南海会社は資金調達のために非公開株式を特権階級に持たせた後に公開して株価を吊り上げる・・・

・・・だが本体の会社経営では大赤字、それを株価上昇で穴埋めしていた・・・パンパンに膨れ上がった風船は、これ以上の膨らみはムリだとの一般による認識によって、破裂してしまう・・・スイフトはバブルの詩で「あらゆる費用と手間を計算して、遅すぎたが国全体が気付くだろう・・・重役たちへの約束は風に過ぎなかった、と」・・・

・・・国家の大部分を占める庶民は、その恩恵には預かれず、バブル期にただ信用の拡大で得られるオカネ(ローン)で、グリーンスパンが述懐した『陶酔感に酔って』しまった、我が国では新橋先の倉庫で一時フイバーが起こった、ノーパンみたいな女の子が壇上でデイスコを踊りまくるジュリアナなども、それを象徴していた・・・しかしバブル崩壊による低成長から生じる影響は平等に受けてしまう・・・

・・・まあ、誰が得し誰が損したかの細かいことは横に置いて、国債はいかなる場合でも最終的には国民資産が担保になっていますから、国債デフオルトの最終始末は結局、通貨の廃棄も伴って清算されることになる・・・通貨の廃棄は預金封鎖から始まります・・・

敗戦時の国債紙切れ化新円切り替えの為の預金封鎖が良い例でしょう・・・

・・・国債は利払いが成されておれば、一挙にデフオルトには進まない、しかしいつ何時、通貨への信認が下がってもおかしくない・・・ただ今はドル・ユーロの相対的関係で円高が進行していても、米欧の経済破綻が急速に進めば、新興国も必ず影響を受けるはずで、そうなると円信任も薄れてその分、交換価値が下がって行き、どの通貨でも人は紙幣への信認が薄れて物を紙幣に代えたくなくなる・・・代える場合はより多くの紙幣を求め出しますから、これが超インフレの引き金となって行く→世界恐慌・・・

・・・資本主義が、究極的に融通無碍なる貨幣が成長の基礎であると言う錯覚に陥って金融資本に特化して来て、それが新世紀21世紀において破綻してしまった・・・その修復の糸口はどこにあるのか、答えは結果現象が自ずから示していると思います・・・
・・・後は、国債にしろ通貨にしろ、極めて「政治的な」な道具であるこれらのものを、國際(会議)が、どこまで、大袈裟に言えばどこまで人類の生存に危機感を持っているのか、そこを踏まえることが出来るか否かにかかっているでしょう・・・

・・・あるいは世界が混乱している時に、我が国だけがいち早く独自の形で国を守る新機軸を出せるか・・・今の政治官僚状況からして、とんでもないユメですね(笑)。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存