ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

・・通貨問題の根底にあるのは、言うまでもなく資本的生産関係を担っている産業資本である ( No.21 )
日時: 2017/06/20 17:01
名前: イントィッション ID:zjAQXmU6

日時: 2011/09/17 07:52名前: 満天下有人 ID:n9E9WhEs

・・・ドルの弱体化、ギリシャ経済の破綻から問題を投げかけたEU共同体の在り方・・・そこに至る金融制度史的事実を振り返ることに重点を置き過ぎて、産業資本における多国籍企業の実態を見ることが疎かになってしまったが、そこは又にして当テーマは休憩します・・・

・・・通貨問題の根底にあるのは、言うまでもなく資本的生産関係を担っている産業資本である、140年も前にカールマルクスが分析したように、資本的生産様式がある程度の高さに達すると、そのものの中に潜んでいる「桎梏」(手かせ足かせ)が、限界をもたらす、それは逆に自由を束縛する運動として顕れて来る・・・その現象を先生たちは、「史的唯物観」という難しい言葉に翻訳しているが、史的とは歴史の過程においてそのように展開するという意味であり、唯物観とは、展開の根底には、人間の精神を超える一種の自然運動法則、客観的な運動法則が働き、それが生産関係の発展を規定するという考えに基づく哲学なのである・・・ある程度の高さに達すると下へ向かう、水は高い所から低い所へ向かって流れる自然法則と同じだと解釈することも適切かも知れない・・・

・・・よって経済学も、自然の運動法則によって動く現象を解明する自然科学と同じレベルで解明されるものであり、その意味で経済運動も社会「科学」であるとマルクスは規定したのである・・・

その社会科学の構造はどのようになっているかについて彼は、下部構造は(資本的生産関係は)、上部構造(政治)を規定するとも言っている・・・この現象は通貨制度に関わる歴史的な発展過程でも見られた、それを検証できるかと思って、通貨制度史を大雑把ではあるが振り返って見た・・・見た結果はやはり下部構造が上部構造を規定して来たという史実を多々発見した・・・そして生産関係そのものが「桎梏」・手かせ足かせの要因を含んでいるという仮定も、今まさに日々の行き詰まり現象として、目の前に見ることが出来る・・・
・・・生産関係が政治をも規定するという科学的分析の現象は、今更例をあげるまでもなく、我が国の政治と財界の関係で、これも日々見ることが出来る・・・

上述しました生産関係の桎梏は、自由を束縛する運動に向かう現象としても現れるという法側にも我々は直面している・・・新自由主義の理論的支柱となったフリードリッヒ・ハイエクが、通貨面からそれに言及し、自由な通貨発行を唱え、老大国となって閉塞状態にあった英国サッチャー首相が、通貨発行自由論にでなくより広い意味で自由思想に飛びつき、それがグローバリゼイション運動となって来た・・・

・・・ところが、自由を唱えながらそれが、底辺への競争となり(資本が持つ生き残り本能)、マルクスが分析したように資本運動が本来的に内蔵している剰余価値に対する手かせ足かせをはずす運動となり、それが自由を束縛する結果を産んでいる・・・ここで言う自由とは、信仰の自由とか、芸術に接する自由とかの意味における自由ではない・・・働ける自由、生存に要する財貨を生産を通じ得ることが出来るという意味での自由である・・・それは資本運動の剰余価値蓄積にとって邪魔なものはそぎ落とす行為によって奪われて行く・・・それが国境を越えて行なわれることが、グローバリゼイションの本質である・・・政治がそれを推進するということは、下部構造が上部構造を規定するという法側の見事な国際化である・・・

・・・目下は通貨問題に世界の目が釘漬けになっている・・・しかしその現象の根底には、資本的生産関係の行き詰まりが横たわってはいないか・・・通貨問題が現象として顕れていることは、通貨も生産関係における上部構造であり、それを規定しているものは、下部構造としての生産関係にあると言えないか・・・

・・・しかし、その下部構造としての資本的生産関係者が囚人のジレンマに捉われていることもあるのか、資本的生産様式に代わるシステムを世界が未だ発見できない(泥棒が捕縄を編むことは出来ない相談でもある・笑)こともあって、已む無く目の前に現れた通貨問題への対処策から始めるのであろう・・・それが貨幣制度が前提にしている経済や市場の仕組みへの転換期に来ていることを意識したものであれば、幸いなのだが・・・

ここでも少し触れたが2、3週間前に鳩山政権で財務大臣になった大蔵OBの藤井裕久がTVでポロっと、通貨制度そのものの変換が画策されている気配を感じると言っていたが、どこで検討されているのか、多分、世界戦略を創る米外交評議会CFRで密かに検討されているのかも知れない・・・藤井裕久元大蔵官僚が言うということは、実は政府機関財務省が会員としてCFRに参加を認められているのは日本だけであり、そしてIMFには財務省官僚がワンフロアーを占拠し、副専務理事の椅子を確保しているそこから得られる情報を基にしているからであろう・・・

・・・G20国際会議で退陣前の麻生が、サブローン破綻対策として日本は10兆円拠出する用意があると大見得を切っていたが、09年2月のローマG7で実際にIMFに9兆円を出した・・・中川昭一財務大臣が調印した相手は女性問題で失脚させられたストローカーンが専務理事であった時である・・・中川もストローカーンも、直接米国債に拠出することに反対していた・・・

・・・民主党政権になって菅直人が財務大臣となり、後釜の野田がドル不安を支えるとして4.5兆円を為替介入として拠出、これからも出し続けると声明していた・・・我が国は大蔵から財務省になり、仙谷・菅一派の民主党政権になって、これまで隠し続けて来たこの国の真の構造は、財務省官僚国家であることの正体を曝け出した・・・法人減税と輸出主導に頼る財界下部構造が上部構造を手の平に乗せている典型的な光景である・・・

・・・通貨も市場も歪みが生じている時に、もしそれを擁護する勢力が生き延びるなら、我が国はそれを超える新たな仕組みに向かえる筈が無い・・・その勢力と一体化しているのだから・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存