ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

「検察のやり方はこのままで良いのか」 ( No.256 )
日時: 2017/07/04 15:28
名前: イントィッション ID:EtUtqUtQ

日時: 2010/02/04 11:17名前: 満天下有人

「検察のやり方はこのままで良いのか」

・・・再度申すがキャンベル国務次官補は、旧ネオコンブッシュ政権で無く、「現在の」米政府高官である・・・キャンベル国務次官補が手を焼いているのが、ネオコンブッシュ政権で東アジア上級部長を務めていたマイケルグリーンだと言われている、加えて現米国防長官は、元CIA長官でブッシュ政権で国防長官であったのに、オバマ民主党政権で同じ国防長官に横滑りしている、これがマイケルグリーンの背後に座っている・・・

この共和党系米国防省の力をバックに、グリーンは、国務省などにはお構いなく、日本米軍基地に根強い組織を持って政治謀略にまで手を出し、正式外交を混乱させ、現在の米外交関係者を困惑させている・・・

日本民主党内事情に詳しい者によると、このグリーンの配下にいるのが、自民党時代に七奉行と言われ、小沢と同じ釜のメシを食った長老・元衆院副議長の渡辺恒三の息子・恒雄である・・・小泉ジュニア・進次郎もこのマイケルグリーンの門下生である・・・

マイケルグリーンは、ブッシュ政権で国防省アジア部局特別補佐官を務めたネオコン軍事戦略のブレインであり、ロックフエラーが牛耳り米外交政策を事実上決定する米外交評議会上席の地位にありかつ、05年には別途、戦略国際問題研究所・CSISの特別顧問についている・・・安倍普三などは実懇の間柄で、このグリーンに洗脳された一人であろう・・・渡辺恒三の息子恒雄や小泉ジュニア・進次郎などはこのCSISでグリーンに教えられた者たちである・・・

(・・・教えられたと言えば、現役時代にハーヴァードなどに留学させてもらった同僚数人が居たが、彼らに感想を聞くと、何だかさっぱり分からなかったという本音を言うものが大部分であった(笑)・・・インドや中国から留学した者には、学習させてもらったことを逆手にとって国益を考える者が多いのに、留学するわが国の連中は、相手の戦略をそのままに受け入れて相手の国益に手を貸すメクラが、何故多いのか・・・学習したことをベースにわが国独自の戦略を編み出す話は、ほとんど聞かない・・・)

「七奉行」という表現は、小沢も渡辺恒三も含む旧自民竹下派時代の有力政治家のことであるが、記憶のある方は、この民主党長老・渡辺恒三が昨年12月、小沢が中国訪問留守中に赤坂で、仙石、前原、岡田、枝野、野田、玄葉(衆院財政金融委員長)、樽床(衆院環境委員長)を集め、民主党七奉行が揃ったと渡辺が悦に入っていたことを、覚えている方も居られよう・・・

この面々全員が、ずっと反小沢であることは説明するまでもない・・・小沢と渡辺恒三は自民党時代の七奉行の間柄であり、いつから反目しあう仲になったのかは良く知らないが、現実は渡辺が反小沢面々を束ねているのは事実である・・・

・・・推測するにどうも、息子の渡辺恒雄が米マイケルグリーンの教え子になり、CSIS研究所に籍を置かせてもらっている子供可愛さに、グリーンの戦略に乗ってしまったのかも知れない・・・大手紙政治部記者による会議にこの息子がグリーン及び防衛省政務官の長島昭久議員(基地のある立川、横田の選出議員で、一貫して鳩山首相は米軍事戦略に従うべしとの論者)と共に出席しているらしい、事実なら、最近TVマスコミなどに良く出る耄碌オヤジ、恒三の行動と併せ、どうも米宣撫工作戦略組織から日本マスコミにかなりの支援金が出ているのではいか、そんな邪推もあながち荒唐無稽ではないように思える・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存