ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

デリバテイブによって歪められた先物市場>イントちゃん・・B ( No.26 )
日時: 2017/06/21 16:16
名前: イントィッション ID:lIwn.Z.Y

日時: 2011/09/21 08:36名前: 満天下有人 ID:MYqoxBD.

・・・前稿で、シカゴとNY市場、ニューエッジが会員として登録している大阪証券取引所の間には、大きな関係があると申しました・・・正にアメリカ金融工学によるデリバテイブ商品拡大と密接な関係があるのです・・・そこを少し歴史的に人脈とそのバトル関係において見て見ます・・・この世の表の仕組みだけを見ていたのでは、何故さような仕組みになったのかが、分かりにくいから・・・

・・・自然条件によってリスクに晒される将来における天産物商品の価格変動リスクをヘッジするために食糧の先物市場がシカゴに設立されました、1848年のシカゴ穀物取引所・CBOTです・・・

別に1898年に設立された卵や牛乳、バターだけを取り扱うシカゴ商品取引所というのがありました・・・1919年に扱い商品の幅を広げ、シカゴ・マーカンタイル取引所・CMEに改組されます・・・1970年になって辣腕化レオ・メラメドという人物が、商品ばかり扱っていたのでは、世界の覇者になれないとして大胆な改革を行い、金融商品も含む幅広い先物指数取引の上場に注力し始めます・・・

指数取引の中には、天候変動指数取引という商品まであるのですよ(笑)・・・それをプットコール商品として保証金僅か3%で取引を行うのです・・・簡単に言いますと、天候が悪化するか良好になるか、あの債権リスクをカバーする保険商品CDSは、その基になる債権債務がどう動くか、保険を掛けられている企業は破産するか、立ち直るか・・・そこまでを賭けるのです…丁半バクチですね、ここまで来ると(笑)・・・目下のギリシャ国家破綻についても、その可能性がそのCDS指数の動きで予測されているのです・・・

・・・多種商品間の指数を関連付けての先物取引ですから、高性能のCPUが必要不可欠になります、それを開発し、今では世界最大規模のデリバテイブ取引規模を誇っております・・・リーマンショックに見られた不動産証券デリバテイブ取引や、ニューエッジが日経225先物指数取引をやれるなど、全てはこのCMEレオ・メラメドの考案によるものです・・・日経225先物はCME取引所では24時間取引されております・・・レオは現在80歳を超えたかな?・・・同じ高齢ジジイとして、デビッドロックフエラーと仲が良いのです・・・ここにNYダウが乱高下するネタがあります・・・

・・・我が国での証券及び金融先物の幅は大阪証券取引所の方が広い、そして秒単位での高速取引が出来ると申しましたが、このレオ・メラメドが支配するシカゴ・マーカンタイル取引所CMEが大証の株主になってからです・・・

このレオ・メラメドは2007年にNYダウを指標とするNYの株式取引所NYSE(ナイス)を買収し、デリバテイブ取引の世界王者の覇権を固めようとしました・・・だがすごい抵抗に合って失敗、一時見合わせているようです・・・

・・・すごい抵抗とはどういうものであったか、ここにロックフエラー家内部における骨肉の争いが関係して来ます・・・ロック家亜流のデイビッド(シテイグループ総帥)と、本家嫡流のジェイ(ゴールドマンサックス)との覇権争いです・・・それが昨年5月6日、NYSEで起こった僅か9分間の間に上下$1600もの乱高下の原因と言われ、それを操作演出したのが、同じ高齢ジジイとして仲が良いデビッドとCMEのレオ・メラメドだとの観測が、NYタイムズ記事から伺えます・・・だから米SECも調査結果を正直に公表出来ない・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存