ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

朝日記事「悪夢20xx年日本破綻、消費税25%」D ( No.264 )
日時: 2017/07/04 16:14
名前: イントィッション ID:EtUtqUtQ

日時: 2010/03/16 14:11名前: 満天下有人

朝日記事「悪夢20xx年日本破綻、消費税25%」D

・・・このスレッド冒頭で、経済学の怠慢ということから始めさせて頂いたが、与件ということに関連して言えば、そもそもキリスト一神教の世界で経済学も発展して来た・・・

・・・西欧経済学先哲たちには、物理数学、それを基礎にする哲学出身者が多いということも以前の投稿で紹介した・・・自由主義経済でよく引用されるスミスの「神の見えざる手」というのも、経済の結末にせよ最後になってみないと誰にも分からない、全ては神のお導きでというキリスト一神教的な精神が土台になっている・・・

・・・だが中世から近世に入り、教会に支配されていた社会に対し、神への疑問が同時に経済の分野での疑問となり、果たして「神の見えざる手」というものは存在するのか、神の手の証拠が欲しくなって物理数学者たちによる経済(学)への検証が始まったやに思える・・・

・・・近世に入り検証のための与件仮定の軸が貨幣に傾いてしまった、間違った貨幣供給の与件が、今日の世界経済の現状をもたらした、実験ができない経済であるが故に、前もっての与件が如何に重要であるかが分かる・・・

増税論、インフレ論、その元になる通貨発行論にせよ、必要な与件を見落としてはならない・・・わが国で言うなら、将来の展望を考えるとき、その前提となるこの巨大な国家債務を与件として入れておかねばならない・・・

・・・がん細胞に例えて見ると分かりやすい、通貨増発論、あるいは増税論、インフレ論にせよ根本のがん細胞処置はそっちのけで、言うなれば抗がん剤を打ち続けるような議論であるとの印象だ・・・

例えば前稿でも触れたように、付加価値の増加があれば通貨増発の義務が生じるというような議論はナンセンスである・・・義務とかそういうものではなく正常細胞が増加するなら当然に血液(通貨)は増える・・・また先に増血剤を打てば正常細胞が増えるというものでもない、がん細胞が残っていればそこが栄養を吸収し、がんは更に拡大するだけである・・・

・・・そのこととは別に通貨増発は言うなれば、株式発行増加に当てはめて見ると分かりやすい・・・具体的に収益増加につながる投資の裏つけなく株式を、第三者割り当てなどを通じ増発すると、所謂株式の希薄化現象が起って株価は下落する(価値が下がる)・・・最近では三井住友フアイナンシャルグループの巨額増資にその現象が見られた、株価が下がり少々の買いでは何しろ発行株数が巨大だから簡単には上がらず、低位安定してしまう・・・

どこかの投資フアンドがシンジケートでも組んで一斉に買い支えれば上昇もするだろうが、これに一般ダボハゼが食いついて来ると、巧妙に売り抜けて後は、発行株数の多さが重石となって価値が上がらなくなる・・・通貨の価値下落もそれに似ており、為替防衛出動は良く見られる現象である、それは通貨価値が常に国際要因によって左右されるという証左である、裏付けなき通貨増刷はさように国際攻撃を受けるということであり、単に国内問題だけに留まらないということである・・・

話を戻して増税論にせよ、言ってみれば抗がん剤費用が嵩むだけで、それでがん細胞を叩き消滅させることが出来れば幸いだが、その間、根がでかくなったがん細胞は拡大し続ける(毎年増加する国債費)・・・

インフレ怖れるに足らず、なぜなら名目所得をそれに連動させて増やせば、どうということもないとの議論も、言うなれば肥大化した癌に併せて体重が増えれば良いというようなもので、戦後高度成長期、つまり需要に対し供給が不足していた時代なら、まだがん細胞は発生していなかったから、通貨増発も正常に後追いできた、つまり正常細胞が必要とする養分の供給であったから・・・

・・・しかし国家破綻の場合のインフレ見合いの名目所得増加、それは柔な額で追いつけるものではない・・・市場経済に移行した時と言う特殊事情はあったもののロシアがルーブル増発で国家破綻、インフレ率は2500%の上昇、言ってみれば体重平均65キロとしてx25倍で、体重1トン625キロもの巨体を支えねばならない・・・これはどういうことかというと、末期がんにおける腹水が溜まったような異常な状態であり、それを維持するという無意味な療法であり、ごまかしているということだ・・・患者に向かって、あなた大丈夫、体重も増えているのだからという事に等しい・・・患者とて慰めとしか受け取らないであろう、目下の国家財政状態に対する国民の受け留め方は、その慰めを信用している光景とでも言えばよいか・・・政府紙幣発行論や日銀券増発と言う麻薬によって気分が一時的に収まるからであろうか・・・
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存