ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

朝日記事「悪夢20xx年日本破綻、消費税25%」E ( No.265 )
日時: 2017/07/04 16:20
名前: イントィッション ID:EtUtqUtQ

日時: 2010/03/16 14:22名前: 満天下有人

朝日記事「悪夢20xx年日本破綻、消費税25%」E

・・・巨大がん細胞=巨額国家債務が存在する以上、これを潰さずしての処方箋は、必ず崩壊の時が来るまでの間の、抗がん剤論に過ぎない・・・朝日がシムレートしていたように、ある日、末期がんであることが分かり政府がそれを宣言・デフオルトすれば国際信任が崩壊し、企業などの経済活動は停止してしまい失業者が溢れかえる、抗がん剤費用どころの話でなくなる・・・

そして抗がん剤費用対策としてまた、金利がかからず国家債務が増えないものとしての怪しげな政府紙幣発行論がまたぞろ、息を吹き返してくる・・・これはクリントン政権時代の経済諮問委員長であったステイグリッツが数年前に日経主催の後援会で唱え、これにこちらの財政論者が飛び乗ったときから、議論が活発になった・・・お風呂屋で窃盗か何かで国策逮捕された元大蔵官僚の高橋洋一がこの論の扇動者で、榊原も条件付で乗った・・・

・・・しかしステイグリッツも榊原もその狙いは、政府紙幣を発行しつつ、その間に国家債務を少しでも何とか減らせればというのが本音であったように思う・・・あの時起った「円天」事件、それを比喩して国家ぐるみでインチキはダメよという訓戒を含んでの限定した政府紙幣時限発行論であったと思う・・・

・・・拝見する限りでの議論は、グランドデザイン無き抗がん剤療法にも見える・・・そしてその療法も受け入れるとしても、詰めが甘い感じを受ける・・・

単に金利タダというだけで、政府紙幣なるものと国際信任を受ける日銀円通貨との関係も詰められていない・・・二重通貨の位置つけはどうなっているのか、政府紙幣と日銀券との交換はするのかしないのか、その比率をどうするのか、流通実務をどこがやるのか、税もそれで払えるのか・・・税も政府紙幣で払えるとするなら、もともと政府負債=国民負債にならないとするなら、政府紙幣で全ての国家費用を賄い、税など徴収する必要もなくなる、果たしてそんなことが信任され得るものだろうか・・・

・・・そして政府紙幣流通量が漸次増加して行くのだから、国際信任通貨としての日限券は償却して行くのか、大本の巨大負債も政府紙幣で返すことが出来るのか、海外に行く場合、諸外国でも政府紙幣は使えるのか・・・

とすると何のことはない、ただ日銀券を政府紙幣におきかえるだけで、巨大がん細胞は残ったままである・・・政府紙幣を日銀以外のシステムで流通させるとする場合、何のことは無い、政府と中央銀行が一体になっただけのことである(シンガポールがそれに該当する)・・・

・・・ならばそんなややこしいことをせずに一挙に新たな日銀券で全てを償却してしまへば済む話である、単に国家破綻状況だから消費税25%にするなどという小手先の療法で、果たして新たな正常細胞を育成することが出来るというのであろうか・・・

(ちなみに日銀は、金融機関および政府に対し既にヘリマネを発行し続けている・・・マーシャルのK=成長率とマネーサプライ比率の実績を見れば一目瞭然である・・・

名目GDP:  平成元年408兆円 同20年515兆円(伸率126)
マネーサプライ 平成元年455兆円 同20年839兆円(伸率184)

マーシャルのK:平成元年1.12  同20年1.63

この数字を見れば成長無き通貨供給の足跡が歴然である・・・では過剰貨幣はどこに流れたか、言うまでも無く税収無き国債費のために日銀券が増発され続けて来たということです、ヘリマネである・・・)

私がくどく批判しているグランドデザイン無き処方とは、現状の処理なきままに成される将来図形、つまり現状処理もできないままに走る未来路線のことである・・・現状処理もできないということで、通貨論、増税論、インフレ論をやってもほんとのグランドデザインが創れるものなのか、そんなことはどうでも良いとするなら、単に経済言葉遊びを楽しんでいるだけ・・・そんな懸念を抱くからである・・・腐った国債など一度燃やしてしまえばいい、そんなものに増税でひいひい言うこともない・・・

・・・食糧鎖国論も出ていた、食糧だけでなく通貨も鎖国して(ドルペッグ)、いや経済関係を一度鎖国して一から洗濯し直すくらいの覚悟が、グランドデザインというものであろう・・・外が何を言おうともほっとけば良い・・・わが国得意の他人事みたいな「誠に遺憾に存じます、残念なことです」・・・さように云っておけばよい(笑)・・・但し再び世界に貢献する為に、ですと・・・(続く)。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存