ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

デリバテイブによって歪められた先物市場・・・C ( No.27 )
日時: 2017/06/21 16:23
名前: イントィッション ID:lIwn.Z.Y

日時: 2011/09/22 08:22名前: 満天下有人 ID:QvYLG6tY

・・・NY証券取引所NYSEを買収しようとして失敗したレオ・メラメドのシカゴマーカンタイルCME・・・仕掛けをされたNYSEは、世界の指標になっているNYダウ平均・・・このダウとはダウジョーンズのことで、NY証券取引所はダウジョーンズ家で運営されて来ました・・・

・・・そのダウ家を相手にNY証券取引所を買収したのが豪州富豪であるルパード・マードック・・・御存じの通り世界のメデイア王ですね・・・世界サッカー放映権もオリンピック放映権も全部握っている・・・アメリカに居を構えてからウオールストリートジャーナル紙も買収しています・・・この男にかかったら、メデイア総動員で政権を動かすことなど、その気になれば簡単です・・・その影響力が米外交評議会CFRを牛耳るD・ロックフエラーと対立する要素を内包している・・・

このマードックが支配権を握ったNY証券取引所をシカゴCMEのメラメドが買収しようとした・・・マンガで言うならゴジラとラドンの闘い(笑)です、二大巨獣同士の闘いという訳です・・・いやこれは笑いごとでなく、世界の経済指標もまた、NYダウ平均株価で動かされますから、世界に与える影響はゴールドマンサックスが与えるそれと同じレベルなのです・・・

・・・このゴールドマンサックスは、叔父のデビッドロックフエラーのシテイバンクがサブローンの影響で、危うく破綻しそうになり(NYSEでシテイバンク株価が暴落)、一方、甥のジェイが率いるゴールドマンサックスは、それまでうまくやって、NYSEで結構な利益を上げていた・・・

このD・ロックフエラーはCMEのメラメドと仲間、そのメラメドはNYSE買収に対しパードックの反撃に会った、そのパードック率いるNYSEでJ・ロックフエラーはうまくやっていた・・・DとJは同じロック家でもソリが合わない・・・Dとメラメドが連合して機を窺いNYSEを閉鎖に近い状態に追い込んでそれを手中にしたい・・・それが昨年5月6日の上下$1600に近い乱高下仕手戦となった・・・

・・・その乱高下は、D・ロックフエラーのシテイバンクがCME経由、間違えて大量の売誤発注によるものだとするNYタイムズ、こちらでは朝日が一面トップ、日経も高速CPUの誤作動が原因であると報道していた・・・どこの証券会社か忘れましたが、我が証券取引所でもソックリの事件がありました・・・同じころに似たようなウサン臭い事件が同時に起こることが偶然だとは考えにくい・・・

まあ、そんなことは投機筋や、M&Aによる限りなき占有欲を持った連中のやってることだ、勝手に戦争しておれ、そういう訳には行かないのです・・・暴落によって世論は株価対策をやれ、日銀は金融緩和しろという合唱が起こり、大損こいた金融機関には公的資金をという動きにつながり、大量のお札が後向きのことに増刷される・・・産業資本主義が成長の限界に到達して金融資本主義に到達した結果が、この有り様・・・このシステムを果たして規制資本主義で乗り切れるものなのかが、現実問題としてキーポイントになって来る・・・

・・・オバマは昨年金融改革法案を提出し、すったもんだの挙句やっと成立した・・・基本は銀行とデリバテイブ商品を扱う証券業者との分離「規制」である・・・何の事は無い、世界恐慌が起こった1933年に制定されたグラス・ステイーガル法の骨子、銀証分離法案に戻ったということだ・・・ではいつその法が廃止になったのか、法は廃止になっていなかったのに、喉元過ぎれば熱さ忘れるで、事実上境界は失せていた、正式にグラスステーガル法が廃止になったのは、1999年である・・・それから僅か数年の間に今日の惨状を招くことになったのである・・・人間の欲を法律で規制することのいかに難しいことか・・・しかも巨大化した欲は、政治をも支配するのだから・・・このオバマ法案も成立はしたものの、政治を支配する大資本によって抜け穴だらけになっているのである・・・そしてFRBはせっせとドル札をばら撒けるのである・・・金融が政治を支配できる資本主義そのものは、このような巨大欲望集団たちが、自らの失敗によって自滅してくれるか(勿論大多数の生活者も巻き添えにされて)、革命でも起こらない限り、規制修正では本源的に資本の命題を潰すことは不可能なのである・・・可能ならとっくに別の世界が出来上がっていた筈である・・・。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存