ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

米、金融規制法案成立・・・ ( No.284 )
日時: 2017/07/05 11:50
名前: イントィッション ID:qbVDq0SI

日時: 2010/07/25 11:50名前: 満天下有人 ID:ZJF2cR1A

・・・金融栄えて金融滅ぶというのが、今世紀に入ってからの経済の有り様であった・・・

フリードマンなどに代表される紙幣の回転速度が経済を活発化するという所謂マネタリズムが、金融工学を発達せしめ、異常なデリバテイブ商品を積み上げて来た、結果は自分で自分のクビを絞めてしまい、いやそれに留まらず世界経済を破滅一歩手前まで追い込んでしまった・・・

・・・金融規制法案は15日、米上院で成立し、オバマ大統領の署名をもって発効するとのことだが、議会全員の支持によって成立したものでもなく、喧々諤々の議論のうちに、規制反対論も内包したままでの成立である・・・

・・・金融史はある意味、アングロサクソン対ユダヤ金融の葛藤の歴史的産物の側面を、大いに内包しているものであるが、その影響はアジアにも波及、中国などはその利点を応用しつつも警戒感も持ち合わせ、元為替についてもアメリカの言うことを簡単には聞かない・・・

ならば、アジアにおける独自の金融システムを構築すれば良いではないかとの、短略的発想が浮かぶのだが、我が国が米国を向き、中国が独自の覇権思惑を持っている以上、そう簡単に事が運ぶとも思えない・・・例え鳩山がアジア共同体構想の推進を掲げたところで、M・グリーン論文にも見られたように、簡単に潰されてしまう・・・

・・・成立する米金融規正法はFRB議長の名をもじってボルカールールと呼ばれるそうだが、33年大恐慌時代のグラスステーガル法を骨子としとぃるが
要点は・・・

○スワップ部門の分離・・・極限の金融工学によるデリバテイブ部門を、銀行業務からはずすこと・・・今回ギリシャ財政破綻でも見られた巨額CDS取引=債券発行と同時に売買される、債権のリスクヘッジ保険証券、それを銀行はやってはいけないということ・・・

野村資本市場研究所の調査では、その合計額はやはり615兆ドル=約6京円という途方もない額であることが確認されている・・・その1割が紙切れになったとしても6千兆円である・・・世界のGDP5千兆円と比較してみれば、世界のGDPを食ってしまった構図である・・・

・・・個別にそのデリバテイブ債券発行額を見ると、自己資本比率でその30倍以上の取引額を計上していたのが、ゴールドマン、モルガンスタンレー、メリルリンチ・・・20倍以上がシテイバンク、JPモルガン、バンクオブアメリカ・・・アメリカン生保・AIGなどはこのCDS保有額は30兆円くらいであったか・・・

国際決済銀行・BIS規制では貸出債権に占める自己資本比率が8%以下であれば、国際金融市場での取引は制限されると規制されているのに、上記巨大金融資本は、このCDSリスクは低いとして分母のリスク資産から除外していたと言うわけだ・・・ややこしい比率計算でなくとも、巨額不良債権を健全資産としておれば、自己資本比率は低下しないまでも、庶民の直観でも、これじゃあ貸出など出来るはずもなく、経済の血液である金融がストップしてしまうことくらい、分かる・・・かくして世界経済の成長は0かマイナスに転じてしまった・・・

それでもこの米金融規正法では、銀行自己勘定によるデリバテイブ商品取引は規制したものの、顧客勘定は規制していない、つまり顧客が店頭で取引するのは制限していない・・・つまり自己責任でやって死ぬ分は個人の自由であるとする・・・ま、そこは個人の自由は個人の責任の下で行われるという原則がある以上、それはそれで結構、その影響は広範に及ぶから、各々方、十分に気をつけられよ(笑)・・・

・・・問題は、今後の金融事故再発防止に、ある程度歯止めはかかったものの、さてこの巨額評価損をどうやって償却するのかということだ・・・新たな成長素材が見つからず、見つかっても金融が不良債権を始末できない間は、オカネも動かない・・・

それは米国の問題であって、その規制がBIS規制によってグローバルスタンダードとされるところにも問題があるのであって、そこを見直す必要もある・・・それぞれの国にはそれぞれに見合った経済というものがある・・・

・・・我が国も何も国際金融市場で、儲けばかりに気を取られてムリな活動などする必要などない・・・竹中など論外にしても舛添などまでが、厚生労働大臣時代に、年金基金を国際市場で運用せよと吠えていた・・・ナショナルソブリン(国民資産)の運用は同時にナショナルリスクと表裏一体であることを、忘れるな・・・そして何を考えているのか、さっぱり分からない民主党政権、元気なニッポンばかり唱えていないで、早く引き下がって、新しい枠組みで真の経済立て直しを図れ・・・

・・・すぐに8月15日が来る・・・何十回忌を迎えれば良くなるのか・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存