ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re:ロスチャイルド一族:満天のオッチャンはすごい勉強家です。。。おかげで裏社会のことがよく理解できます。。。 ( No.286 )
日時: 2017/07/05 12:04
名前: イントィッション ID:qbVDq0SI

日時: 2010/07/28 08:35名前: 満天下有人 ID:DSCSsXU2

・・天橋立さん、北の国さん、お早うございます・・・

・・・やはり掲示板でこのようなことを書くと、どうしても世間にある荒唐無稽な陰謀論と同じ印象を与えてしまい、やはりムリがあるようです・・・

前後の史実は、関係者の閨閥や過去の発言録なども膨大で、それを引用することは、とてもじゃないが、掲示板では不可能で、ついはしょってしまい、今につながる流れを書ききれません・・・だが現実に裏工作の葛藤があることは事実で、例えば現在の米金融騒動のちょっとした日本紙の小さな記事でも、欧米金融史の流れを掴んでおけば、ははあ、やはりなということが良く見えて来ます・・・

・・・世間が事あるごとにロスチャイルドの名前を出しているようですが、八丈島行きの小沢に関してまで、それに絡めるのは、原文を読んでいないので、どの程度のものかその意図も分かりませんけど、私の場合はそうですね、各種合わせて1万ページに近い資料を数年かかってつなぎ合わせたものを土台に書いております・・・

資料も日本のそこら辺のジャーナリストのものではなく、欧米の史家に近いジャーナリスト及び金融専門家、英国諜報機関MI6を退官した者が書いた書物です、・・・諸氏の原典は、1901年から5年かけてNYのFunk Wagnalls社が出版した「Jewish Encyclopedia」(ユダヤ百科事典)が軸になっておりますが、勿論、10何巻もあるものを、読めるはずもなく、それを引用している欧米史家の再引用がもとになっております・・・

日本では早稲田の理工学部から技術メーカーで仕事をされていた広瀬氏の「赤い楯」、これも紹介されて知ったものですが、理工系の方らしく、千ページに亘って欧州ロスチャイルド200家族の、金融、鉱山、映画界、あらゆる分野にまたがる複雑な閨閥による支配関係を、良くもまあ調べたものだと感心するくらい、詳述されています・・・

加えて私はモルガン、ロックフエラー、ゴールドマンサックスの歴史、それもその中にいた役員や、常に接触していた記者などが書いた信頼できる書物も合わせて、符合する箇所にチエックを入れて私なりにまとめて来た次第・・・

・・・さて、ケネデイ暗殺は新政府紙幣発行の目論見だけが原因であったかはともかく、アメリカ政治史の側面は紙幣発行権を巡る金融暗闘史の側面を持っています・・・もしオバマが、FRBを根本的に変えてゴールドマン他の巨大金融規制を本気でやれば、10中8,9暗殺されるか、一期4年で交代させられると思います・・・その防波堤としてオバマは、同じイリノイ州選出で議会対策NO.1の腕を持つと言われるラーム・エマニュエルを、政権実務遂行のトップである主席補佐官に据えたわけです・・・

エマニュエルは、湾岸戦争時にイスラエル軍に従事した経歴も持つように、イスラエル、米国二重国籍を有しており、自らをユダヤロビーの一員であると公言してはばからない人物で、クリントン政権時代日本郵政民営化も含む日本構造改革の土台となる日米年次規制改革の創案者です・・・

・・・しかし今回のオバマ金融規制法案も、今後の規制のガイドラインを示しただけで、抜本的な改革の無い大金融資本の逃げ道はちゃんと用意したもので終わっています、ドル基軸通貨を維持する当然の米国益と世界リーダー権益を守ったと言えばそれまでですが、米金融史を見れば本質的にFRBを変えることなど、暗殺でも覚悟しないと出来る訳がありません・・・世界がいかにそれに振り回されようとも・・・

・・・今となってはリンカーン暗殺の本質がどこにあったかは、そのこと自体を詮索しても始まりません、同時に、ただ反米、ただ反省を求めるだけではいかに脆弱な遠吠えだけに終わることになるか、リンカーン暗殺を起点にした米世界戦略がロスチャイルドの貨幣戦略と表裏一体であったことを知らない限り、現在の米国も理解できないということになると思います・・・いや分かった所で日本に何が出来る訳もありません・・・ただ、先々起こるであろうことの予測が少しでも可能になれば、防御姿勢を取ることもできる・・・

小泉時代、民主党の誰だったか忘れましたが、郵政民営化問題でかなり核心に迫った質問を繰り広げていた議員がおりましたが、本質が明らかになった今の民主党では何の防御も取れず、逆に更に利用されることでしょう・・・

・・・以下、長くなりますがカナダがリンカーン暗殺事件の証人を基に訴訟を起こした史実など織り交ぜて、時間都合を睨みながら、ゆっくりになるけど紹介して参ります・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存