ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(2) ( No.288 )
日時: 2017/07/05 12:19
名前: イントィッション ID:qbVDq0SI

日時: 2010/07/31 10:33名前: 満天下有人 ID:.EvEiff2

・・・リンカーン暗殺は資料から見ても、奴隷解放よりロスチャイルドの通貨発行権を奪うことに原因があった節が随所に伺える・・・ユダヤ百科事典や他の資料に記されているロスチャイルド家の家訓、債券を通じ通貨で以って国家を支配せよという哲理を、植民地アメリカでも実践する、その通貨発行権は自分たちが所有せねばならない、それは、ロスチャイルド銀行団によって、第一次、第二次合衆国銀行設立によって実現された訳ですが、どちらも議会によって20年間の期限付きで承認されている・・・期限を設けたことはロスチャイルドへの反対勢力が大きく存在したことの証明であろう・・・

・・・途中、ジャクソン第七代大統領のように真っ向からロスチャイルド中央銀行を潰そうとした大統領もいたが、実際に政府紙幣(グリーンバック紙幣)を発行して対抗したのがリンカーン大統領であった・・・

話が前後するので、ロスチャイルドが今日のFRB及びそれを支配する大金融資本の根を作った経緯、更に第二次大戦後にドル基軸通貨制度による世界通貨支配の経緯を、頭の中で整理するために年号順記載方法で、過去から現在に至ってみたいと思う・・・これを頭に入れておくと、今日の米欧の金融混乱もかなり理解の度が進むと思うので・・・

1743年:
ロスチヤイルド創業者、アムシェル・マイヤー・ロスチャイルドがフランクフルトで誕生(マイヤーというドイツ名を入れている箇所に注目、ドイツの権力者のバックアップがあることを印象付ける)

21歳で古銭業、ロスチャイルド商会を設立、当時欧州一の個人金持ちであった貴族、ヘッセン家・ウイルヘルム9世の財産運用を任される・・・このウイルヘルム9世は、ドイツで傭兵を訓練し、アメリカ独立戦争に対抗する英国にこの傭兵を貸し出す・・・アムシェル・ロスチャイルドは、それよりも遠大な通貨支配権を考案・・・

1755年:
カナダからイリノイ州シカゴにかけて、そこを先に植民地化していた仏に対し英国は、その権益を奪うために戦争を開始、インデイアン毛皮取引利権が絡んでいたので、フレンチ・インデイアン戦争と呼ばれる・・・英国の勝利に終わるが、カナダに反英の根が根付くことになり、後にリンカーン暗殺に対しても、英・ロスチャイルド謀略との訴訟を起こす遠因心理となる・・・

仏植民地カナダは当時、シカゴ周辺にかけて奴隷制度を縛る「黒人法」を制定、後の大統領リンカーンは、100年後に大統領になっても、その撤廃を求めていなかった・・・

1791年:
ロスチャイルド銀行団のバックアップの下に、第一次合衆国中央銀行設立、ただし議会は、有効期限を20年間とする条件を設定・・・

1811年:
第一次合衆国銀行の設置期限が到来、しかし議会は、この間に起こった通貨による経済変動で国民が辛酸をなめたことに反発、ロスチャイルド銀行団に更新を認めず、政府紙幣を発行する中央銀行設立を唱える・・・(註:昨今我が国で出る政府紙幣発行論とは、趣旨本質が全く違うので、アメリカでの政府紙幣発行論を前例とされないように・・・)

・・・この時ロスチャイルドは、「認可更新申請が認められないなら、アメリカはこれまでにない悲惨な戦争に巻き込まれることになろう」と、アメリカを恫喝・・・

1812年:
ロスチャイルドによる恫喝が事実となり米英戦争勃発、但し英国は当時欧州でのナポレオン戦争に忙殺されており、チャンスと見たアメリカが英国に宣戦布告を行い、戦争継続余力がなかった英国にアメリカが勝って3年後の1814年に終結・・・

1814年:
ロスチャイルド創業者・アムシェル・ロスチャイルドも大往生を遂げるのだが、ロンドン、パリ、フランクフルト他に点在する5人の息子たちに創業家訓を忘れるなと遺言・・・国家に債務を作らせ、それを通貨で支配せよ、よってアメ   リカで通貨の発行権を失うな、と・・・当時世界金融の中心になっていたロンドンのシテイーには三男のネイサン・ロスチャイルドを据え、フランスには五男のジェームズを送り込み、この両者の連携でナポレオン戦争でボロ儲けして、第二期世界金融支配時代が始まる・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存