ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(3) ( No.289 )
日時: 2017/07/05 12:26
名前: イントィッション ID:qbVDq0SI

日時: 2010/07/31 14:49名前: 満天下有人 ID:.EvEiff2

1816年:
第二次合衆国銀行設立・・・ロスチャイルドによる私的中央銀行にあれほど反対していた議会が何故、同じ20年間の期限付きとは言え、それを認めたのか・・・

・・・英米戦争によるアメリカの負債は相当に膨らんでおり、かつ戦争中に貨幣コントロールの中央銀行がなく、各銀行が勝手に紙幣供給に走ったからすごいインフレをもたらし、それを制御する当面の資金及び中央銀行をロスチャイルドに頼るしかなかったこと、第二は、当時の南部諸州の農業は、ナポレオン戦争で疲弊する欧州農業の受け皿となり、生産規模が拡大したのだが、その原動力となった銀行団による貸し付けのうまみを有難がっていたこと、後に農業バブル崩壊の憂き目を見るのだが、当時ではロスチャイルドによる中央銀行の復活が再評価されるような状況があった・・・

・・・その時ロスチャイルドは何故巨大な資金力を持っていたのであろうか・・・以前書いたことの二番煎じになるけど、ナポレオン戦争によるボロ儲けで、当時の欧州における通貨の半分を所有することになる・・・その手法は下記するように、英仏双方に戦争資金を出し、どっちに転んでも損しないようにする、今で言うならヘッジシステムの原型とも言える手法を取っていたからである・・・

英仏双方にカネを出すことで戦況の実情を双方から確実に入手、三男であったロンドン、ネイサン・ロスチャイルドと五男であったフランス、ジェームス・ロスチャイルドが、すでに欧州で張り巡らしていた銀行に、今で言う郵便特別通信手法を組み合わせて、戦況を逐一細かく交換し合っていた・・・

まだ電信為替など発達していない時代だから、銀行間決済などの通信物は戦争当事国間でも、至急便などは通過を認めていたから、それを利用したのである・・・

・・・ワーテルローの戦いで英国の勝利を知ったフランスロスチャイルドは、ロンドンの兄、ネイサン・ロスチャイルドに銀行間通信物に託して知らせる・・・ロンドンロスチャイルドは何食わぬ顔で、シテイの国債市場で英国公債コンソルを一部売りに出し、一般はてっきり英国が負けたものと思い、投げ売りによって大暴落・・・それを待っていたネイサン・ロスチャイルドは大底でそれを全部かっさらってしまい、翌日、ほんとは英国の勝利であったことが公になると、大暴騰・・・

・・・ネイサンは父親から貰っていた資金2万ポンドをわずかの期間で5千万ポンドにまで膨らませてしまう・・・当時の貨幣価値はピンと来ないが、100万ポンドと言えばすごい額であったらしいから、ネイサンが手にした利益は天文学的なものであったろう・・・

・・・天橋立さんが、アルカイダがロスチャイルド本部にミサイルでも打ち込んだらどうかと提案されているが、アルカイダもタリバンもやらないでしょう・・・9:11事件然りと思える節もあるのだが、我が国の日露戦争でもロスチャイルドは、日露双方に資金を出していたし、シオニズム運動・イスラエルの地、ガザへの回帰運動においてもロスチャイルドは、サイクス・ピコ協定、フサイン・マムマホン協定を通じ、英仏とアラブ双方にカネを出していた、所謂二枚舌外交を政府に実行させていた・・・ロスチャイルドの鉄則は常に、対峙する双方にカネを出しヘッジしておくことであり、後でリンカーン暗殺の項で当時の状況を資料に基き紹介するが、南部にもちゃんと懐柔の手は打っている・・・

(ちなみにイスラエル建国に制定された国章・六芒星(ろくぼうせい)は、有名なロスチャイルドの家紋、赤い楯に埋め込まれている六角形の図案から採用されたものらしい、数字では666を意味するとか・・・オーメンか?(笑)、

・・・9:11事件と言えば、崩壊した貿易センタービルの中で常時勤務している者の国籍別調査を行い、死亡した者にユダヤ人は一人もいなかっと、10月10日の1時間に亘る特番で報道したNHKの解説委員・長谷川氏が、5日後の15日に変死されたという事件もあった・・・国防省への航空機テロ突っ込み報道でも、肝心の機体写真が出されたためしもなかった・・・まことに「地球は陰謀に満ちている」・・・か(笑)。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存