ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(5) ( No.293 )
日時: 2017/07/05 12:51
名前: イントィッション ID:qbVDq0SI

日時: 2010/08/02 21:28名前: 満天下有人 ID:I.v3gczc

・・・先週FRBベン・バーナンキ議長は、米経済の見通しについて暗い予測を表明、NYダウは戻り高値に接近していたからタイミング悪く、目先頭打ちとなって二軍市場である東京も、一日おきの上げ下げ・・・

・・・バーナンキ議長も東欧系ユダヤ人で、マクロ経済学者ではあるのだが、アメリカの場合、不思議に経済を金融の側面からしかものを見ない者が国家経済の司令塔になる・・・結果、製造業がおろそかになり、金融主導型の経済構造になっている、それは向こうの勝手といえばそれまでだが、ドルという紙幣で世界を席巻しているから、そちらの勝手だと言って看過できないものだ・・・

・・・ま、我が国のように、言いなりになって来た国は、自己責任もあるとは言えるのだが・・・

このシリーズで前回、デリバテイブCDSの発行額は約6京円=6千兆円の10倍で、野村資本市場研究所の推定では、約10%の6千兆円が不良債権化していると書いた・・・世界GDPに匹敵する額である・・・ユーロ中央銀行による先週の調査でも自己資本不足の銀行がまだまだ後を絶たないようだ・・・

・・・これでは銀行による貸し出しも途絶え、政府が財政刺激しようにもギリシャに端を発した国家破綻で、いずこも財政引き締めが合言葉になってしまい、三すくみの状態・・・

・・・要するに金融論栄えて金融が滅び、それが世界経済に蓋を被せている、いつから経済は、実物経済から離れて紙幣操作によってしか成り立たなくなってしまったのか・・・実物交換に占める紙幣の役割、それは当然にある、実物経済の活性化に紙幣供給の役割もある、しかしその基本を遥かに超えて実物経済を破壊してしまう光景は、どこから生まれたのかということにあるのではないか・・・

考えて行くと必ず突き当たる問題が、そもそも紙幣供給の目的はどこにあったのかという原初的な命題である・・・それは、経済循環に必須の紙幣発行を、支配権に置き換えた所から、経済が紙幣によって支配されるという、本来の形から乖離した構造に変化してしまったのではないのか・・・

・・・ではその支配権を持つ紙幣はどこが発行しているのか、誰が発行し、誰が支配し、それによって誰が世界経済の混乱を招いているのか・・・言わずと知れたドルである、ではそのドル支配の構造は歴史的にどう作られたのか、誰が支配しているのか・・・このように順番に考えることで、本尊のアメリカにおける金融支配構造、その歴史的原点を見ているのだが、結局、ロスチャイルドを原点とする紙幣金融支配構造にどうしても行き着いてしまう・・・

・・・紙幣管理通貨以前の金本位制度の下であっても、金を支配してしまえば通貨を支配できるわけで、紙幣支配の理と同じであり、いつかの投稿で紹介したが、ロンドンシテイの5大金取引商社が、1914年、つまりFRBが創設された年であるが、この年から金価格をロスチャイルド銀行において決定することになり、月2回の定期会合で先々の金価格を決める仕組みを作っている・・・

・・・FRBを創りドル「紙幣」を一元的に発行するに際し、金本位制時代にあっては当然のことながら、金が別の動きをすればドル紙幣の管理が出来なくなるから、予め人為的に金価格も紙幣発行量が大きく乖離しないように定めておく必要がある・・・

それでも、素材金の保有量によって制限を受ける紙幣を増刷するのは、簡単な話である、金1g1000円のところ、金1g2000円の紙幣に替えれば、紙幣発行者はタダで1000円の発行利益を得ることが出来る・・・このカラクリは我が国維新の時、旧幕藩の秩禄支払いに正貨と別に政府紙幣を発行したことにも見える・・・いずれの場合でもハイパーインフレを誘引している・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存