ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(6) ( No.294 )
日時: 2017/07/05 12:57
名前: イントィッション ID:qbVDq0SI

日時: 2010/08/02 23:05名前: 満天下有人 ID:I.v3gczc

・・・話を戻して、1914年にFRB創設のためにジョージア州・ジキル島に集まったロスチャイルド代理人の面々が、FRB株主を決め、内訳は前回紹介した通り全てロスチャイルド各銀行なのだが、全米に12の連邦準備銀行を設け、その中心をNY連銀に置く・・・FRB株主が全部私的銀行であり、かつNY連銀の株主も、当時のNYタイムスが批判的に暴露記事にした通り次項で紹介するが、30%がロスチャイルド関係の私的銀行であり、かつ金融政策はすべてNY連銀が決定する仕組みが創られた・・・

・・・歴代米財務長官が、ゴールドマンサックスとNY連銀総裁とのタスキがけ人事になっていることは、私的銀行が株主であるFRBと財務省の呉越同舟の創設時の構造を顕しているものであろう・・・近年ではクリントン政権ではルービン、ブッシュ政権ではポールソン財務長官、二人ともゴールドマンサックスのCEOであり、現在のガイトナー財務長官はNY連銀総裁から今回横すべりしている・・・FRB前議長グリーンスパンも含めて全員ドイツ、東欧系ユダヤ人である・・・

中央銀行と財務省の人事、そんなこと、日本でも同じではないか、大蔵省と日銀によるたすきがけ人事でもやっていることではないかと思われる向きは、中央銀行の株主が根本的に違う所に注意する必要がある・・・日銀株主は55%が大蔵省であり、45%は民間になっているが、どちらも議決権がない・・・

FRBはリンカーンが暗殺されたように、政府が立ち入る隙がなく、これは株主が全部私的銀行であって、そして政府財務長官もそこの出身であるから当然であり、また、私的銀行が株主であるNY連銀総裁が財務長官になるのだから、政府は1株も持ち得ない構造になっている・・・ここがFRBと日銀の根本的な違いであることを把握しておかねばならない・・・

・・・で、それの何が問題なのだと言われるなら、要するに歴史的経緯からもわかるように、米国の通貨及び軍事戦略にせよそれは、「政府」としての国際政治行為ではなく、ロスチャイルドを基点とする大金融資本によってなされているということである・・・大統領も誰にするかは、米最大勢力のADL・ユダヤ人名誉棄損防止同盟とあいまって決定される・・・

FRB政策を実際に仕切るNY連銀の発行株式数20万株の主要株主構成は次のとおりである、3行で30%保有・・・

ナショナルシテイバンク 3万株(シテイバンクはロックフエラーと、ロスチャイルドが代理人としてアメリカに派遣したジェイコブ・シフのクーンレープ商会の共同所有銀行)

フアーストナショナルバンク1.5万株(オーナーはJPモルガン)

ナショナルバンクオブコマース2.1万株(オーナーはモルガンギャランテイ)

註:モルガン財閥はもともと清教徒として新大陸に渡ってきた純粋WASPの二代目ジョージ・ピーボデイがアメリカで毛皮商を始め、小金で銀行業も兼業するのだが、当時アメリカ各州のすさまじい鉄道起業を見て、鉄道公債を欧州に売り込むためにピーボデイはロンドンにモルガン商会を設立・・・

マサセッチュ州の公債をロンドンにはめ込んだのだが、州は償還期限が到来しても財政悪化により償還できずにピーボデイは、矢面に立たされてしまう・・・この時ロンドンで救いの手を出したのが、エドワードグレンフエルという人物である・・・彼の父はロスチャイルドの策略で英イングランド銀行の総裁になり、グレンフエル一族はロスチャイルドと一身同体の関係になっていた・・・

そのグレンフエルがピーボデイを救う条件で経営に参画、1910年にモルガンはモルガン・グレンフエルに改組される・・・実質はロスチャイルドでありしたがって上記NY連銀株の保有者モルガンは実質ロスチャイルドという関係にあった・・・晩年ピーボデイが引退するとき、彼の全資産に占める自己名義のものは10数%しかなかった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存