ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

八岐大蛇(やまたのおろち)巨大金融資本・・・:NWOでしょう。。。私はそれを達すれば、ハザールマフィアは崩壊すると思っています。。。 ( No.296 )
日時: 2017/07/05 13:10
名前: イントィッション ID:qbVDq0SI

日時: 2010/08/03 20:55名前: 満天下有人 ID:fLxGSuZs

・・・天橋立さん,反戦はん、今晩は・・・

・・・<ロスチャイルドの金融支配は、ドル価値を維持するために、要は経済のパイが拡大成長すれば良いのでしょう・・・(それは)為替取引で有利な条件を作り出したいということに(も繋がる)・・・>

・・・当時のNYタイムズや、議会証言、カナダでのリンカーン暗殺疑惑訴訟、元英MI6諜報員ジョン・コーネルが後年入手したドイツ統一を成し遂げた鉄血宰相ビスマルク日記によるリンカーン暗殺の予言、近年ではガルブレイスが、遠回しに述べていた、ロスチャイルドによる通貨債権(国家にとっては公債債務及び通貨債務)を何故政府は償却出来なかったのか、それを強引に償却しようとしたリンカーン・・・

・・・そこまで一気に到達できないのですが、要は暗殺までして通貨発行権を手放さなかった、あるいは今日でもそうであると言えますが、その執念は、ドル価値維持、為替優位というものを遥かに超える何かがあると思うのです・・・

我々にはちょっと理解できない何かが・・・ドル価値維持だけが目的なら、もっと単純に考えて、言われる通り、通貨発行量に見合う経済のパイを広げれば済むことですが、そうではなく何故、デリバテイブ拡大に特化して実質経済から乖離し、下手すると自らに跳ね返って来る影響も顧みずに、デリバテイブ見合いのドル増刷に励んで来たのか・・・そしてさようなことが何故可能であったのか・・・

・・・貨幣基準があって無いような紙幣通貨、されど経済の尺度である通貨・・・
尺度であるのにそれが目まぐるしく変化する、変化するように誰かが仕組んだ、自由の名の下に・・・建築士の尺度が日々変動して、それによって完成された建物には、おっかなくて住めませんね(笑)・・・

・・・通貨における尺度は金で決められていたのに、それも取り外してしまった、残るは大衆の付加価値創造行為だけです・・・それすらも債務という名の通貨によって収奪していく・・・ドルの担保は今やアメリカ国民だけが担保しているのでなく、世界中の大衆が対象になってしまいました・・・そこまでして何が目的なのか・・・

よく千年王国の実現が永遠の理想なることが言われますが、それは現代に生きるユダヤ民族とて、すでにそんなことより現実の生活の方が大事だと思っているはずだし、俄かに信じがたいことであるにせよ、金融支配層が200年に亘る裏での支配欲を、何かをツールにしていまだに遂行しないと落ち着かないのでしょう・・・一国の通貨なるものは、その国の付加価値創造行為の範囲で発行されるべきもので、その点で通貨主権なるものは侵されるべきものでないのに、国家が口出しも出来ないドル通貨発行が、最大の問題であると思います・・・


<(リンカーン当時のそのようなことは)現代には当てはまらないのではないでしょうか>・・・

・・・いや、当てはまるが故に、こんな状況になっても何も是正出来ないのだと、私は思っております・・・ドルが政府国家主権の手から離れている、つまり政府の政策になっていない・・・そんなものによって通貨主権が侵されている所に問題があるのであって、それが是正されない限り、八岐大蛇は八方でまた暴れることでしょう、オバマがそれでも80兆円の政府緊急融資を反対を押し切ってやったのは、評価されると思います・・・またドル発行権者に負債が増えたとしても・・・FRBと日銀では質構造が基本的に全く違うのです・・・

・・・さて諸国はどう対処すれば良いのか・・・中国の経済学者など、アメリカの主要大学を出て、金融機関で実践を積んでいるものですが、アメリカ金融資本の実態を歴史的にもよく把握した上で、金融防衛策を考えている、アメリカゴマすり的な見解でないところが我が国学者と大いに違う・・・元を変動管理制から簡単にはずしませんね・・・

・・・数年前に中国の金買いが目立ったものですが、通貨尺度として金本位制復活を唱える傾向もあります・・・第二は、通貨は確かに商品ですが、国民資産に担保された商品であるからには、外資による金融商品への投資、つまり外資銀行の設立を今後規制すべしという見解が強いようです・・・

・・・私も部分鎖国論で、通貨鎖国をやったらどうかと言うようなことを以前、申しました・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存