ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(7) ( No.301 )
日時: 2017/07/06 15:45
名前: イントィッション ID:nQhJ0OP.

日時: 2010/08/06 07:56名前: 満天下有人 ID:jaXRUu/Y

・・・ドル硬貨、紙幣にはそれぞれ大統領の肖像が描かれており、それが歴代順なのか額面順なのか知らないけど、ひがみっぽく見ると、例えば硬貨の場合、1セント硬貨はリンカーンで、5セント硬貨はトマス・ジェフアーソン大統領の肖像が刻印されている・・・

・・・ジェフアーソン大統領は有名な独立宣言時の大統領であり、且つ、ロスチャイルドを封じ込めようとした大統領でもある・・・リンカーンはそれより60年後の大統領である・・・ロスチャイルド資本の中央銀行と大統領との闘いからすると、このヤロウと思う大統領を額面が低い硬貨に肖像として入れたのであろうか?(笑)、しかも暗殺に及んだリンカーン大統領は、一番低額のコインの肖像にされている・・・

ちなみに紙幣で最も額面が大きい10万ドルには、第28代大統領ウイルソンの肖像が描かれている・・・このウイルソンは、1913年、第二合衆国銀行の期限が切れた後に衣替えして発足させたFRB創立時に、ロスチャイルド資本が全面的にバックアップしてかろうじて大統領になった人物である・・・

・・・この経緯は更に後年のことであるから先送りするとして、ロスチャイルドによる通貨を介しての新大陸支配に、真っ向から異を唱えたのは、第三代大統領ジェフアーソンであった・・・

独立戦争で借金に首が回らなかった初代ワシントン大統領は、判断ミスでロスチャイルド工作員であったハミルトンを初代財務長官にして、第一合衆国銀行設立を認めてしまった・・・そして有効期限20年間の期限が到来したとき、それを更新しないなら新大陸を元の植民地に戻し、ペンペン草を生やしてやるとロンドン、ネイサン・ロスチャイルドが恫喝、実際に米英戦争が勃発したことは先に紹介した・・・

・・・米英戦争はアメリカの勝利に終わるのだが、この間、米政府の戦費借金は4500万ドルから1兆2700万ドルに膨れ上がり、その時大統領になったマデイソンは、ロスチャイルドに対し、初代ワシントン大統領が第一合衆国銀行設立を容認した時と同じく借金で首が回らないために、第二合衆国銀行設立を認めてしまう・・・

・・・ちなみにこのマデイソン大統領は高額5000ドル紙幣の肖像に納まっている(笑)・・・

この第二合衆国銀行も20年間だけ有効とする条件がはめられており、その期限が到来する前にロスチャイルド中央銀行を潰そうとしたアンドリュー・ジャクソンが、全米、特に中西部の反ロスチャイルド世論をバックに1828年、第七代大統領に就任、第二合衆国に政府借金見合いで預金されていたお金を、非ロスチャイルド系銀行に移し替えてしまった・・・この時のジャクソン大統領の言葉は激しいものであった・・・

「お前らはマムシのような輩である、君らを根っこから引き抜くつもりだ、“キリストの名の下”に、必ず君たちを徹底的に根こそぎ引き抜いてやる、もし国民が貨幣と銀行の仕組みの不公平さを知ったら、夜明けを待たずとも革命が起きるであろう」・・・まことにWASPとアシュケナージユダヤとの葛藤そのおのである・・・

・・・“キリストの名の下に”・・・前回、悪魔はカネで十字架も溶かしてしまうと申した証明をしておかねばならない・・・1821年、ロスチヤイルド家四男カールロスチャイルドはイタリアナポリに派遣され、ヴァチカンを金融で既に抑え込んでしまっていた・・・教皇グレゴリウス16世は通常謁見者に足先にキスをさせるのだが、カールロスチャイルドだけには、手にキスすることを許していたと言われている・・・シエイクスピアの名著「ヴェニスの商人」は、この頃の金融で支配されたイタリアの情景を描いたものであろう・・・

・・・一般が教科書から学んだリンカーン暗殺は、南部奴隷解放が原因と教えられているのだが、実は暗殺を狙われたのはリンカーンが初めてではない・・・このジャクソン大統領も実際に発砲されて一命を取り留めているのである・・・その時の裏状況はリンカーン暗殺のときと全く同じなのである・・・長くなるので次回詳述します・・・

・・・ちなみにこのジャクソン大統領は、20ドル紙幣に肖像されている(笑)・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存